• HOME
  • 早稲田大学TOP
  • お問合せ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • ENGLISH
Loading
  • facebook
  • twitter
  • 研究所について
  • 研究プロジェクト
  • 研究員
  • イベント情報
  • 研究成果
  • 国際研究交流
  • 採用情報

高等研究所セミナーシリーズ【政治・経済・法の計量分析】
Waseda Organizational and Financial Economics Seminar
Name Complexity, Cognitive Fluency, and Asset Prices

講演者 Ning Zhu氏
(Professor, Shanghai Advanced Institute of Finance, Shanghai Jiao Tong University, China)
講演者のプロフィールはこちらPDFファイルを開きます
日 時 2015年4月13日(月) 13:00~14:30
会 場 早稲田大学 早稲田キャンパス11号館11階 1110号室PDFファイルを開きます
主 旨

中国株式のティッカー(会社略称)の複雑性に関して、以下の3つの興味深い現象が確認された。
より複雑なティッカーを持つ会社は、(1)株主数が少なく (2)取引量が少なく (3)IPO後のパフォーマンスが低い傾向があることが分かった。
ティッカー変更前後のイベントスタディーでも、これと整合的な結果が得られた。
個人投資家による持ち株比率が大きく、情報の非対称性が強い企業で、これらの警告が強く観察された。

これらの発見は、Green and James(2013)の結果を確認するとともに拡張したものであり、名称認知の容易さや認知の度合が投資家行動と資産価格に影響を与えることを支持するものである。
プログラム
13:00
開会の挨拶(宮島英昭)
13:05
講演
14:05
質疑応答
14:25
閉会の挨拶(宮島英昭)
対 象 学部生・大学院生・研究者・教職員 等
主 催 早稲田大学産業経営研究所
早稲田大学高等研究所
申込み 事前申し込み不要です。直接会場にお越しください。

PAGE TOP