enpaku 早稲田大学演劇博物館

画像利用について

画像利用について

演劇博物館では、調査・研究および図版掲載等の目的に対して、資料画像を提供しております。
下記を熟読し、内容をご理解いただいた上、申請してください。
尚、著作権保護期間中の資料画像を利用する場合、別途権利者の利用許諾を受け許可書を提出してください。
未処理の場合は許可しません。
※2015年1月1日の申請分より、画像資料提供の申請方法および料金を以下の通り改定させていただきます。

●申請方法
申請の前に必ず許可条件をお読みください。
下記書類を揃え、画像受領希望日の2週間前までに演劇博物館 渉外・広報係宛に提出してください。
(郵送、持ち込み可)
再利用(増刷、改訂等を含む)の場合も、改めて許可を得る必要があります。

許可条件

(1)申請書
申請書をダウンロードしてください。
必要事項を記入し、公印(社印/代表者印等)をご捺印の上、原本をご提出ください。
申請画像が6画像以上の際には、所定の「別紙」を添付してください。

写真資料提供申請書(印刷物用)
写真資料提供申請書(映像用)
別紙  申請画像が6画像以上の際にご使用ください

(2)希望資料画像の図版(コピー) ※入手できる場合のみ

*書類に不備のある場合、あるいは指定された書類が揃っていない場合は、受付出来ません。

●審査及び利用許可証の発行
申請内容の審査を行い、画像貸出が認められた場合に許可証を交付します。
許可を受けた資料画像は、申請書に記載した以外の目的には利用できません。
また、複製は一切認めません。(一号一種一版)

●画像提供方法
画像は許可証を交付された後、演劇博物館ホームページのデータベースに表示されている
画面からダウンロードしてください。
データベースに掲載されていない、またはより高解像度が必要な場合はCD-Rを郵送いたします。
画像がない場合には新規撮影となり、納期まで2週間以上かかりますのでご了承ください。
利用の終了した資料画像は、速やかに破棄してください。(CD-Rやポジフィルムの場合は要返却)

データベース

●料金設定

◎営利目的  ¥10,000/点
・テレビ番組のオンデマンド配信やインターネット掲載等、継続的な利用の場合は1年経過後に
再申請が必要となり、料金をいただきます。
・電子書籍(雑誌)やデジタル教科書は、紙版とは別途料金をいただきます。
・再利用(再放送)の場合、再申請が必要となり、料金をいただきます。

◎非営利目的 ¥1,000/点
・再利用の場合、再申請が必要となり、料金をいただきます。
・学術目的の場合も申請が必要です。
・学術目的でデータベースからのダウンロード利用の場合、料金はいただきません。
・学術目的の場合、再利用の料金はいただきませんが、再申請が必要です。

※学術目的とは
学会での発表、学術論文、レポートに利用。原則として市販されるものは含みません。

◎博物館等での利用
入場料1,000円以上 ¥10,000/点
入場料1,000円未満 ¥1,000/点
・再利用の場合、再申請が必要となり、料金をいただきます。

※目的にかかわらず、新規撮影が必要な場合には、別途実費(10,000円/カット)が発生します。

●お支払いについて
許可日より、1か月以内に指定の口座へお振込ください。
振込手数料は、ご負担願います。
利用料は使用、不使用にかかわらず許可証が発行された時点で発生します。
特別の事情でお支払いが遅れる場合は事前にご連絡をお願いします。特に連絡がなく期限まで
にお支払いの無い場合は、次回からの貸し出しをお断りさせていただきます。
なお、演劇博物館は学校法人早稲田大学が設置しておりますので、源泉徴収の必要はございません。

◎お問い合わせ
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 渉外・広報係
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
TEL:03‐5286‐1829(平日9:00~17:00)
E-Mail:enpaku@list.waseda.jp