Graduate School of Japanese Applied Linguistics早稲田大学 大学院日本語教育研究科

その他

博士後期課程完成記念シンポジウム

日本語教育学とは何か?――日本語教育の自律性と専門性の確立をめざして

  • 日時:2006年5月13日(土)14:00-17:00
  • 会場:早稲田大学国際会議場 井深大記念ホール(総合学術情報センター18号館内)[アクセス
  • 総合司会:宮崎里司、小宮千鶴子
  • 参加費:無料

プログラム

開会挨拶
第1部:博士号取得者による研究発表 「待遇コミュニケーション」における「敬語表現化」の考察 ―― 待遇表現教育の観点から/金 東奎
行動を促す会話における待遇表現行為の研究 ―― 相互行為的会話教育の基礎理論/高木 美嘉
日本語教育における中上級漢字語彙教育の研究/徳弘 康代
第2部:記念シンポジウム「日本語教育学とは何か」 基調提案「日本語教育の専門性・自律性をめざして」/細川 英雄
「言語=コミュニケーションの視点から」/蒲谷 宏
「ことば・子ども・発達の視点から」/川上 郁雄
「音声教育の視点から」/戸田 貴子
第3部:ディスカッション 司会進行:宮崎里司、小宮千鶴子
パネラー:細川 英雄、蒲谷 宏、川上 郁雄、戸田 貴子、鈴木 義昭、池上 摩希子
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsjal/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる