早稲田-ナンヤン ダブルMBA

アジアトップ校のナンヤン理工大学で学ぶ

シンガポール国立南洋(ナンヤン)理工大学

アジア屈指の大学としての地位を確立しているシンガポール国立ナンヤン理工大学(Nanyang Technological Univercity:NTU)には世界中から精鋭の研究者が集まっています。卒業生は、アジアやその他の地域における学問、社会、経済の発展に影響を与えています。NTUは、専門性の高い職業、産業、ビジネスのトップに立つリーダーの育成と、ビジネス、技術、コミュニケーション、教育、生命科学の分野における研究開発の促進を使命としています。

ナンヤンビジネススクール(NBS)

世界水準を誇りアジアでトップクラスのビジネススクールに選ばれているNTUのナンヤンビジネススクール(NBS)は、優れた教育、革新的なカリキュラムと質の高い研究に取り組んでいます。NBSは、アジアでは3番目にEQUISとAACSB*の両方から認証を受けたビジネススクールです。 アジアやその他の地域のビジネスリーダーを育成するという使命を達成するため、NBSは、人材と物理的なインフラストラクチャーを投入して世界クラスの学習環境を作り上げています。世界のトップクラスの大学との提携を通じて、学生が国際的な場に触れることのできる有益な機会が提供されています。150名の専任教授陣は、会計、財政、IT、マーケティング、経営の分野で、研究面においても実践面においても、その第一線で活躍しています。また、卒業生はシンガポールやアジアの産業界や政府で重要な地位を占めています。

*MBA教育の水準を認定している認証機関
 EQUIS (European Quality Improvement System)
 AACSB (Association to Advance Collegiate Schools of Business)

シンガポール

活発な経済と文化的多様性を備えたシンガポールは、アジアの中心に位置する戦略的立地条件と世界クラスのインフラストラクチャーにより、理想的な学習や生活の場であるといえます。

MBA世界トップ100(Financial Times 2017) ナンヤンビジネススクール 24位
国別国際競争力ランキング シンガポール 2位 WFF(世界経済フォーラム)2016-2017年

このページのトップへ