enpaku 早稲田大学演劇博物館

企画展

早稲田大学演劇博物館

オンライン展示「失われた公演―コロナ禍と演劇の記録/記憶」

ushinawareta_pc
 
ushinawaretaweb02

特設サイトURL

https://www.waseda.jp/prj-ushinawareta/
公開:2020年10月7日(水) ※随時更新中
主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点

先般来、当館では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応にともない、やむなく中止・延期せざるをえなかった公演の情報収集を実施しています。演劇・映像文化に関する研究機関であり、博物館でもある当館が、舞台芸術、ひいては日本文化の灯を守るために、今できることとして、新型コロナウイルス感染症の影響下にある現在を演劇という視座から記録し、かつ2020年に上演が叶わなかった公演の記録/記憶を後世に伝えることを企図しています。

本展示は、コロナ禍の影響下にある現在を、演劇という視座から記録し、かつ2020年に上演が叶わなかった公演の記録/記憶を後世に伝えることを企図しているます。それは、公演を中止・延期せざるをえなかった人たち――つくり手のみならず、観客も含めた――の思いや声をすくい上げ、ひろく開いていく場であり、苦境に立ち向かい続けている演劇現場へのエールにもなることを願うものです。

緊急事態宣言から半年となる10月7日、このオンライン展示を公開いたします。コロナ禍で中止・延期となったチラシの画像とその公演情報とともに、関係者からのコメントを紹介しています。当時どのような経緯があったのか、想いがあったのか。この記録/記憶は決して忘れてはならないという考えのもと、今後も資料収集および展示の更新を続けていきます。

掲載情報

この企画は公開初日より大きな注目を集め、多くのメディアで取り上げていただきました。一部ご紹介いたします。

・NHKラジオ『マイあさ!』「橋本麻里の美術館で会いましょう」(2020年12月5日)Webページ ※2020年12月12日(土) 午前7:50配信終了
・『日本経済新聞電子版』(2020年10月21日)Webページ
・『朝日新聞デジタル』(2020年10月21日)Webページ
・『東京新聞 TOKYO Web』(2020年10月17日)Webページ
・『高田馬場経済新聞』(2020年10月8日)Webページ
・TBSラジオ「荻上チキ・Session」「橋本麻里さんおすすめ美術」(2020年10月8日)Webページ
・『CINRA.NET』(2020年10月7日)Webページ
・NHK『シブ5時』、『首都圏ネットワーク』(2020年10月7日)Webページ
・ウェブ版『美術手帖』(2020年10月7日)Webページ

※その他共同通信を通じ、北海道新聞・岩手日報・東奥日報・中国新聞・河北日報・北日本新聞・高知新聞・徳島新聞・西日本新聞・京都新聞・佐賀新聞・東京新聞・千葉日報・静岡新聞・中日新聞・沖縄タイムス等でもご紹介をいただきました。

劇団・劇場・関係団体の皆様へ
新型コロナウイルス対応にともなう中止・延期公演の資料提供のお願い

https://www.waseda.jp/enpaku/covid19_notice_research/

その他の企画展