早稲田大学所沢総合事務センター連絡Webページ

学生生活

学籍

学籍についての情報を掲載しております。

お知らせ

各種届出について

学籍状態や住所および保証人等の異動があった場合には、必ずその事項についての願または届を提出しなければなりません。以下その手続き要領に従って、用紙を提出してください。

学部事務所への提出書類

種別 用紙名 添付書類
留学 留学願 留学先機関が発行する入学許可証または受入書
海外旅行保険申込書 諸手続きが完了しているもの
休学 休学願 病気で休学する場合は診断書
復学 復学願 病気で休学した場合は診断書(修学可能を証明するもの)
退学 退学願 学生証
  • 日本学生支援機構奨学金受給者は、異動願も合わせて提出すること。
  • 各願提出後、学生担当教務主任あるいは副主任と面接し、教授会の承認を得ることとする。
種別 用紙名 添付書類
住所変更(本人) MyWasedaより申請
住所変更(保証人)
  • 学生情報変更届
  • 改姓(名)届
  • 保証人等変更届
改姓(名) 戸籍抄本
学費支払者変更
保証人等変更

諸願・諸届提出についての注意

留学願

留学(交換等・私費)を検討中の学生は、『留学の手引き』を参照してください。また、留学センター主催の『留学フェア』に参加することをお奨めします。なお、単位認定や復学後の科目登録、在学年数等学部における運用についての詳細は所沢総合事務センターに問い合わせてください。2008年度より『海外旅行保険』の加入が義務付けられました。詳細については「留学について」を参照してください。

休学願

病気その他の正当な理由により、引き続いて2ヶ月以上授業(試験を含む)に出席することができない学生は、学部所定の手続きを経て休学することができます。休学中でも授業料は指定された期日までに納入しなければなりません。なお、詳細については「休学について」を参照してください。

復学願

留学・休学は復学が前提であるので、必ず学部手続きを経て復学許可を得なければなりません。なお、復学は前期の始め(4月1日)および後期の始め(9月21日)に限られています。復学時期が近づきましたら、本人および保証人に復学についての文書を所沢総合事務センターより送付します(本人にはメール、保証人には郵送で案内)。

退学願

学年の中途で退学する場合でも、その期の学費を納めなければなりません。納入していない場合は、退学扱いとはせず抹籍扱いとなります。

その他
再入学

正当な理由で退学、あるいは学費未納による抹籍(措置退学)になった者が、再入学を願い出た場合、選考の上成業の見込みがあると判断された場合に限り再入学が許可されることがあります。再入学を希望する者は、再入学を希望する年度の前年12月までにお早目にご連絡ください。

◎再入学の許可期限

再入学が認められる期限は、退学した年度の翌年度から起算して以下の定める期間です。

  • 学部 …… 7年
  • 大学院修士課程 …… 4年
  • 大学院専門職学位課程(法科大学院を除く) …… 4年
  • 大学院博士後期課程および法科大学院 …… 5年

※注意※

  • 退学した日の属する学期の翌学期に再入学することはできません。
  • 再入学を許可された場合、既修の科目の全部または一部を再び履修する場合があります。
  • 再入学は一度限りとします。
学費延納願

所定の期日までに必要な学費を納入できない場合は、早めに所沢総合事務センターに「学費延納願」を届け出てください。その際必ず支払い可能日を記載してください。詳細については所沢総合事務センター連絡webページ>学生生活>学費と抹籍についてを参照してください。

学生証交付願

学生証の紛失等で再発行が必要になった場合は、「縦4cm×横3cm枠なし」の「証明書用カラー写真(背景無色、上半身で正面向きのもの)」を1枚、発行手数料2,000円をご用意の上、所沢総合事務センターにて再発行手続きを行ってください。申請してからお渡しまで数日かかりますので、時間に余裕を持って申請をするようにしてください。

学費払込(引落)口座の変更

学費引落口座を変更する必要が生じた場合は、次のとおり手続きを行ってください。

  1. 所沢総合事務センターにて「預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書」を入手してください。
  2. 必要事項を記入の上、振替を依頼する口座の金融機関の窓口にて手続きを行ってください。
  3. 金融機関より「大学提出用」を返却されますので、金融機関の受付印が押してあるかを確認の上、所沢総合事務センター窓口までお持ちください。
    • ゆうちょ銀行の口座を新規登録する場合は、所沢総合事務センターへの提出物はありません(銀行から直接大学に提出されます)。

休学について

病気その他の正当な理由により、引き続いて2ヶ月以上授業(試験を含む)に出席することができない場合、所定の期日までに「半期休学」を申請することができます。申請後、教授会での審議の結果、許可された場合は「休学」となります。

休学は半期ごとの申請になりますが、当該学期末に所定の手続きを行うことにより、引き続き休学が許可されることもあります。

ただし、休学の期間は通算して標準修業年限を超えることはできません。

標準修業年限
学部 4年
大学院修士課程 2年
大学院修士1年制コース 1年
大学院博士後期課程 3年
休学を申請することのできる理由
  • 疾病(医師の診断書が必要)
  • 海外留学(受入先の入学許可証が必要※民間の語学教育機関など)、ワーキングホリデー
  • 経済的事情
  • その他(勤務上の都合、就職活動等)
休学を申請することのできない理由
  • 他大学・他学部再受験
  • 資格試験受験
  • 理由が不明確なもの

休学の申請と学費について

春学期(4月1日〜9月20日)
種別 申請年月日
〜4月30日 5月1日〜31日 6月1日
在学生 減免措置あり 全額徴収 休学申請不可
新入生 全額徴収(手続料として納入済)
秋学期(9月21日〜3月31日)
種別 申請年月日
〜10月31日 11月1日〜11月30日 12月1日〜
在学生 減免措置あり 全額徴収 休学申請不可
新入生
  • 学費減免措置等については、事務センターで配布する資料にて確認してください。

留学について

留学の種類

留学には大きく分けて、交換留学・TSA・ISA・ダブルディグリーなど「早稲田大学が提供している留学」と「私費留学」があります。

早稲田大学が提供している留学(交換留学・TSA・ISA・ダブルディグリーなど)

事前登録から始まり、TOEFLなどのスコアのほかに留学センターが行う選考試験に合格する必要があります。事前登録は、出発の約1年前から行われますので、情報収集はもちろん、きちんと計画を立てておくようにしましょう。詳しくは留学センター作成の『留学の手引き』や留学センターのホームページで確認してください。なお、留学センターの選考試験に合格しても学部の手続きが終了したことになりません。留学の申請方法に従い手続きを行ってください。

私費留学

上記以外の方法で留学する場合を指します。海外の大学またはこれに相当する高等教育機関、海外の大学付属の語学研修機関に1学年または1学期相当期間在学し、教育を受けるものに限ります。申請には、受け入れ先の「入学許可証」が必要になります。次の留学期間に満たない場合や、海外の民間語学学校に留学する場合は、休学の扱いになります。

留学期間の考え方
半期留学の学期相当期間 4ヶ月(継続の場合は1年)
1年間の留学期間 39週以上

留学の期間

留学には「留学(半期)」と「留学(1年間)」とがあります。受け入れ先の在学期間に関係なく学籍上の留学期間は以下のとおりとなります。

留学(半期) 春学期のみ:4月1日~9月20日
秋学期のみ:9月21日~3月31日
留学(1年間) 春学期出発:4月1日~3月31日
秋学期出発:9月21日~9月20日

留学の申請

留学の種類に関係なく、以下の手続きが必要です。

1.届出用紙の入手

所沢総合事務センターで次の用紙を受け取ってください。

  • 留学願
  • 海外旅行保険申込書
2.提出

「留学願」に以下の証明書などを添付し、所沢総合事務センターへ提出してください。

  • 受入許可証または入学許可証(※留学先の機関が発行する在学期間の記載があるもの。コピー可。)
  • 海外旅行保険申込書(※保険の説明・加入方法については、次項を参照。)
3.面談の実施

クラス担任に面談を依頼し、留学願の所定欄に署名捺印を取得してください。

4.許可通知

上記1~3終了後、両学術院教授会にて審議・承認された後、「留学許可通知」を本人および保証人宛に送付します。

海外旅行保険について(※申込書の提出期限は出発日の3週間前までです。)

2008年4月より、本学学生が海外で活動(留学含む)する場合、『海外旅行保険』への加入が義務付けられました。留学の種類に関係なく、手続きが済んでいないと留学が認められませんので注意してください。

  • 留学センターを通じて留学する場合は、留学センターから案内され、手続きを行います。
海外旅行保険の概要

本学は保険代理店である(株)キャンパス保険センターを通じて、東京海上日動火災保険(株)と包括契約した海外旅行保険を指定し、  留学などの参加者を加入対象としています。

  

同レベルの補償内容の保険へ個人で加入する場合と比べ、負担額が半額程度に抑えられていること、事故発生時の本学専用連絡  フローなどが確立していることが特徴です。申込書の提出期限は出発日の3週間前までとなりますのでご注意ください。

申込用紙など配付する書類

以下の3つの書類は、事務センターカウンターでお受け取りください。

  • 海外旅行保険申込書
  • 海外旅行保険手配についてのご説明 および 保険料表
  • 補償内容説明書
加入手続き~所沢総合事務センターに提出まで
  1. 指定口座に保険料(配付または上記保険料金表で確認)を振り込む
  2. 『海外旅行保険申込書』に必要事項を記入、1の振込明細書を申込書裏面に添付
  3. 留学願とあわせて所沢総合事務センターへ提出
  • 留学センターを通じて留学する場合は、留学センターから案内され、手続きを行います。
保険内容に関する問い合わせ先
取扱代理店
株式会社キャンパス保険センター
〒162-0045 新宿区馬場下町9番地 中羽ビル3階
TEL: 03-5272-3475
FAX: 03-5272-3478
土・日曜日定休 営業時間9:00~17:30
E-Mail: [email protected]
引受保険会社
東京海上日動火災保険株式会社 公務第二部公務第一課
TEL: 03-3515-4133

海外留学に関する奨学金について

早稲田大学留学センターのWebサイトに奨学金に関する情報が掲載されています。

問い合わせ先
留学センターを通して応募する奨学金
留学センター
学生が直接応募する奨学金
直接財団等へ

早稲田大学海外オフィスについて

早稲田大学には、海外にもオフィスがあります。留学中に不測の事態が起こった際の助けになりますので、海外オフィスの情報を確認しておいてください。