enpaku 早稲田大学演劇博物館

お知らせ

【お知らせ】河鍋暁斎画 新富座妖怪引幕 大英博物館展覧会『マンガ展』へ出品協力

knhm_01
新富座妖怪引幕 河鍋暁斎画(明治13年、1880)部分
※図版をクリックすると全図をご覧いただけます。
早稲田大学演劇博物館所蔵の「河鍋暁斎画 新富座妖怪引幕」を、大英博物館の展覧会『The Citi exhibition Manga』に出品

日本のマンガを多様な視点から紹介する展覧会「マンガ展」が、イギリス・ロンドンの大英博物館にて2019年5月23日(木)から8月26日(月)まで開催中です。展覧会では「There is a manga for everyone!」を標榜し、来場者がマンガについて理解と関心を深め、好みの作品を見つけられるよう、マンガの作り方、読み方を手ほどきしつつ、マンガの歴史や社会との関係性、現代の作品が扱うテーマと表現方法の多様性などを紹介しています。海外で開催されるマンガ展として史上最大規模となるもので、この展覧会に早稲田大学演劇博物館が所蔵する河鍋暁斎作の「新富座妖怪引幕」を出品しています。
「線」による視覚的表現と、その「視覚」によって物語を展開させるマンガ。展覧会では、日本の視覚文化の先達である葛飾北斎や河鍋暁斎の作品を通じて、マンガの歴史的ルーツも検証しています。
「新富座妖怪引幕」は、力強い「線」で描かれた躍動感あふれる作品で、現代の視覚表現の世界につながる根源を裏付けるきわめて重要な作品として選ばれました。幅17メートル、高さ4メートルの布に当時人気の歌舞伎役者を妖怪に見立てて描かれた巨大な引幕は、会場中央の壁一面に吊るされ、来場者に強い印象を与えると期待されています。


 
The Citi exhibition Manga
会期:2019年5月23日(木)~8月26日(月) ※予約制
会場:イギリス ロンドン 大英博物館 セインズベリー・エキシビジョン・ギャラリー


 
河鍋暁斎「妖怪引幕」大英博物館漫画展出品記念シンポジウム
古典芸術の未来を創る

 
日時:2019年6月29日(土)14:00 - 16:30 (開場13:30)
会場:ジャパン・ハウス ロンドン(イギリス・ロンドン)
定員:140人 ※要予約
参加費:無料
主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点、ジャパン・ハウス ロンドン
共催:バーミンガム大学、スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本学拠点
WEB:https://www.waseda.jp/enpaku/ex/8844/