Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

【富岡コレクション展】茶のやきもの(2021年12月6日(月)~2022年1月31日(月))

基本情報

  • 会期
    2021年12月6日(月)~2022年1月31日(月)
  • 時間
    10:00~17:00
  • 休館日
    12月8日(水)15日(水)
    12月22日(水)~1月5日(水)冬季休業期間
    1月10日(月祝)12日(水)19日(水)26日(水)
  • 会場
    會津八一記念博物館 1階 富岡重憲コレクション展示室
  • 入館料
    無料

概要

 富岡重憲氏は茶の湯を嗜んでいたため、そのコレクションには茶道具が相当数含まれています。なかでも茶碗がもっとも多く、50もの数にのぼります。

 この展覧会ではその中から、桃山から江戸にかけてつくられた日本の茶碗と朝鮮半島で焼かれた高麗茶碗をあわせて20あまりを紹介します。和物茶碗には唐津、瀬戸、志野、織部、信楽、楽(らく)、高麗茶碗には三島(みしま)、伊羅保(いらぼ)、斗々屋(ととや)、井戸(いど)、堅手(かたで)などの種類があり、いくつかには「乙(おと)ごぜ」(「お多福」のこと)、「撫子(なでしこ)」、「虹」のように銘がつけられています。

 これら茶碗を中心に、備前や唐津の水指、茶入、灰器、香炉を添えて、茶のやきものをご覧いただきます。素朴であたたかみのある、侘び寂びの世界をお楽しみ下さい。 

展示作品(一部紹介)

Dates
  • 1206

    MON
    2021

    0131

    MON
    2022

Place

會津八一記念博物館 1階 富岡重憲コレクション展示室

Tags
Posted

Tue, 28 Sep 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる