Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

中止【富岡展】五彩と色絵(2020年5月18日(月)~6月30日(火))

基本情報

  • 会期
    5月18日(月)~6月30日(火)
  • 時間
    10:00~17:00
  • 休館日
    6月3日(水)、10日(水)、17日(水)、24日(水)
  • 会場
    會津八一記念博物館 1階 富岡重憲コレクション展示室
  • 入館料
    無料

概要

中国の陶磁器で上絵付けによってさまざまな文様を施す五彩は、日本に伝わって赤絵、色絵などと呼ばれました。日本では古くから中国産の陶磁器を珍重し、時期や産地、文様や色合いなどによって独自の呼び名をつけました。

富岡重憲コレクションには、明代の嘉靖年間(1522~1566)頃に江西省の景徳鎮民窯で焼かれた古赤絵(五彩婦人図盤)、万暦年間(1573~1620)に生産された濃彩の万暦赤絵(五彩牡丹文盤等)、明末の天啓年間(1621~27)に焼成され、飄逸な図柄の多い天啓赤絵(五彩算木文花生等)、明末から清初に南方の漳州窯で焼かれた厚手で奔放な絵付けの呉州赤絵(五彩人物図大盤等)があります。

日本の伊万里焼はこれらの影響を受けて作られ、ヨーロッパにも輸出されました。乳白色の地に赤、青、緑、黄などで描かれた文様が映える、彩りゆたかな世界をご覧ください。

展示作品(一部紹介)

 

Dates
  • 0518

    MON
    2020

    0630

    TUE
    2020

Place

會津八一記念博物館 1階 富岡重憲コレクション展示室

Tags
Posted

Thu, 26 Mar 2020

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる