Graduate School of Japanese Applied Linguistics早稲田大学 大学院日本語教育研究科

About the School

日研について

History

沿革
1988年 前身となる「日本語研究教育センター(現、日本語教育研究センター:CJL)」、設置。
2001年 日本語教育研究科、設立(日本語教育学専攻修士課程)――日本で初めての大学院日本語教育研究科。
2003年4月 博士後期課程、開設。
2003年5月 博士課程開設記念シンポジウム「これからの日本語教育へ」、開催。
2005年3月 第1回早稲田大学日本語教育学会大会、開催。
2006年5月 博士課程開設(第1期修了)記念シンポジウム「日本語教育学とは何か?――日本語教育の自律性と専門性の確立をめざして」、開催。
2011年5月 日本語教育研究科設立10周年記念シンポジウム「日本語教育学の新展開――多様化の中で専門性を問う」、開催。
2015年9月 日本語教育研究科設立15年記念シンポジウム「グローバル人材育成と早稲田の日本語教育」、開催。
2016年4月~11月 日研設立15周年記念「講演会シリーズ」、開催。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsjal/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる