Graduate School of International Culture and Communication Studies早稲田大学 国際コミュニケーション研究科

For Applicants

受験生の方へ

Voices

在学生/修了生からのメッセージ

std03

叶 樹欣

  • 叶 樹欣 Shu Xin YE (China)
  • 2013年9月入学
  • Study Plan:文化コミュニケーション Culture & Communication

地元・上海の復旦大学を卒業する前に家族には就職を薦められましたが、留学をしたかったので、また修了後の日本での就職の事も視野に入れて、留学する事に決めました。学部での専攻は日本語だったので、また経済的に欧米に行くより負担が少ないので、日本を留学先と決めました。学部の時にジャーナリズムの授業を履修した事があり、とてもおもしろかったのでメディアについて勉強を深めたいと思いました。メディアを扱っている大学院をインターネットで調べたところ、GSICCSを見つけ、また伊藤守先生の本を以前に読んだ事があり、GSICCSに出願を決めました。今は入学してまだ一学期目という事もあり、研究計画を固める為に専門書を読んだり、ゼミの仲間と討論をし、時には仲間から厳しい意見をもらったりしますが、刺激を受けています。GSICCSでの修士号を修了後、博士後期課程への進学も視野にいれていましたが、今の段階ではまず就職を最初にし、自立したいと思っています。就職は日本でしたいと考えています。マスコミに憧れがありますが、就職活動のプロセスも大切だと考えますので、その他の業界でも幅広く探すことも考えています。

Kanjanatorn

カンジャナトーン カンジャナスーン

  • カンジャナトーン カンジャナスーン Kanjanatorn KANJANASOON (Thailand)
  • 2013年9月入学
  • Study Plan:社会コミュニケーション Society & Communication

GSICCSを知ったきっかけは、私の出身校である、タイ・チュラロンコーン大学の学部時代の先生がGSICCSの麻生先生の事を知っていて、GSICCSへの出願を薦めてくれたのがきっかけでした。私は学部ではLanguage and Culture(言語と文化)を専攻としていましたが、同時に国際関係にも興味を持っていました。GSICCSについて調べた時に、GSICCSでは、今まで勉強してきたCultural Studies(カルチュラル・スタディーズ)とこれから勉強したい国際関係について、両方の分野を勉強できる事を見つけました。今GSICCSでは、片岡貞治教授のPublic Diplomacy(パブリック・ディプロマシー)のゼミを履修しています。ここで日本とタイの間のソフトパワーや国家ブランドを利用し、二か国間の関係を強化する外交関係について研究を行う予定です。GSICCSで修士号を取得した後は、自国タイで外交官になる事を目指していましたが、日本に住み始めてしばらくして、今では日本での就職も視野に入れています。日本語・英語両方使える国際的な環境で国際機関やNGOに就職したいと考えています。

std05

畔上 絵里香

  • 畔上 絵里香 Erika Azegami (Japan)
  • 2013年4月入学
  • Study Plan:言語コミュニケーション Language & Communication

GSICCSに入学した一番の理由は、社会言語学を専攻にしている研究室があったことです。GSICCSに付属している学部、SILS(早稲田大学国際教養学部)で学部生のころに履修した社会言語学の授業についてさらに勉強したいと思ったのがきっかけでした。また、日本にいながら様々なバックグラウンドを持つ学生と様々なテーマについて議論できる機会があるのも一つの魅力だと感じました。最近の若者は内向きと言われ、留学をする学生が減少していると言われています。留学を促進するために英語教育を改善できないかと考えています。そこで現在は、English as a Lingua Franca(ELF)という概念が日本の英語教育に適用できるかどうかを中心に研究しています。卒業後は研究で得た知識を役立てて、日本の英語教育の改善に貢献したいと考えています。また、GSICCSで様々な国籍の人と出会った経験を活かしてグローバル人材として活躍できればと思っています。

rinta

ジェレミー・トモヒコ・リンタ

  • ジェレミー・トモヒコ・リンタ Jeremie Tomohiko RINTA (USA)
  • 2013年9月入学
  • Study Plan:文化コミュニケーション Culture & Communication

GSICCSに入学を決めたのは学部生の時にSILS(早稲田大学国際教養学部)に一年間交換留学生として来たのがきっかけです。早稲田大学の先生方、コミュニティ、活動はすべて自分がどのくらいそれらに入り込むか次第で可能性が広がるもので、多様性のある環境の中で、自分の興味を追及することができる柔軟性をとても楽しみました。自分の専門分野の勉強がようやく始まり、麻生享志教授の元で行う、Cultural Studies(カルチュラル・スタディーズ)の分野の研究に非常に興味を持っています。今学期のセミナーでは、バルト、デリダ、フロイトなどの批評理論家の書物の分析をしてきましたが、国際ビジネスやNGOに関わっているゲストスピーカーを通じてこれらに関連する応用する知識を補いました。この修士プログラムの後は、国際な異文化コミュニケーションの専門家になるために、同様の博士後期課程に進学したいと思っています。GSICCSでの経験が豊富な知識、国際分野での衝突やつながりを容易にするための必要な知識が身に付くことを願っています。

std04

林 育任

  • 林 育任 LIN, Yu Jen (Taiwan)
  • 2014年4月入学
  • Study Plan:言語コミュニケーション Language & Communication

私は、国際コミュニケーション研究科(GSICCS)のビジョンや目指す“新時代にあった画期的な大学院プログラム”と、社会問題解決への取り組みまたは真の国際的なコミュニティーの実現に貢献できることに感銘を受け、入学しました。

早稲田大学のユニークな総合力、独自かつ斬新なカリキュラムや教育および学生サポートシステムにより、幅広い学習的、文化、言語および価値観などの交流や成長を可能にしています。これらはすべて、自発的にグローバル社会へ貢献できるための人財の排出および能力づくりや開発を目的としています。

私は、日本の多国籍企業において英語の役割や影響を研究しています。短期間で組織的なコミュニケーションシステムの開拓と通信産業において論理的科学に基づく顧客サービスのシステム化やデータリサーチを中心に研究しました。特に興味を持ったのは、この研究成果を統合させ、今後の通信分野で役立たせることです。この2つは、自分の能力を発揮し、将来の進路の実現に向け、大きな要素であると思います。私は修士課程卒業後、言語政策研究者として確固たるキャリアを築き、英語を母国語としている人とそうでない人のつなぎ役として働きたいです。GSICCSは、私が夢を実現できるための実践的な機会と環境を提供してくれると信じています。

std02

シンプリエーム ポラニー

  • シンプリエーム ポラニー SINGPLIAM, Porranee(Thailand)
  • 2013年9月入学
  • Study Plan:文化コミュニケーション Culture & Communication

チュラロンコン大学を卒業後国際コミュニケーション研究科に入学した理由は、学部時代に勉強していた言語と文化に関連が深い言語とコミュニケーションを研究できるためです。特に早稲田大学(国際コミュニケーション研究科)を選んだ一番の理由は、学部時代に国際教養学部へ1年間交換留学生として留学しており、留学終了後、恵まれた学習環境や優秀な教員が在籍する早稲田大学での大学院進学を強く希望していたからです。文化理論(カルチュラルセオリー)について、さらに研究を深めることに関心があり、国際コミュニケーション研究科の麻生教授の指導のもと、おもに人種、アイデンティティ、ジェンダー、心理分析、ポストコロニアルスタディなどの問題に関しての知識をさらに深めています。研究室で学ぶことは、「マダムバタフライ的ステレオタイプの脱神話化」というテーマです。修士課程修了後は、博士後期課程へ進学し、修士課程での研究内容を深めたいと考えています。将来的には、母国での特に女性たちの社会文化的生活水準を豊かにするために大学院で学んだ知識や研究を活用したいと考えています。また、いつか大学院で身につけた経験や教育を活かし、大学で教鞭をとるなど学術的な領域での仕事に就くことができればと考えています。

std01

索 娜

  • 索 娜 SUO, Na(China)
  • 2013年4月入学 2015年3月修了
  • Study Plan:社会コミュニケーション Society & Communication

国際コミュニケーション研究科(GSICCS)は国際的な人材の育成に非常に力を入れています。それは私にとって非常に魅力的であり、GSICCSに入学した理由の1つです。加えて、私は樋口教授の研究分野である「society study plan」に強い関心を持ち、GSICCSにおいて研究することを選択しました。2年間の大学院生活で、多様なコースでの国際的な才能を伸ばすことにフォーカスした国際コミュニケーション研究科の理念を理解することができました。世界50ヶ国以上の学生達と交流し、文化の多様性を感じながら、教師と学生の意見の交流により、将来、より学識を深め、よりキャリアを見つめることのできる意義のある広い見識を得ることができます。

2年間行ってきたゼミでは、毎週、プレゼンテーションを行い、担当教授の樋口教授から指導いただき、他の学生とディスカッションをしました。ゼミでの活動は、研究を行う上で非常に役に立ちました。私の研究テーマである、中国における高級商品の消費者行動では、経済学と社会学の視点から中国の消費者の高級商品購買行動の動機を分析しました。

樋口教授の協力やアドバイスのおかげで、私は昨年就職活動により日本IBMの内定をいただきました。

IBMは「テクノロジーとイノベーションにより社会に貢献し、人類の生活を向上させる」ことを掲げており、それが最も私に魅力的でした。私のキャリアの目標は、将来の基礎を築くためにできるだけ多くスキルを身につけることです。

material

劉 欣欣

  • 劉 欣欣 LIU, Xin Xin(China)
  • 2013年4月入学 2015年3月修了
  • Study Plan:言語コミュニケーション Language & Communication

学部時代の専攻は日本語で、大学3年生の時に日本に交換留学をしました。大学卒業後、英語力を強化したいため、カナダに留学しようと考えていましたが、同時期に英語で国際コミュニケーション学について多様な視点から学ぶことのできる国際コミュニケーション研究科を知りました。言語の習得の領域に非常に興味があるため、近藤教授の研究室に入りました。

近藤教授の研究指導では、音声学、特に第二言語習得について学んでいます。他研究科学生との合同勉強会や発表会が多くあり、研究に非常に役立っています。中国人学習者の日本語アクセントの習得を修士論文のテーマにしました。データの収集と分析はとても大変でしたが、教授や同級生の協力で修士論文を完成させることができました。

GSSICSでは、英語力や専門知識はもちろん、自分で考える力や問題解決能力も身につけるができました。卒業後日本で働きたいと考えていたため、修士一年生の時に就職活動を始め、何社からか内定をもらうことができました。その中で銀行が最も自分を成長させてくれる場所と考え、4月から三井住友信託銀行に入社することを決めました。国際コミュニケーション研究科での学んだ経験は将来きっと役立つと考えます。

std03 (1)

ユウー アンナ マリア

  • ユウー アンナ マリア JUUL, Anna Maria (Denmark)
  • 2014年9月入学
  • Study Plan:文化コミュニケーション Culture & Communication

私は日本語能力を同時に向上できる点に魅力を感じ、日本での修士学位取得を希望していました。当時、多くの大学を調べていましたが、早稲田大学が自分の勉強する場所だと感じました。幸運なことにGSICCSができたばかりの時期でした。出願するまでには、何度も出願書類を書き直し、GSICCSへ合格しました。GSICCSでの経験はとても受け入れやすく、親しみ深いものです。教授陣はフレンドリーで助けになってくれ、事務所の方々は奨学金などの就学サポートや日本に馴染めるように生活面でのサポートもしてくれます。私の同期は世界中の国々から来ていますが、このことがお互いに関係を築くことを難しくしているのではなく、逆に絆を深め、お互いの意見や生活スタイルについて学びあっています。これが本当のコミュニケーションだと思います。GSICCSには、多様な人種、宗教といったバックグラウンドを持つ全大陸からの学生が在籍しています。授業では、コミュニケーションに関係する限りは、どんなことでも研究することができます。私たちは、それぞれ異なるテーマについて研究しており、そのためゼミでは、自分だけでは考えることのできなかったテーマについてのとらえ方や考え方に気づかせてくれます。GSICCSは、真の学びの場であると思います。なぜなら、GSICCSは今でも進化を続けているからです。私は、そのGSICCSの一員であることをうれしく思います。もうすぐ修士課程を修了し、GSICCSを去らなければいけないのがとても寂しいです。

std04 (1)

宿 世明

  • 宿 世明 HSU, Doreen (America/Taiwan)
  • 2014年9月入学
  • Study Plan:文化コミュニケーション Culture & Communication

カリフォルニアの大学を卒業してから、台湾の大手ホテルグループのマーケティングとして働き始めましたが、海外でのさらなる経験を求めてGSICCSへの留学を決めました。GSICCSを留学先として選んだ理由はシンプルです。私の学問的関心があるジェンダーやカルチャースタディーを研究することができ、これまでに住んだことのない国で生活してみたく、また東京のファッション、メイクアップトレンドやアニメシーンにもとても興味があったからです。

台湾で働いている際に女性の就職意識や”OL”(日本やほかのアジア諸国の女性会社員)について研究することに興味を持ち、ジェンダースタディーや沖縄の歴史を専門とする勝方教授のもとで研究したいと思うようになりました。勝方教授は、非常に博識で優しく、教授の指導のもと、研究を進めることができ、うれしく思います。

早稲田大学が日本の大学の中でもここまで国際化が進んでいる大学であることは知りませんでした。 GSICCSの多様な研究分野、演習や講演会などの特別なイベントのおかげで世界中の教授、産業界のリーダーや魅力的な人たちとの関係を築くことができました。特に指導教授と少人数のクラスメートと学ぶ演習のクラスは非常に充実しています。先輩は、とても優しく、またすばらしい研究者でもあります。一方で、後輩たちのサポートをすることにもやりがいを感じています。多様な環境の中、研究や交流することのできるGSICCSでの環境をとても気に入っています。

現在、日本人女性の就職意識について修士論文を執筆しています。修士課程修了後は、博士後期課程に進学し、カルチャースタディーの教授になりたいと考えています。勝方先生の教える学部のジェンダースタディーの授業にティーチングアシスタントとして授業をサポートしたり、グローバルエデュケーションセンターのプログラムアシスタントの活動を行っています。また、学外では東京の流行の最先端のエリアにあるメイクアップストアで働き、休日にはアニメをみたり、書道を練習しています。

std05 (1)

石倉 愛莉

  • 石倉 愛莉 ISHIKURA, Airi (Japan)
  • 2015年4月入学
  • Study Plan:言語コミュニケーション Language & Communication

私がGSICCSに入学した主な理由は、この学校で通訳研究を行うことを、日英の通訳者になるという目標を達成するための第一歩であると考えたためです。プロの通訳者として長年働いている佐藤教授の下で研究を行い、通訳に必要な技術や知識を身に付けることは自分の夢を叶えるために非常に重要であると考えています。

佐藤先生のゼミでは、リスニングコンプリヘンション、メモの取り方、情報処理、パラフレージングなどといった逐次通訳や同時通訳に必要不可欠な要素を調査し、分析します。加えて、毎回の授業において、実際のスピーチを用いて通訳訓練を行い、通訳技術力を向上させていきます。日英と英日の双方向に通訳する力をつけるために、両言語のスピーチを授業で使用します。

修士課程を終えた後は、様々な国や人々の架け橋となるような通訳者になり、社会におけるコミュニケーションや意思疎通が円滑になるよう努めていきたいと私は考えています。具体的には、国際会議やビジネスなどの分野で通訳者として働き、様々な国の人々が一緒となり、交流を深めていくことができるよう励みたいと思います。

std06

ジュウォノ アンジェラ バレンティナ

  • ジュウォノ アンジェラ バレンティナ JUWONO, Angela Valentina (Indonesia)
  • 2015年4月入学
  • Study Plan:社会コミュニケーション Society & Communication

インドネシアのバンドンにあるParahyangan大学で会計の学士号を取得し、卒業した後、私はジャカルタで有名な病院の事業開発部門でインターンシップをしました。その後、日本語と日本文化について学ぶために来日し、2年間アジア文化会館(ABK)という日本語学校で勉強しました。日本語学校在学中の2014 年7月、早稲田大学の大学院合同説明会に参加しました。国際コミュニケーションについて研究できる研究科を探していたため、国際コミュニケーションについて研究することができるGSICCSに興味を持ちました。私が国際コミュニケーションを研究分野として選んだ理由は、国際社会の中では技術的スキルだけではなく、コミュニケーションのスキルも重要だと考えるからです。国際コミュニケーション研究科に入学することで、自身のコミュニケーションスキルだけでなくパブリックリレーション(PR)のスキルも高めていきたいです。

私の研究テーマは「医療業界におけるソーシャルメディアの影響」です。ソーシャルメディアを活用することで、どのように医療業界やそのビジネスが発展、利益を最大化し、サービスを向上させることができるかについて研究を進めていきたいです。事業開発部門でインターンシップをしたことがきっかけでこのテーマについて興味をもちました。

樋口教授の指導のおかげで、プレゼンテーションスキルが向上しており、講義や自学習、クラスメートの助けやフィードバックによって、自身の知識も深まりました。専門分野の知識を深めるために主に樋口教授の「Communication design」や「Economy and Communication」といった科目を履修しています。また、論文執筆のための科目を履修することで、修士論文執筆方法についても学んでいます。

GSICCS修了後は、日本での労働倫理を学ぶために、日本で働き、将来的にはインドネシアに帰国し、医療業界の事業開発者として働きたいと考えています。日本の良いところを母国に持ち帰り、活用していきたいです。GSICCSで学んだことや経験が将来的に成功した事業開発者になることを可能にしてくれると信じています。

std01 (1)

小西 隆之

  • 小西 隆之 KONISHI, Takayuki (Japan)
  • 2015年4月入学
  • Study Plan:言語コミュニケーション Language & Communication

当研究科の最大の魅力は、言語学を専門とする教員による充実したカリキュラムが設けられていることです。これまで日本では、言語学は伝統的に文学部、とりわけ英語学科などの外国語学科において研究されてきましたが、本研究科のようにコミュニケーションの観点から体系的に言語学が学べる研究科は貴重な存在です。統語論、音声学、心理言語学、社会言語学、第二言語習得などの分野で最先端の研究を行っている教授陣の講義やゼミを履修することができ、言語学を学ぶにはこの上ない環境です。

私は現在博士後期課程に在籍していますが、修士課程の2年間で感じたことは、自身の研究分野以外に関連分野を学ぶことにより、学術的な研究を行う上での素地ができるということです。博士後期課程では日本語母語話者のL2英語の音韻習得に関する研究を行っています。修士課程で広く言語学について学んでいなければ現在のような研究ができていないと言っても過言ではありません。当研究科の一つ一つの授業が必ずや皆さんの研究に貴重な示唆を与えることでしょう。

std02 (1)

マルティネス シレス パウラ

  • マルティネス シレス パウラ MARTINEZ SIRES, Paula (Spain)
  • 2015年4月入学
  • Study Plan:文化コミュニケーション Culture & Communication

国際コミュニケーション研究科(GSICCS)に入学した主な理由は、私の専門である翻訳と日本文学を研究することができる英語で教えられているジャパニーズ・スタディーズのゼミに深く興味を持ったからです。GSICCSが2015年4月に新しい博士後期課程を開設したと知り、色々調べた結果、入学を決めました。GSICCSでは、授業が英語で行われていることもあり、博士論文はもちろん英語で執筆しなければなりません。英語での博士論文の執筆は、将来のアカデミックキャリアの中でも重要な機会になると考え、さらに私のモチベー ションが上がりました。加えて、GSICCSに入学することで早稲田大学中央図書館のアーカイブを利用できることもGSICCSを選択した一つの理由でもあります。

入学後、ピニングトン教授のジャパニーズ・スタディーズのゼミに入りました。ゼミの雰囲気はとても友好的かつ国際的で、世界中から研究にきている修士課程や博士後期課程の学生からフィードバックを受け、自身の研究について新しい視野を広げることができます。また、ゼミではそれぞれの研究についてプレゼンテーションを行っており、そのお陰で自分の研究はどのように、どれだけ進行しているかを確認できるため、とても貴重な時間です。

GSICCSに入学したお陰で博士論文を書くために欠かせないノウハウ、情報、そして重要なアドバイスなどをいただきました。GSICCSでの経験が学者としてだけではなく、人間としても自身を成長させてくれると確信しています。将来は日本文学や翻訳研究を教えながら、学者の世界に飛び込み、日西翻訳論について研究を続けたいと思います。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsiccs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる