• HOME
  • 早稲田大学TOP
  • お問合せ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • ENGLISH
Loading
  • facebook
  • twitter
  • 研究所について
  • 研究プロジェクト
  • 研究員
  • イベント情報
  • 研究成果
  • 国際研究交流
  • 採用情報

高等研究所セミナーシリーズ【研究エリア〈新しい世界史像の可能性〉】
ギュルテキン・ユルドゥズ氏講演会と国際シンポジウム(7月23日、24日)


ギュルテキン・ユルドゥズ氏講演会
「無名の兵士:近代トルコ(1792~1918)における軍事的エトスと市民権の形成」

※ギュルテキン・ユルドゥズ氏の来日がキャンセルとなったために、内容に変更が生じました。
日 時 2016年7月23日(土)14:00~17:30
会 場 早稲田大学小野記念講堂新規ウィンドウが開きます
趣旨 トルコのイスタンブール大学文学部歴史学科准教授で、トルコ近代史、特に軍事史を研究しているギュルテキン・ユルドゥズ氏を招聘し、近代転換期において、オスマン帝国下においてみられた軍事的エトスが、徴兵制導入と共にどのように変容するのか、市民であることは徴兵との関連でどのように意識されていくのか、講演していただく。
トルコのイスタンブル大学文学部歴史学科准教授で、トルコ近代史、特に軍事史を研究されているギュルテキン・ユルドゥズ氏を招聘し、近代転換期における軍事的エトスの変容と市民・国民の形成に関する講演会と国際シンポジウムを開催する予定でしたが、ユルドゥズ氏が来日不可能となりました。これは、トルコの軍事クーデター未遂にともない、公務員の出国が認められないだけでなく、数万人の公務員が免許剥奪・解雇され、非常事態宣言が出されている状況によるものです。 そこで、タイムスケジュールを以下のように変更させていただきます。どうかご了承下さい。
プログラム
14:00
開会の挨拶 谷口 眞子 (早稲田大学/日本近世史)
14:20
小松 香織 (早稲田大学/トルコ近代史)「トルコの基礎知識レクチャー」
14:40
ギュルテキン・ユルドゥズ講演
「無名の兵士:近代トルコ(1792~1918)における軍事的エトスと市民権の形成」内容説明(小松香織)
15:20
コメント 小原 淳(和歌山大学/ドイツ近代史)
「オスマン帝国の軍制改革と近代化への問い―ドイツ史の視点から」
15:50
休 憩
16:10
パネルディスカッション (吉澤誠一郎、小松香織、長谷部圭彦(早稲田大学)、小原淳、西願広望、鈴木直志(中央大学))
17:30
閉会
*司会: 吉澤誠一郎(東京大学/中国近代史)
講演者プロフィール*ギュルテキン・ユルドゥズ(イスタンブール大学准教授)
1973年、イスタンブール生まれ。2008年、マルマラ大学トルコ学研究科トルコ史学系近代史学科博士課程修了。2010年~2013年、イスタンブール大学文学部歴史学科助教。2013年より、同大学准教授。 主要著書:『無名の戦士:徴兵制への移行期におけるオスマン国家の政策、軍隊、社会(1826年~1839年)』(2009年) 『刑務所:オスマン帝国における刑務所設立の試み(1839年~1908年)』(2012年)

*小原淳(和歌山大学/ドイツ近代史)
使用言語 日本語・英語 (通訳付き)
主 催 科研基盤(B)「軍事史的観点からみた18~19世紀における名誉・忠誠・愛国心の比較研究」主催、
高等研究所・早稲田大学イスラーム地域研究機構との共催
その他 講演会後、レセプションがあります。

国際シンポジウム 「軍事的エトスの近代史」

日 時 2016年7月24日(日)14:00~18:00
会 場 早稲田大学小野記念講堂新規ウィンドウが開きます
趣旨 「長い19世紀」という時期において、ユーラシア大陸の西にあるトルコ、中央にあるロシア、そして東にある日本で、前近代国家のもとに共有されていた軍人の軍事的エトスが、どのように転換していくのかを、イスタンブール大学文学部歴史学科准教授で、トルコ近代史、特に軍事史を研究しているギュルテキン・ユルドゥズ氏の報告、佛教大学で日本近代史、とくに軍事史を研究している原田敬一氏、東京大学でロシア近代史を研究している池田嘉郎氏とともに比較史的に論じる。
プログラム
14:00
開会の挨拶 谷口 眞子(早稲田大学/日本近世史)
14:20
原田 敬一 (佛教大学/日本近代史)報告
「「武士道」はなぜ生き残ったのか」
14:50
池田 嘉郎 (東京大学/ロシア近現代史)報告
「ロシア革命は兵士を市民にしたのか」
15:20
小松 香織 (早稲田大学/トルコ近現代史)
「トルコの基礎知識レクチャー」
15:40
ギュルテキン・ユルドゥズ(イスタンブール大学准教授/トルコ近代史)報告
「ラスト・イェニチェリ:近代戦争期におけるオスマン/トルコの軍事的エトスの転換(1826-1927)」
16:10
休憩
16:30
パネルディスカッション (丸畠宏太、小松香織、長谷部圭彦、原田敬一、池田嘉郎)
18:00
閉会
*司会: 丸畠宏太(敬和学園大学教授)
使用言語 日本語・英語 (通訳付き)
主 催 科研基盤(B)「軍事史的観点からみた18~19世紀における名誉・忠誠・愛国心の比較研究」主催、
高等研究所・早稲田大学イスラーム地域研究機構との共催
その他 講演会後、レセプションがあります。

PAGE TOP