• HOME
  • 早稲田大学TOP
  • お問合せ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • ENGLISH
Loading
  • facebook
  • twitter
  • 研究所について
  • 研究プロジェクト
  • 研究員
  • イベント情報
  • 研究成果
  • 国際研究交流
  • 採用情報

研究員 / 東島 雅昌

東島 雅昌

  • Ph.D. (政治学) ミシガン州立大学
  • 早稲田大学高等研究所 助教

Monthly Spotlight[Monthly Spotlihgt]は研究員にスポットをあて、研究内容とそのビジョンを毎月紹介していくコンテンツです。

研究テーマ

非民主制下の選挙がどのように形成され、それがどのような政治経済的帰結をもつのかについて、研究を進めています。

略歴

2009年4月-8月 早稲田大学 日本学術振興会特別研究員DC2
2009年 9月 ミシガン州立大学政治学部博士課程 (フルブライト奨学生)
2012年-2013年 世界銀行リサーチ・コンサルタント
2015年2月 ミシガン州立大学 Ph.D. (Political Science)取得
2015年4月- 早稲田大学高等研究所 助教

研究項目

  • 政治学
  • 比較政治学
  • 政治経済学
  • 開発途上国
  • 中央アジア
  • 民主化
  • 選挙

主な研究業績

  1. “Elections, Ethnic Parties, and Ethnic Identification in New Democracies: Evidence from the Baltic States.” (with Ryo Nakai) Forthcoming at Studies in Comparative International Development.

  2. “Central Bank Independence and Fiscal Policy: Incentives to Spend and Constraints on the Executive.” (with Cristina Bodea) Forthcoming at the British Journal of Political Science.

  3. “Oil and Civil Conflict Onset: Can Public Spending Have a Mitigation Effect?” (with Cristina Bodea and Raju Jan Singh) World Bank Policy Research Working Paper, WPS7100, 2014.

  4. “Protests and Turnover after Authoritarian Elections.” Forthcoming in Pippa Norris, Richard Frank, and Ferran Martinetz i Coma eds. Contentious Elections: From Ballots to Barricades. New York: Routledge, 2015.

  5. 「中央アジアの政治変動: 権威主義政治と選挙の多様性」伊東孝之監修、広瀬佳一•湯浅剛編集『平和構築へのアプローチ: ユーラシア紛争研究の最前線』301-320頁、2013年。

  6. 「権威主義体制における選挙景気循環: グローバル•データを用いた実証分析」田中愛治監修、久保慶一•河野勝編集『民主化と選挙の比較政治学: 変革期の制度形成とその帰結』41-71頁、2013年。

  7. 「新興民主主義国におけるナショナル•アイデンティティの変化: 選挙と民族政党による効果」(中井遼との共著)『アジア経済』第53巻第4号、69-93頁、2012年。

所属学会

日本政治学会
日本比較政治学会
アメリカ政治学会

受賞

2008年 早稲田大学 小野梓記念学術賞
2008年 早稲田大学政治学研究科 飯島賞
2008年 早稲田大学政治学研究科 研究科長賞
2008年 秋野豊ユーラシア基金 第10回秋野豊賞
2013年 Nominee for the Westview Press Award, the Best Graduate Student Paper Award at the 2013 Annual Meeting of the Midwest Political Science Association
2014年 The US National Science Foundation, Dissertation Improvement Grant
2014年 Electoral Integrity Project/International IDEA, the EIP/IDEA Best Graduate Student Paper Award
2015-2016年 European University Institute, Post-Doctoral Max Weber Fellowship
2015年 The 2014 Best Paper Award, Political Science Department, Michigan State University

PAGE TOP