enpaku 早稲田大学演劇博物館

イベント

早稲田大学演劇博物館 2021年度シェイクスピア祭演劇講座

シェイクスピアの音楽をかくこと――蜷川幸雄の現場から

shakespeare_2021_visual_2
『ヴェローナの二紳士』より序曲の楽譜
 
shakespeare_2021_visual
阿部 海太郎(あべ・うみたろう) 撮影:Takashi Homma
作曲家。1978 年生まれ。『リア王』、『ヘンリー6世』、『シンベリン』、『尺には尺を』などシェイクスピア作品を中心に、蜷川幸雄の劇音楽を数多く手がけた。また、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出の舞台『100万回生きたねこ』、NHK『日曜美術館』テーマ曲、ドラマ『京都人の密かな愉しみ』、映画『ペンギン・ハイウェイ』等の音楽を担当するなど、幅広い分野で活動している。2019年に楽譜集『ピアノ撰集−ピアノは静かに、水平線を静かに見つめている−』を刊行。2020年には、6枚目のアルバム『Le plus beau livre du monde 世界で一番美しい本』を発表した。
https://www.umitaroabe.com
舞台やドラマ、映画で多くの音楽を手掛けている阿部海太郎氏は、2008年以降、蜷川幸雄のシェイクスピア作品の音楽を担当してきました。作曲家としてどのようにシェイクスピアを読み、どのように蜷川の要求に応えたかをテーマに、様々な資料やピアノの実演とともに語ってもらい、演出家との協働作業を通して舞台音楽が立ち上がるプロセスを作曲家の視点から考察してもらいます。

講師:阿部 海太郎(作曲家)
日時:2021年6月1日(火)18:30~20:30
会場:オンライン
定員:400人 ※要事前予約・定員を超える場合は抽選
参加無料
【申込みを締め切りました】
結果発表:5月21日(水)
主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点

【お知らせ】
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、講師・来場者およびスタッフの安全確保のため、会場を小野記念講堂からZoomによるオンラインイベントに切り替え実施いたします。それに伴い、定員を400人に拡大いたします。以下の注意事項等をお読みいただき、お申込みくださいますようお願いいたします。
講堂でのイベントを楽しみにしていてくださった方には大変申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。(2021/4/23 更新)

【注意事項】
・本イベントは、ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったイベントとなります。
Zoomの参加方法はこちらから確認をしてください。
・Zoomのアカウントを取得しなくても、本イベントに参加ができます。
・インターネットに接続できるスマートフォン、タブレット、PC等を各自でご用意ください。
・インターネット接続にかかる通信料、スマートフォンやPC等の機材は自己負担となります。
・Zoom利用にあたってのサポートやお問い合わせにはお答えできません。
・お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
Zoom視聴環境の確認はこちら
・イベントの参加にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存します。お手元のPC等の設定や通信環境が受信の状況に大きく影響しますので、ご自分の環境が対応しているか、お申し込み前の確認をお勧めいたします。
Zoomサポートページ(推奨環境)はこちら
・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
・インターネット経由でのライブ中継ですので、回線状態等により、画像や音声が乱れる場合があります。また、状況によっては、講演を中断し、再接続して再開する場合がありますが、予めご了承ください。
・申込締切後に送付されるURLやパスワードは、お申し込みされたご本人様のみ有効です。他者への譲渡はできません。
・万が一、参加登録されていない方が侵入した場合は、管理者側で登録されていない方の退出あるいはイベントを中断させていただくことがあります。
・複数の端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・講演中の録画、録音、撮影および映像の複製は固く禁じます。
・行政の指導、今後の感染状況や兆候等を踏まえて早稲田大学が大学内の施設の使用を制限する判断を行った場合等には、イベントを中止や延期とさせていただく場合もございます。

※オンラインイベント参加にあたっては、こちら(FAQ)をお読みください。
※イベントへのお申込みにあたっては、こちら(FAQ)をお読みください。

 
 

その他のイベント