WEB MAGAZINE 早稲田@日本橋

ファイナンス研究科への羅針盤

入学説明会から

message

早稲田大学大学院ファイナンス研究科は2004年の4月1日に開校し、今年で8年目になります。本学は「COREDO日本橋」というビルの5階に位置していますが、そもそもこのCOREDOは「core(コア=中心)」「edo(江戸)」をくっつけてできた言葉で、つまり日本橋は江戸の中心であるということを表しているそうです。日本で一番古い郵便局、銀行(第一銀行)は日本橋発祥です。日本銀行や東京証券取引所も歩いて行けるところにあります。ファイナンスの中心でもある日本橋に、ファイナンスの専門大学院を作ったわけです。ファイナンスに特化した大学院は日本でここだけです。卒業生は1000人ほどいますが、ファイナンス関係の仕事に就いている人も大勢いれば、事業を新しく起こした人もおり、皆それぞれの分野で活躍しています。
本学は、ファイナンス・会計・法律・経済学を柱としています。その中で私の専門は法律です。法律は、一見するとファイナンスとは関係がないように思えるでしょう。なぜ法律が入っているのかと不思議に思われるかもしれませんが、それはすべて「金融専門家を育てる」ことが目的です。
ひと言で「ファイナンス」といっても色々な意味があり、たとえば銀行・信託・保険の専門家になるには会計と法律の知識が不可欠です。中心となるのはもちろんファイナンスですが、入学すると広い意味での「経済学」「会計学」そして「法律学」を勉強することになります。
少し具体的なお話をすると、本学で用意しているのは「会社法」「金融商品取引法」などで、学部レベルの全般的な知識から、ビジネスに直接関係してくるコーポレートファイナンス(会社の資金調達)が法律的にどう定められているか、また企業の情報開示・証券取引についてはどう規定されているかなどを学んでいきます。

message

皆さんご存じかもしれませんが、現在、国際財務報告基準(IFRS)を日本に取り入れるか入れないかで金融庁の方針が変わり、揉めに揉めています。
今(8月3日現在)オリンピックが開催されていますが、オリンピックと言うのは必ずしも公平・公正な競争をやっているわけではなく、どの国がルールを作るかによって競技の結果は大きく変わってきます。たとえば、柔道が初めてオリンピックの種目となった昭和39年の東京オリンピック。当初、ルール策定の主導権は日本が握っていました。しかし、年々国際化が進み、とうとう委員に日本人がいなくなってしまいました。現在の柔道は、日本が定めたルールから大きく変わってきています。
会計や法律も、「どの国を基準に作るか」ということこそが重要です。ルールを作った国が勝つ、これを「標準化競争」といいます。会計や法律といった分野において、日本も標準化競争に勝つよう、どんどん発信していかないといけません。これが国際会計基準を日本に導入する際の基本的な考え方です。
授業では、適宜こういった周辺のお話もしていく予定です。
法律に関しては、さまざまな授業が用意されていますが、六法に慣れ、法律的な知識を身につける、というのが一番の目的です。大学の授業で教えられることなどは、法律のほんの一部分かもしれません。しかし、六法の読み方さえ分かれば、自分で六法を引き基本的な知識を得ることができます。
最近の有名な事件には、「オリンパス事件」や「大王製紙事件」、それから証券会社のインサイダー取引の問題などがあります。これらについて、授業で具体的な例を挙げてお話をしますが、現在は情報が容易に手に入る時代でもあります。私がすべてのことを授業で言わなくても、色々な資料を、インターネットなどを使って収集するという力を身につけてほしいと思います。また、そのお手伝いもします。
教員が一方的に解釈・解説するだけでなく、どうしたら自分でその資料を集め、起こっている事件を法律的に解釈できるか、ということを重視してお話ししていきます。
現在在籍している1学年150人ぐらいの学生のうち、130人くらいは仕事をしながらNFSに通っています。働きながら勉強するのは実に大変なことです。そこで、いかに簡単に資料を集められるかが重要になってくるのです。全力でお手伝いしますので、ぜひ自分で集めて考えられるようになってもらいたいと思います。
繰り返しになりますが、ほかの良く似たビジネススクールとは違って、ファイナンスに特化していることが本学の特徴です。ここは、研究者ではなく、実務家を養成する場所です。すぐに役に立つ知識を身につけて卒業してもらいたいと思います。

profile

岸田雅雄 教授

  • 滋賀大学経済学部、神戸大学法学部卒業、最高裁判所司法修習生、ニューヨーク大学ロー・スクール修了。博士(法学、早稲田大学)。神戸大学法学部助手、助教授、教授、同大学院法学研究科教授を経て現職。ミシガン大学、ニューヨーク大学、マックスプランク研究所、ミュンスター大学、ロンドン大学客員研究員、公認会計士試験委員、金融庁企業会計審議会臨時委員等を歴任。
  • 2012年度担当科目「会社法B・C」「金融商品取引法」「法と経済学」「ファイナンス法演習」「ファイナンス法演習(リサーチ・レポート)」

Webマガジントップファイナンス研究科トップ早稲田大学トップ