早稲田大学文学部アジア史コース

学び

東アジアの、
歴史と文化を学ぶ。

アジア史コースでは、中国を中心として、朝鮮半島、さらには周辺地域も含めた「東アジア地域」の歴史と文化を専門的に学習します。

中国や朝鮮半島を中心とする東アジアと日本とのかかわりは、ますますその重要性を高めています。

アジア史コースは、史料にもとづいて歴史的に物事を見る眼を養い、日本と東アジア世界との間に現実に起こっていることを正しく把握し、考える力を持った学生を育てることを目指しています。


探究

東アジアの、
新しい歴史像を探究する。

中国・朝鮮の古代史においては、これまでに伝わる文献史料のほかに新たに出土した木簡・竹簡・石碑などの文字資料を組み合わせ、考古学的な視点をも導入した新領域の開拓に力を注いでいます。

後期伝統中国史(前近代史)においては、東アジア全体を視野に入れ、社会史・文化史など多様な観点を取り入れて新しい歴史像を追究します。辛亥革命後の中国やアジア地域の近現代史をも考察の対象としています。

他方、朝鮮史では、中国大陸や日本列島との関連を重視した東アジア史における展開とその位置づけに注目します。


これから

歩み。
そして、これから。

本コースでは、これまで新しいアジア学の創生や資料のデジタル化などのプロジェクトを通じ、新たな歴史学の構築に向けて積極的に取り組んできました。

本コースのカリキュラムには、上記のような基本方針を踏まえつつ、そうした学術成果が最大限に盛り込まれています。

アジア史コースは、これからも長い伝統を有する東洋史学の蓄積を踏まえ、東アジアの歴史と文化を学び、新たな歴史像、新たな歴史学を探究し続けていきます。