enpaku 早稲田大学演劇博物館

お知らせ

演劇博物館図書室 事前予約制による再開のお知らせ(2020/10/09 更新)

演劇博物館図書室では、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための早稲田大学の行動指針」に基づき運用を行い、2020年4月8日より臨時休室が継続し、皆様には大変ご不便をおかけしております。この間、対象者や受けられるサービスを限定し入室を認める「特別入室サービス」を実施しておりましたが、9月28日から企画展・常設展の再開に伴い、サービスを限定した事前予約制にて図書室を再開いたします。詳細は以下をよくお読みください。
なお、本サービスは、皆様の健康と生命を守ることを最優先とし、急遽サービスの中断やさらなる縮小をする可能性もございます。皆様には引き続きご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をいただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

1. 主なサービス内容
先着順で事前に予約した方に対し、演劇博物館図書室が定める定員数に限り、以下のサービスを提供いたします。ただし、入替制および室内消毒のため、一度の入室の滞在時間は50分を限度とします。
・資料の借用
・資料の複写(貴重書、明治期資料等の複写不可資料を除く)
・一部の閲覧席の利用

ただし、以下の利用はできません。
・室内での長時間の滞在(長時間の資料閲覧、学習場所としての利用)
・検索用端末の利用

2. 対象資料
①和書、洋書、アジア図書
貴重書演劇上演資料映画館プログラム
※②につきましては、事前予約の申込に加え、所定の書式の提出をお願いいたします。詳細は各資料のご利用案内をご参照ください。(対象資料名をクリックしてください。利用案内がご覧いただけます。)

3. 申請冊数・上限
・開架コーナーの資料を含め、1人10冊まで

4. 対象者
・学内外を問わずどなたでもご利用できます。ご利用の際は、身分証(教職員証・学生証・免許証・保険証・パスポート等)を持参してください。(※身分証のコピー、クレジットカード、キャッシュカードは不可)

5. 申請回数・上限
・先着順で、週に1回のみ利用できます。複数回の利用はできません。
・1回の利用は50分が限度となります。入替制のため、時間の延長はできません。

6. サービス期間・開室時間 [2020年9月18日(金)12:00時点]
・サービス期間:2020年9月28日(月)~ 当面の間(今後の状況による)
・開室時間:平日10:00~16:00 ※土日祝休室

7. 申請方法・手順
WINEデジタル・アーカイブ・コレクションで予め利用したい資料を特定する
・室内の利用者用端末の使用はできません。利用時間は50分が限度となっておりますので、事前に配架場所や請求記号などをよく調べ申請してください。

②申請に必要な入力情報を準備する
・申請にあたっては、検索結果から資料のタイトル、配架場所、請求記号等を入力いただきます。メモ帳などでご準備ください。
・申請した以外の資料の閲覧、複写はできません。
・資料を事前に予約・取置するものではなく、利用日より前に他の利用者が借用した場合は利用ができない点、予めご了承ください。

③下記の専用申し込みサイトから予約する
【演劇博物館】特別入室申請フォーム ⇒ 9月21日(月)よりお申込みが可能です。
※予約可能期間(月曜10時~木曜15時)以外はアクセス出来ません。

[利用希望日:予約可能期間]
9月28日(月)から10月2日(金)の利用:9月21日(月)10:00 − 9月24日(木)15:00
以後、同様に入館希望日の前の週(月曜10時~木曜15時)に予約を受付します。

④希望日が定員に達した、申請内容に不備があるなど、ご入室いただけない場合は、金曜日17:00までに図書室よりメール連絡をします。

⑤演劇博物館招聘研究員の方は、演劇博物館事務所にて身分証明書の交付手続きを受けた後、中央図書館にて図書館カードの発行/更新をお願いいたします。

8. 注意事項【必読】
①原則として、図書室が所蔵する紙媒体資料の利用を目的とした入室のみ認めます。
②入室の際には以下の点を義務とします。守れない場合は入室をお断りする場合があります。
・マスクなど口と鼻を覆うものの着用
・入室時、退室時の手洗い等消毒
・他の利用者やスタッフへ必要以上に接近しない
③発熱が疑われる場合は利用をお断りすることがあります。
④長時間の滞在、学習場所としての利用は認めません。
⑤サービス状況によって、利用できない施設や資料がある点は予めご了承ください。
⑥入室日の変更は受け付けません。キャンセルの場合は連絡不要です。
⑦定員数に達するなどにより、ご希望に添えない場合や、申請内容に不備等があった場合は、メールにて連絡いたします。
⑧館内は清掃・消毒を行っていますが、施設・設備や資料の利用前後の手洗い等消毒は、ご自身の責任でお願いします。
⑨万一、感染症が発生した場合に備え、入館時の記録を暫く保管します。(感染症拡大防止の目的にのみ利用し、一定期間を経たのち消去いたします)
⑩予約時間外の再入室は、原則として不可とします。

9. 図書の返却方法
※貸出冊数が上限に達している場合は、入室いただいても新規のお貸出しはできませんので、まずは図書の返却をお願いします。
図書の返却および再貸出のみの場合、事前予約は不要です。5号館1階図書室にてお手続きいたしますので、直接ご持参ください。
②郵送での返却も可能です。その際は必ず郵送経過が追跡可能な方法で発送してください(例:ゆうパック、宅配便など)。送付記録の控えをお手元に保管しておいてください。
・郵送費用は差出人(利用者)負担でお支払いください。運送事故等による紛失・破損が生じた場合の責任も利用者本人となりますのでご了承ください。
・水濡れ防止のため必ず資料をビニール袋などで覆うなど、資料が傷まないよう梱包のうえで郵送してください。
======
【宛先】
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学演劇博物館図書室 宛
電話: 03-5286-1829
※表面・品名に「返却図書在中」と記載してください。
※電話番号は郵送手続き上必要な情報として記載しております。
======

10. 郵送サービス(2020/10/9 更新)
本サービスは、主に新型コロナウイルス感染拡大に伴い来館が困難となっている早稲田大学の教員等の授業準備/研究支援、および本学学生の学修支援を目的とし、本学図書館所蔵の図書及び複写物等を自宅に送付するものです。詳細、ご利用方法は以下のサイトをご覧ください。

早稲田大学図書館Webサイト 
【資料の取り寄せ】
[日本語版]
https://www.waseda.jp/library/services/interlibrary-loan/#accordion_49
[英語版]
https://www.waseda.jp/library/en/services/interlibrary-loan/#accordion_47

【手助けが必要な方へのサポート】
[日本語版]
https://www.waseda.jp/library/user/support/
[英語版]
https://www.waseda.jp/library/en/user/support/

【『図書館資料郵送サービス』の申請フォーム】
https://my.waseda.jp/application/noauth/application-detail-noauth?param=6BoHrKneNiyRsBPry97NzQ

※サービス対象者以外の皆様は、『図書館資料郵送サービス』申請フォームにアクセスすることができません。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

11. リンク集
> 統合検索WINE
> WINEの使い方(WINEヘルプページ)
> デジタル・アーカイブ・コレクション
> 図書館Webサイト「新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う図書館の対応」