Graduate School of Japanese Applied Linguistics早稲田大学 大学院日本語教育研究科

About the School

日研について

Research Projects

研究プロジェクト

地域や行政と連携した、日本語教育に関する様々な学術研究活動を紹介します。

産学官連携プロジェクト東京都墨田区との包括協定

「墨田区・早稲田産学官連携プロジェクト」は、墨田区と早稲田大学が、文化の育成・発展や産業振興、人材育成、まちづくり、学術等、幅広い分野での相互連携を図るプロジェクトです。

大学発教育支援コンソーシアムの活動指導者研修のためのDVDキット「JSLの子どもたちのことばの学びをどうつくるのか」

coref鈴鹿市と目黒区の実践を紹介します!

  1. JSLの子どものことばの教育を創造する-「鈴鹿モデル」の挑戦
  2. 子どもの学びをどうつないでいくか-鈴鹿市牧田小学校の実践
  3. 目黒区の年少者「日本語教育コーディネーター」-「目黒モデル」の実践

上記3本のDVDのレンタルをご希望の方は、日研事務所(gsjal@list.waseda.jp)までお問い合わせください。

研究会

(順不同)お問い合わせは、それぞれリンク先の研究室まで。

早稲田大学における学術活動状況

その他、専任教員等の教育・研究活動については、以下のデータベースで検索できます。

シンポジウム

日本語教育学の新展開――多様化の中で専門性を問う

  • 日時:2011年5月14日(土)10:30~17:30
  • 会場:早稲田大学 大隈記念講堂小講堂 [アクセス
  • 主催:早稲田大学大学院日本語教育研究科
  • 対象者:学生・教職員・一般 ※参加無料

ごあいさつ

早稲田大学大学院日本語教育研究科 研究科長
早稲田大学日本語教育研究センター 所長
細川 英雄

hosokawa早稲田大学大学院日本語教育研究科(GSJAL)は、2001年4月の修士課程開設以来、大学全体の日本語教育を一元的に組織・運営する日本語教育研究センターと連携しつつ、理論と実践の両面にわたる人材の育成をめざしています。いまや当研究科の10年間の修士修了生は454名に達し、2003年4月に開設した博士後期課程においても学位取得者が30名となりました。また、広く海外で活躍する修了生は100名を超えています。

早稲田の日本語教育が世界の日本語教育の拠点として大きく展開するためには、修了生のネットワークを形成し、新しい理念と実践を結びつける実践研究を世界的規模で展開していかなければなりません。

今回のシンポジウムでは、21世紀に入って、大きく揺れ動く日本語教育の状況を踏まえ、「日本語教育学の新展開」というテーマを立てました。これからの日本語教育ネットワーク形成への第一歩として、早稲田からのメッセージをお送りしたいと思います。皆さんのご参加をお待ちしています。

プログラム

総合司会 川上郁雄

10:30~12:30 日研生が語る
「私にとって日本語教育学とは何か」
進行

  • 高木美嘉

発題者

  • 尹智鉉(1期生)
  • 鈴木由美子(1期生)
  • 大塚武司(6期生)
  • 伊藤剛志(18期生)
  • 高橋麻衣耶(18期生)
  • 山本晋也(19期生)
12:30~14:00 休憩
14:10~17:30 設立10周年記念シンポジウム
「日本語教育学の新展開――多様化の中で専門性を問う」
挨拶

  • 細川英雄

司会

  • 佐久間まゆみ

話題提供

  • 社会から考える 宮崎里司
  • 言語から考える 小林ミナ
  • 学習から考える 舘岡洋子

ディスカッサント

  • 春原憲一郎(海外技術者研修協会理事、兼AOTS日本語教育センター長)
  • 蒲谷宏
16:00~16:30 休憩
16:30~17:30 全体ディスカッション モデレーター

  • 池上摩希子

総括

  • 佐久間まゆみ

会場案内

早稲田大学 大隈記念講堂小講堂[アクセス

JR山手線(高田馬場駅から徒歩20分)、西武線(高田馬場駅から徒歩20分)、東西線(早稲田駅から徒歩5分)、都バス(高田馬場―早大正門 5~10分)、都電(早稲田駅から徒歩5分)
※駐車場はございませんので、車でのご来場はご遠慮願います。

日本語教育学とは何か?――日本語教育の自律性と専門性の確立をめざして

  • 日時:2006年5月13日(土)14:00-17:00
  • 会場:早稲田大学国際会議場 井深大記念ホール(総合学術情報センター18号館内)[アクセス
  • 総合司会:宮崎里司、小宮千鶴子
  • 参加費:無料

プログラム

開会挨拶
第1部:博士号取得者による研究発表 「待遇コミュニケーション」における「敬語表現化」の考察 ―― 待遇表現教育の観点から/金 東奎
行動を促す会話における待遇表現行為の研究 ―― 相互行為的会話教育の基礎理論/高木 美嘉
日本語教育における中上級漢字語彙教育の研究/徳弘 康代
第2部:記念シンポジウム「日本語教育学とは何か」 基調提案「日本語教育の専門性・自律性をめざして」/細川 英雄
「言語=コミュニケーションの視点から」/蒲谷 宏
「ことば・子ども・発達の視点から」/川上 郁雄
「音声教育の視点から」/戸田 貴子
第3部:ディスカッション 司会進行:宮崎里司、小宮千鶴子
パネラー:細川 英雄、蒲谷 宏、川上 郁雄、戸田 貴子、鈴木 義昭、池上 摩希子
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsjal/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる