• HOME
  • 早稲田大学TOP
  • お問合せ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • ENGLISH
Loading
  • facebook
  • twitter
  • 研究所について
  • 研究プロジェクト
  • 研究員
  • イベント情報
  • 研究成果
  • 国際研究交流
  • 採用情報

高等研究所セミナーシリーズ【研究エリア〈新しい世界史像の可能性〉】
~中近世キリスト教世界の多元性とグローバル・ヒストリーへの視角⑰~
 「13世紀の教皇権と西欧世界」


講演者 小林亜沙美(レーゲンスブルク大学講師)
成川岳大(埼玉大学・立教大学非常勤講師)
纓田宗紀(東京大学大学院博士課程)
大塚将太郎(早稲田大学大学院修士課程)
司会:甚野尚志(早稲田大学文学学術院教授)
日 時 2016年3月12日(土)14:00~18:00
会 場 早稲田大学戸山キャンパス39号館 5階第五会議室新規ウィンドウが開きます
主 旨 教皇権が中世西ヨーロッパ世界で絶頂に達した時代としてしばしば13世紀は形容されるが、その具体的な権力の媒体、言い換えるならば、ヨーロッパの「辺境」と具体的にどのような経路、手法で交渉を行い、その権威が受容されていたのかについて、これまで日本国内ではほとんど注目されてこなかった。 本シンポジウムでは、教皇文書の専門家、そして主として北ヨーロッパ教会史を研究対象とする若手研究者4本の報告から、この問題に光を当てる。
プログラム  
14:00
開会・趣旨説明 甚野尚志(早稲田大学文学学術院教授)
14:10
報告(1) 小林亜沙美
「教皇文書の伝承―公式登録簿、原書、謄本文書、公証人登録簿の比較」
14:50
報告(2) 成川岳大
「13世紀北欧人と教皇庁、十字軍―十字軍税徴収を中心に」
15:30
(休憩)
15:40
報告(3) 纓田宗紀
「13世紀における教皇庁とルンド大司教座の関係」
16:20
報告(4) 大塚将太郎
「グレゴリウス10世期における教皇庁とルドルフ・フォン・ハプスブルクの関係 ―ドイツ王承認と皇帝戴冠問題を中心に―」
17:00
質疑応答
18:00
閉会
主 催

早稲田大学高等研究所

共 催
早稲田大学総合人文科学研究センター:研究部門「ヨーロッパ基層文化の学際的研究」
申込み 事前のお申込みは不要です。直接会場にお越しください。
ポスター こちらをご参照くださいPDFファイルを開きます

PAGE TOP