早稲田-ナンヤン ダブルMBA

日本の早稲田から、世界のWASEDAへ

早稲田大学

1882年、日本近代化の父として尊敬され日本の首相も務めた大隈重信によって創立された早稲田大学は、社会科学、自然科学、人文科学、工学などのあらゆる領域を網羅した総合大学へと発展しています。25の大学院、13の学部、研究所があり、9つのキャンパスで約6万人の学生が学んでいます。60万人を超える早稲田大学卒業生は世界中の様々な業界で主導的役割を果たしています。卒業生の中には、優れた企業家として日本の実業界の躍進に寄与した人物や、世界的に有名な企業の創業者、国内のリーディングカンパニーの経営トップも多く含まれています。

自分を成長させて「何か」をしたいという志を持つ人に応えるWBS

早稲田大学ビジネススクール

学生数、常勤教員数とともに日本最大規模を誇る早稲田大学ビジネススクール(WBS)は、多様性に富んだ学びの環境や、規模を活かしたビジネスネットワークの実現を可能にしている国内屈指のビジネススクールです。「実務とアカデミズムの融合」が大きな特徴で、研究者としての実績を持つ教員、ビジネスの第一線で実務経験豊かな教員、実務とアカデミックの両方のバックグランドを兼ね備えた教員など、多様性に富んだ人材がそれぞれの強みを活かして講義を展開します。このように「実践知」を標榜し、今やグローバルスタンダードである「ビジネス+ファイナンス」というバランスのとれたカリキュラム展開は実業界・学界からも高い評価を受けています。

このページのトップへ