會津八一と博物館

會津八一記念博物館前館長
早稲田大学文学学術院教授
大橋一章
 秋艸道人會津八一(1881〜1956)は東洋美術の研究者であると同時に、個性あふれる高雅な書家として、 また奈良の風光と美術に魅了された歌詠みとして知られ、文字通り学芸の人であった。

 八一は1881年(明治14)8月1日に新潟市古町通で生まれたが、 この生年月日は一と八の まことに語呂のよい数字の組み合わせからなっている。

 中学時代には、病気のためスポーツから文学に転向し、子規の『ほととぎす』に投句したり、地元の新聞に俳論を連載する文学少年であった。 1899年(明治32)8月、早稲田大学の前身である東京専門学校の巡回講演で坪内逍遙の講演を目のあたりにし、その態度と雄弁に感動する。 1902年(明治35)四月に東京専門学校高等予科に入学し、1903年(明治36)9月には早稲田大学文学科(前年9月に早稲田大学と改称 )に入学して、 英文学を学ぶことになった。 恩師は坪内逍遙、またわずか三ヶ月の講義であったが、 本学に招聘されたラフカディオ・ハーンからは英文学史や詩人キーツのほかに民俗学的観察法を学び、これが後年の美術史学研究に寄与することになる。

 會津の美術史学の研究法は独学でマスターしたものだが、学生時代、学友の木内家の名匠のつくる伝統美術品や学芸の人淡島寒月が教示した奈良美術を知り、 また従妹の美術学校生を通じて西洋画や西洋の美術書に接することができ、美術品に対する審美眼・鑑識眼を大いに培うことになった。 早稲田大学を卒業すると新潟県下の有恒学舎の英語教師となるが、下宿には英文学書や国文学書のほかにギリシヤ美術史や中国の漢籍・経典が架蔵されていた。 漢籍・経典は中国美術や奈良美術研究には欠かせない文献資料で、この有恒学舎時代會津は着実に美術史研究への道を歩みはじめていた。 こうして會津の美術史学は実物作品の研究と文献史料の研究を車の両輪のごとく駆使する学問として確立していくのである。

 1910年(明治43)の9月には早稲田中学の英語教師となるが、これは逍遙の推輓によるものである。 その後、早稲田中学・早稲田高等学院・早稲田大学で英語や英文学を担当しながら、美術史学の研究を一層すすめ、 いよいよ1926年(大正15)には早稲田大学文学部の講師として東洋美術史の講義を始めることになった。ここに、會津の美術史研究がようやく認知されたことを知るのである。

 有恒学舎時代にはじめて奈良を訪れた會津は奈良美術の本質を知ると、上京後は頻繁に奈良通いをする。 ちょうどそのころ、中国の明器や鑑鏡・瓦磚のごとき古美術品を数多く購入し、いわゆる會津コレクションの基礎をつくり始めた。 いうまでもなく教育・研究の実物資料として求めたもので、その費用として自作の書画の即売展を開催、親戚故旧といえども揮毫料を徴し、 ときには坪内逍遙・市島春城からも援助してもらったという。 学生を引率しての奈良実習旅行も、わが国では最初のもので、會津の実物尊重の教育・研究は徹底していた。

 1926年に『早稲田大学新聞』に発表した「実物尊重の学風」 で 「学問をしてゆくに、実物を能く観察して、実物を離れずに、物の理法を観てゆくと云うことは、何よりも大切なことだ。 どれ程理論が立派に出来上がって居ても何所かに、実物を根底にする真実性が含まれて居なければ、即ちそれは空論だ、空学だ。取るに足るものではない」 と述べている。 さらに、自分は自作の書画を売って教材用の材料を買っているが、これだけでは足りない。早稲田には多くの学生がいるから、 学生諸君がこういう点に理解をもたれると長い間に一大コレクションができる。 新築の図書館と同じ位の大きさの博物館がわが学園の一隅に聳え立つ日の一日もすみやかならんことを祈ると結んでいる。

 會津が早稲田大学ではじめて博物館の設置を提唱してから、すでに70年以上の月日が経った。 かつての會津の思いをいくらかでも活かした博物館が、 會津が新築の図書館と同じくらいの大きさといった今井兼次設計の旧図書館( 二号館 )を再生して開館することになった。感慨ひとしおである。



Copyright (C) Aizu Museum, Waseda University 1998. All Rights Reserved.
First drafted 1998