• HOME
  • 早稲田大学TOP
  • お問合せ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • ENGLISH
Loading
  • facebook
  • twitter
  • 研究所について
  • 研究プロジェクト
  • 研究員
  • イベント情報
  • 研究成果
  • 国際研究交流
  • 採用情報

訪問研究者 / 玉野井 麻利子

玉野井 麻利子

Research Topics

私の研究は常に歴史学と人類学が交差するところにあります。今までの私の著作はあるひとつの課題を追っています。それはいわゆる庶民が「国家」あるいは「くに」をどう見てきたか、という課題です。この「庶民」とは、ときにはメキシコからアメリカにわたろうとする不法移民であったり、中央政府から離反しようとしたスペインのカタロニア地方の農民であったり、戦時中の日本の農村婦人であったり、長野県から満洲国にわたった移民であったり、さらにはその子供たち、戦後中国から帰国した残留孤児であったりします。早稲田大学の高等研究所においては日本帝国の「子供」、それも特に「孤児」に焦点をおいて同じ課題を追っていきたいと思っています。最近の私の著作(Memory Maps: The State and Manchuria in Postwar Japan, 2009)において主題にした残留孤児のように、「孤児」はいったん「家庭」から放り出され、ときには国家と直接相対するようになりました。この「孤児」には日本人孤児のみならず、中国人や朝鮮人孤児も含みます。歴史学でも人類学でも「子供」の研究は特殊な分野をのぞいて無視されてきました。そのことを考える場にしたいと思っています。

Education and Academic Employment

2008-現在 カリフォルニア大学人類学部教授
1998-2008 カリフォルニア大学人類学部准教授
1992-98 カリフォルニア大学人類学部助教授
1990-92 アイオワ大学人類学部助教授
1987-90 シカゴ大学東アジア研究学部、および産業社会研究所研究員
1985-87 シカゴ大学社会科学系ポストドク、講師
1982-85 ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校人類学部講師

Research Fields of Interest

  • 歴史人類学
  • 記憶と歴史
  • ナショナリズム
  • 植民地主義
  • ポストコロニアル
  • ジェンダー
  • 国家
  • 子供

Selected Publications

1998年~2011年の間の業績

  1. (Book) Memory Maps: The State and Manchuria in Postwar Japan. Honolulu: University of Hawai’i Press (2009).
  2. (Edited Volume) Crossed Histories: Manchuria in the Age of Empire. Ann Arbor, MI: Association for Asian Studies (2005).  Translated to Japanese as Kôsaku suru rekishi: Manshû.  Tokyo: Fujiwara Shoten (2008).  (交錯する歴史:満洲、藤原書店)
  3. (Co-authored book) Rekishi to kioku [History and Memory] with Akasaka Norio and Misago Chizuru. Tokyo: Fujiwara Shoten (2008). (歴史と記憶、藤原書店)
  4. (Book) Under the Shadow of Nationalism: Politics and Poetics of Japanese Rural women. Honolulu: University of Hawai’i Press (1998).
  5. (Article) “Suffragist Women, Corrupt Officials, and Waste Control in Interwar-era Japan: Two Plays by Kaneko Shigeri,”Journal of Asian Studies 68:3:805-834 (2009).
  6. (Article) “Constructing ‘the Truth’: Japanese Anthropologists in the Making of Manchukuo.”Journal of Manchurian Studies 10:133-152 (2006).
  7. (Article) “Between Colonial Racism and Global Capitalism: Japanese Repatriates from Northeast China since 1946.” American Ethnologist 30:4:527-539 (2003).
  8. (Article) “A Road to ‘A Redeemed Mankind’: The Politics of Memory among the Former Japanese Peasant Settlers in Manchuria.” South Atlantic Quarterly 99:1:143-171 (2001).
  9. (Article) “War Responsibility and Japanese Civilian Victims of Japanese Biological Warfare in China.” Bulletin of Concerned Asian Scholars 32:3:13-22 (2000).
  10. (Article) “Knowledge, Power, and Racial Classifications: The ‘Japanese’ in Manchuria.” Journal of Asian Studies 59:2:248-76 (2000).
  11. (Book Chapter) “Is ‘Japan’ Still a Big Family? Nationality and Citizenship at the Edge of the Japanese Archipelago.” In Akiko Hashimoto and John W. Traphagan, eds. Imagined Families, Lived Families: Culture and Kinship in Contemporary Japan Albany: State University of New York Press (2009)
  12. (Book Chapter) “Overseas Japanese and Overseas Chinese in Post-Colonial East Asia.”  In Adachi Nobuko and Mark Selden (eds.), Japanese Diasporas: Unsung Pasts, Conflicting Presents, and Uncertain Futures, pp. 217-235.  New York: Routledge (2006).
  13. (Book Chapter) “Songs as Weapons: Culture and History of Komori (Nursemaids) in Modern Japan.” In Susan Mann (ed.), Women and Gender Relations: Perspectives on Asia, pp. 197-222. Ann Arbor, Michigan: Association for Asian Studies (2004).

Other Interests

歩くこと、汽車旅行(「おたく」ではないが一応「鉄道ぬりつぶしマップ」を持っている)、料理、音楽(特にクラシック、ジャズ、ラテン)、ダンス(特にバレエ)

PAGE TOP