Graduate School of Law早稲田大学 大学院法学研究科

LL.M. in Intellectual Property Law

1年制修士課程 先端法学専攻 知的財産法LL.M.

Features

本コースの特徴

実務を裏付ける知識を習得

これまでの教育研究の実績を生かし、盤石な法律知識を体系的に学べるプログラムを提供します。

経験豊かな講師陣が充実

教員のほか弁護士、弁理士、元裁判官などを講師に迎え、実務と理論をバランス良く学びます。

法科大学院の講義も履修可能

本学のロースクールと共同開講する講義もあり、さらなる知の深化を体感することができます。

英語による授業科目も提供

グローバルなキャリアを想定し、英語による知的財産法やビジネス法の科目も開講します。 仕事と学業の両立が可能 授業は平日夜間と土曜日が中心。キャリアを中断することなく、学業との両立が可能です。

1年間の高水準プログラム

高水準のカリキュラムで集中的に学び、1年間で修士学位<修士(先端法学)>を取得できます。

llm_feature_program

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/glaw/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる