• HOME
  • 早稲田大学TOP
  • お問合せ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • ENGLISH
Loading
  • facebook
  • twitter
  • 研究所について
  • 研究プロジェクト
  • 研究員
  • イベント情報
  • 研究成果
  • 国際研究交流
  • 採用情報

研究員 / 田原 優

田原 優

  • 博士(理学)
  • 早稲田大学高等研究所 助教

Monthly Spotlight[Monthly Spotlihgt]は研究員にスポットをあて、研究内容とそのビジョンを毎月紹介していくコンテンツです。

研究テーマ

24時間周期で振動する哺乳類の概日時計は、細胞内で時計遺伝子により構成されており、様々な生理機能に日内変動をもたらすことで生体の恒常性維持に役立っている。本研究では、物理的・精神的ストレス負荷が概日時計へ与える影響について解析する。

略歴

2008 早稲田大学 理工学部 卒業
2010 早稲田大学大学院 先進理工学部 修士課程 修了
2013 早稲田大学大学院 先進理工学部 博士(理学)取得
2011-2013 日本学術振興会 特別研究員DC2
2011-2012 UCLA 医学部精神科 派遣研究員
2013-2014  早稲田大学 助手
2014-2015 早稲田大学 助教
2015-現在 早稲田大学高等研究所 助教

研究項目

  • 時間生物学
  • 生理学
  • 薬理学

主な研究業績

  1. Ohnishi N#, Tahara Y#, Kuriki D, Haraguchi A, and Shibata S, Warm water bath stimulates phase-shifts of the peripheral circadian clocks in PER2::LUCIFERASE mouse, PLoS ONE, 9: e100272, (#These authors equally contributed this work.)
  2. Nakamura Y*, Ishimaru K*, Tahara Y*, Shibata S, Nakao A, Disruption of the Suprachiasmatic Nucleus Blunts A Time of Day-Dependent Variation in Systemic Anaphylactic Reaction in Mice, (*These authors equally contributed this work.), J Immunological Research, 2014:474217.
  3. Tahara Y, Shibata S, Circadian rhythm and food/nutrition. Mechanisms of Circadian Systems in Animals and Their Clinical Relevance, Springer, Review, 2014, 237-260.
  4. Tahara Y, Shibata S, Chrono-biology, chrono-pharmacology, and chrono-nutrition, J pharm Sci., Review, 2014, 124:320-335.
  5. Tahara Y, Shibata S, Chronobiology and Nutrition. Neuroscience, Review, 2013, 253: 78-88.
  6. Tahara Y, Kuroda H, Saito K, Nakajima Y, Kubo Y, Ohnishi N, Seo Y, Otsuka M, Fuse Y, Ohura Y, Komatsu T, Moriya Y, Okada S, Furutani N, Hirao A, Horikawa K, Kudo T, Shibata S, In Vivo Monitoring of Peripheral Circadian Clocks in the Mouse. Curr Biol, 2012, 22: 1029-1034.
  7. Tahara Y, Otsuka M, Fuse Y, Hirao A, and Shibata S, Restricted feeding elicits insulin-dependent regulation of Per2 and Rev-erba gene expression as an early step in entrainment of the liver clock, J Biol Rhythms, 2011, 26: 230-240.
  8. Tahara Y, Hirao A, Moriya T, Kudo T, Shibata S, Dorsomedial hypothalamus is not necessary for the feeding-induced entrainment of liver circadian rhythm in Per2::luc knock-in mouse. J Biol Rhythms, 2010, 25: 9-18.

所属学会

日本時間生物学会(評議員2013-)
日本薬理学会
日本生理学会
日本栄養・食糧学会
米国時間生物学会

受賞

2010 第17回日本時間生物学会優秀ポスター賞
2012, 2014 米国時間生物学会 優秀発表賞

PAGE TOP