• HOME
  • 早稲田大学TOP
  • お問合せ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • ENGLISH
Loading
  • facebook
  • twitter
  • 研究所について
  • 研究プロジェクト
  • 研究員
  • イベント情報
  • 研究成果
  • 国際研究交流
  • 採用情報

研究員 / 大槻一統

大槻一統

  • 政治学博士
  • 早稲田大学高等研究所 助教

Monthly Spotlight[Monthly Spotlihgt]は研究員にスポットをあて、研究内容とそのビジョンを毎月紹介していくコンテンツです。

研究テーマ

紛争・暴力と政治制度(political institutions)の相互作用をゲーム理論、観察データ、及び実験を用いて研究しています。具体的には、以下の相互に関連する問題を扱っています。第一に、戦争はいかに制度変化をもたらすか。第二に、紛争一般は制度変化によってどのように解決されうるか。第三に、戦後社会の「痛み」や「荒廃」を決定する兵器選択などの戦争の過程はいかに当事国・社会の政治と関連するか。戦争の「一般的な原因」にフォーカスしてきた戦争の理論的研究に新しい道筋を与えることができればと考えています。

略歴

2007年 学士号(政治学)ニューヨーク大学
2009年 修士号(政治学)ニューヨーク大学
2014年 博士号(政治学)ニューヨーク大学
2014年 - 2016年 ポストドクトラルフェロー(研究・教育) カーネギーメロン大学
2016年4月- 助教 早稲田大学高等研究所

研究項目

  • 戦争と戦後社会
  • 民主主義
  • 兵器の選択と使用

主な研究業績

  • “Buying the Best Deal: Foreign Aid Allocation and the Types of Policy Concessions.”International Relations of the Asia-Pacific, (first published online) August, 2015.

  • プロフィール(趣味など)

    野球観戦
    釣り
    トレッキング
    料理

    所属学会

    アメリカ政治学会
    International Studies Association、Peace Science Society

    受賞

    2007 Highest Honors and Best Thesis Award, ニューヨーク大学政治学部

    PAGE TOP