オンラインストレージサービス「Box」利用ガイドライン

(主旨)

  • 第1条    本ガイドラインは、早稲田大学(以下、「本学」という。)情報関連システム利用内規、本学クラウドサービス利用ガイドラインおよびBox, Inc.(以下、「Box社」という)が定める利用規約に則り、Box社が本学との契約に基づき提供するオンラインストレージサービス(以下、「本サービス」という。)の利用について、必要な事項を定めるものである。

(利用目的)

  • 第2条    本サービスの利用は、原則として学術研究および教育を目的とするものに限る。ただし、学校の管理・運営および学生・教職員の福利厚生に資するための利用については認めるものとする。

(利用資格)

第3条    本サービスを利用できる者は、次の各号に掲げる者とする。
   専任教員、特任教授、任期付教員、訪問教員、訪問研究員、助手および研究助手
   専任職員および常勤嘱託
   学生(科目等履修生および生徒を含まない。)
   その他情報企画部長が適当と認めた者

(申請)

第4条    前条第1号から第3号までに定める資格を有する者は、Waseda-netのユーザIDおよびパスワードの交付を受けることにより利用できるものとする。
2.    前条第4号に定める者は、Waseda-netのユーザIDおよびパスワードの交付を受けた後、情報企画部長の許可を受けなければならない。

(利用期限)

第5条    本サービスの利用期限は次のとおりとする。
   第3条第1号から第3号に定める者:当該資格を有する期間
   第3条第4号に定める者:申請に基づき情報企画部長が定める期限
2.    前項の規定にかかわらず本学とBox社の契約が終了する場合には、利用期限は、別に定めるものとする。
3.    利用期限を過ぎた利用者の本サービス上のファイルは、情報企画部長が、これを消去する。

(関連規約の順守)

  • 第6条    利用者は,本サービスの利用にあたって、本学情報関連システム利用内規およびBoxが定める利用規約を順守しなければならない。

(ファイルの取り扱い)

第7条    利用者は、自身が本サービス上に格納したファイルおよびその内容に関する全責任を負う。
2.    利用者は、本サービス上に格納するファイルに関して、その内容に応じて、自己の責任において、暗号化など適切な処理を行わなければならない。
3.    利用者は、本サービス上に格納するファイルを他者と共有するにあたって、予め必要な手続を経て情報企画部長の許可を受けなければならない。
4.    利用者は、本サービス上に格納するファイルを他者と共有するにあたって、その内容に応じて、自己の責任において、共有の範囲を適切に設定しなければならない。
5.    データ分類については、別表のとおりとする。

  別表

(禁止事項)

第8条    本サービスの利用に関する禁止事項は、本学情報関連システム利用内規第6条に従う。
2.    本サービスと連携して使用可能なアプリについては、Box社が次のURLから提供するものに限る。   https://app.box.com/apps/

(利用者の利用停止)

  • 第9条    本サービス利用者の利用停止に関しては、本学情報関連システム利用内規第8条を準用する。

(免責事項)

第10条    利用者が本サービス上に格納したファイルに関して、本学は一切の責任を負わない。
2.    急なメンテナンス等のため、本サービスを停止した場合、これによって生じた損害等について、本学は一切の責任を負わない。

付則

  • このガイドラインは、2015年 4月 22日から施行する。

TOPへ戻る