Waseda Law School早稲田大学 大学院法務研究科

News

ニュース

明治学院大学法学部との法曹養成連携協定を締結しました。

本研究科と明治学院大学法学部は、「法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律」第6条の規定に基づく法曹養成連携協定を11月12日に締結しました。

本協定は、本研究科と明治学院大学法学部(法律学科法曹コース)が連携して、本研究科における法科大学院既修者コースの教育課程と一貫的に接続する体系的な教育課程を明治学院大学法学部において編成し、明治学院大学法学部における法曹等を志望する学生に対して、学部段階からより効果的な教育を行うことを目的とするものです。

 

明治学院大学法学部法曹コース修了予定者は、3年次早期卒業を前提に、指定科目を履修して一定の成績を収めることにより、学部成績を重視した特別選抜枠で本研究科既修者コースの入学選抜を受験できるようになります。これにより、法学部から法科大学院までの5年一貫法曹養成教育(3+2)が実現し、教育内容のさらなる充実と法曹資格取得までの時間的・経済的負担の軽減が見込まれます。

 

今後、文部科学省に法曹養成連携協定に関する認定申請を行い、認定を受けることにより、5年一貫法曹養成教育(3+2)が正式にスタートすることになります。

 

なお、本研究科は、本学法学部および他大学法学部等との法曹養成連携協定の締結に向けて準備を進めているところです。

 

ご参考 明治学院大学法学部ホームページ

早稲田大学との法曹コース設置に関する教育連携協定の締結

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/gwls/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる