• HOME
  • 早稲田大学TOP
  • お問合せ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • ENGLISH
Loading
  • facebook
  • twitter
  • 研究所について
  • 研究プロジェクト
  • 研究員
  • イベント情報
  • 研究成果
  • 国際研究交流
  • 採用情報

高等研究所セミナーシリーズ【政治・経済・法の計量分析】
Waseda Organizational and Financial Economics Seminar
"Political Connections and Financial Stability"

講演者
Speaker

淺井 顕太郎 氏
(Ph.D. student, Department of Economics, University of Chicago, U.S.A.)


講演者プロフィール:

University of ChicagoにてB.A.、M.A.およびPh.D. degreeを修了。 また、Ph.D. degree前にGoldman Sachsにてストラテジストとして勤務。 2016年7月よりAustralian National Universityに勤務予定。


研究分野・主な関心領域:
microeconomics, corporate finance, banking, behavioral finance, political economy

日 時
Date & Time
2016年6月20日(月) 13:00~14:30 / Monday, June 20, 2016, 13:00-14:30
会 場
Venue
早稲田大学 早稲田キャンパス11号館11階 1111号室 PDFファイルを開きます
主 旨
Outline
Political connections distort ex-ante bank risk-taking incentives, but reduce bank stakeholders' beliefs about default as an equilibrium-selection device under the presence of government bailouts. Using a data set of U.S. banks, I verify the role of lobbying as a financial safety net and quantify the relative magnitude of the two channels. Using event-study approach, I reveal lobbying banks experienced greater reductions in credit default swap spreads than non-lobbying peers after bailout announcements in 2008. Using structural analysis, I find the equilibrium-selection channel has been dominant since 2008. These results suggest political connections reduce banks' risks ex post.
プログラム
Schedule
13:00
開会の挨拶(蟻川靖浩 早稲田大学商学学術院 准教授)
13:05
講演
14:05
質疑応答
14:25
閉会の挨拶(蟻川靖浩)
対 象
Prospected Audience
学部生・大学院生・研究者・教職員 等
主 催
Organizer
早稲田大学産業経営研究所
早稲田大学高等研究所
申込み
Registration
事前申し込み不要です。直接会場にお越しください。

PAGE TOP