Graduate School of Asia-Pacific Studies早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科

教員

劉 傑(LIU Jie)

  • 資格:教授
  • 学位
    博士(文学), 東京大学
  • 経歴・略歴
    早稲田大学社会科学部 専任講師、助教授、教授(1996-現在)

専門分野

近代日本政治外交史、東アジア国際関係史

研究テーマ

昭和期外務省の中国政策、近代中国外交の中の日本、東アジア知の共同空間の構築

主な研究業績・受賞

著作

  • 「中国の強国構想: 日清戦争後から現代まで」(筑摩書房、2013)
  • 「いまアジアをどう語るか」(共著、弦書房、2011)
  • 「1945年の歴史認識」(共著、東京大学出版会、2009)
  • 「新華僑 老華僑」(共著、文芸春秋、2008)

受賞

  • 中曽根康弘賞 (2011)
  • 太平正芳記念賞(1996)

主要学会・社会貢献活動

主要学会

史学会、日本歴史学会、東アジア近代史学会

担当プロジェクト研究(ゼミ)

中国近現代史研究 (2021.4以降募集停止)

研究テーマ/プロジェクト研究詳細・育てようとする人材像

中国近現代史を対外認識、外交の側面から研究するプロジェクトである。社会、文化の要素も取り入れながら、総合的に歴史を捉える方法論を学ぶ。内外の最新の研究成果を踏まえて、参加者が独自の研究テーマを発見する。

一覧に戻る

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsaps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる