enpaku 早稲田大学演劇博物館

企画展

早稲田大学演劇博物館 特別展

競演!『三国志』の風雲児たち――日本・中国・台湾の華麗なる舞台

sangokushi_omote
 
 
sangokushi_web_01
「三国志長坂橋ノ図」「関羽 市川左団次」「玄徳 中村芝翫」「甘ふ人 助高屋高助」
 
sangokushi_web_02
日本画家若柳柳湖による京劇の画集 「華容道」の関羽
 
sangokushi_web_03_02
粉綢団龍箭衣
 
sangokushi_web_04
布袋戯人形・紅関
会期:
第1期 2020年9月28日(月)- 10月23日(金)(予定)
第2期 2020年10月26日(月)- 11月20日(金)(予定)
第3期 2020年11月23日(月)- 12月25日(金)(予定)
※会期中は3度にわたって展示資料の一部を入れ替えます。
開館時間:10:00-16:00
休館日:10月は土曜・日曜日。11月以降はHPでお知らせします。
会場:早稲田大学演劇博物館 1階 特別展示室
入館無料
主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点

※ご来館の際にはあらかじめ「来館にあたってのお願い」をご覧ください。

乱世に生きる個性豊かな人物の奮闘ぶりを鮮明に描いた「三国志」物語は、小説や漫画、テレビ人形劇、ゲームなどを通じて日本でも多くの人びとを魅了しています。日本・中国・台湾の伝統演劇の世界でも、「三国志」は絶大な人気を誇ってきました。
中国では、京劇だけでも90作以上の関連演目があり、原作小説『三国志演義』の中の様々な名場面を舞台で再現しています。台湾の「布袋戯」(ポテヒ)では、京劇から一部の演目を取り入れ、「指遣い人形」を駆使し、人間に比べ、より躍動感あふれる舞台を創り出してきました。日本では、江戸時代以降に歌舞伎などに取り入れ、時代や人物の設定を大きく転換したり、1999年にはスーパー歌舞伎において実は女性だった劉備が誕生するなど、独自の解釈による「三国志」の世界を表現しています。
本展では、当館コレクションから精選した衣裳、人形、錦絵など多種多様な演劇資料を展示いたします。日本・中国・台湾の舞台上に生み出された「三国志」の風雲児たちの魅力をぜひご堪能ください。

その他のイベント