Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

【企画展】小もの展 會津八一の蒐集からみるひと・もの・こと(2021年12月6日(月)~2022年1月23日(日))

基本情報

  • 会期
    2021年12月6日(月)~2022年1月23日(日)
  • 時間
    10:00~17:00
  • 休館日
  • 12月8日(水)15日(水)
    12月22日(水)~1月5日(水)冬季休業期間
    1月10日(月祝)12日(水)19日(水)
  • 会場
    會津八一記念博物館 1階 會津八一コレクション展示室
  • 入館料
    無料

概要

會津八一(1881~1956)は生前、東洋の明器・古鏡・瓦塼・金石拓本・近世書画などの蒐集に力を尽くしました。これらの古美術品は研究・教育の資料として集められ、現在は「會津八一コレクション」として、早稲田大学會津八一記念博物館(以下、当館)収蔵品のひとつの柱となっています。

当館ではこれまで、企画展示や常設展示を通して「會津八一コレクション」を紹介してきました。しかしながら、會津八一コレクションのなかには今まで一度も展示されることがなかったものも多くあります。それらは模造品であったり、民芸品や土産品であったり、仏像などの石膏型抜であったり、残欠や断片であったり、いわゆる「名品」とはいえないようなものです。

「小もの展 會津八一の蒐集からみるひと・もの・こと」では、こうした「小もの」に焦点を当てます。これまで日の目を見ることのなかったものたちが、どのような意図をもって蒐集されたのか、どういった資料なのか、そこから何がわかるのかなど、會津八一の蒐集という視点からひと・もの・ことについて考えていきます。

會津八一はかつて、「実学論」と称して美術史の研究と教育には作品と直に接することが不可欠であると説きました。その教えは学問に限らず、現代のあらゆる場面においても忘れてはならない姿勢であると気づかされます。実物にふれる機会が急速に減ってしまった今、本企画展があらためて「もの」と向き合う時間となれば幸いです。

展示作品(一部紹介)

Dates
  • 1206

    MON
    2021

    0123

    SUN
    2022

Place

會津八一記念博物館 1階 會津八一コレクション展示室

Tags
Posted

Tue, 28 Sep 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる