『東京新聞夕刊』『TOKYO Web』にて、新規参画事業「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」(EPAD)が紹介されました。

演劇博物館は、EPAD事業で収集された舞台映像の情報検索サイト「Japan Digital Theatre Archives(JDTA)」を開設します。尚、映像本編はこのサイトではご覧いただけません。映像は館内で事前予約制にて閲覧いただけるよう予定しています。詳細は決まり次第、当館HPや公式Twitterでお知らせいたします。

">

enpaku 早稲田大学演劇博物館

お知らせ

【掲載情報】『東京新聞』『TOKYO Web』にて、新規参画事業「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」(EPAD)について紹介されました(掲載日:2021年2月4日)

『東京新聞夕刊』『TOKYO Web』にて、新規参画事業「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」(EPAD)が紹介されました。

演劇博物館は、EPAD事業で収集された舞台映像の情報検索サイト「Japan Digital Theatre Archives(JDTA)」を開設します。尚、映像本編はこのサイトではご覧いただけません。映像は館内で事前予約制にて閲覧いただけるよう予定しています。詳細は決まり次第、当館HPや公式Twitterでお知らせいたします。