早稲田大学所沢総合事務センター連絡Webページ

学生生活

事務センター情報

事務センターからのお知らせ他、学生生活一般についての情報を掲載しております。

お知らせ

各種事務取扱について

  • 土曜日の取扱業務について [2010.10.11掲載]
  • 忌引きによる授業欠席等の取り扱いについて

    所定の手続を行うことで、当該科目の担当教員に配慮を願い出ることができます。ただし、欠席の扱いの最終的な判断は科目担当の先生が行うので、その点を理解の上、手続きを行ってください。定期試験の欠席に関する取扱いについては、未済試験に関するお知らせの掲示をよく確認してください。 ※添付書類…会葬礼状等

  • 学校において予防すべき感染症罹患時の取り扱いについて

    所定の手続を行うことで、特別に配慮します。ただし、欠席の扱いの最終的な判断は科目担当の先生にお任せします。定期試験の欠席に関する取扱いについては、未済試験に関するお知らせの掲示をよく確認してください。

  • 授業期間中の全学休講の取り扱いについて

    気象情報悪化、大地震発生、大規模停電発生、首都圏交通機関のストライキ等の事案に際し、全学休講とする場合があります。学生は大学の決定した授業の休講・試験の延期措置に原則として従うこととします。 ただし、授業が実施されるキャンパスまでの経路において、交通機関の乱れや弾道ミサイル発射に伴うJアラート発信などにより通学することが危険又は困難であると自信で判断し、通学を見合わせた場合は、欠席の配慮を求めることができます。 ただし、欠席の扱いの最終的な判断は担当科目の先生が行うので、その点を理解の上、手続きを行ってください。

  • 早稲田大学健康増進互助会について

    医療費の給付申請をすることが可能です。詳細は、互助会のWebサイトをご確認ください。

  • 早稲田大学学生保障制度(傷害補償)※略称:学傷補 について

    大学で認められている国内外の教育研究活動中に万が一の事故に遭い、ケガをしてしまった際に皆さんが利用できる制度です。内容については「2011年5月12月発行の早稲田ウィークリー」掲載の特集記事をご確認ください。

  • 就職指導室の開室時間について

    キャリアセンターWebサイトをご確認ください。

学生基本情報の変更について

学生の住所や、暗証番号、口座番号などの情報変更は、Mywasedaから申請することが出来ます。

事務センターでは、皆さんから届け出ていただいた情報を基に、履修に関する連絡、面談などの日程調整、落し物の連絡、奨学金情報の送付などを行っていますが、重要なお知らせがあっても連絡がつかない方がいます。住所や電話番号等に変更があった場合は、速やかに届出てください。届けられている情報が古いと連絡が途絶え、大切な情報が伝わらないことになってしまいます。情報が伝わらず不利益を被ることのないよう、情報変更申請を忘れずに行ってください。

Mywasedaから変更申請できる項目
  • 保証人や学費負担者との同居 有無(同居をやめて引っ越す場合は、必ず変更してください)
  • 住所
  • 電話番号
  • 携帯電話番号
  • 暗証番号(証明書発行機利用の際に必要)
  • 本人名義口座(大学からの振込等に利用する口座)
  • 学費引落口座情報や保証人・学費負担者情報の変更申請は、Mywaseda上で行えません。変更の際は、事務センターまでお越しください。
Mywasedaから申請の方法
  1. Mywasedaにログイン
  2. 「ホーム」の左メニューの「個人情報照会・変更」-「学生基本情報変更」をクリック
  3. 変更したい事項を入力・修正し、「更新」
  4. 申請データの確認、承認(否認)を登録(所沢総合事務センターにて)
  5. 結果通知メールを確認
  6. 学生証裏面シールの受取(住所変更の場合)

基本的には翌日に承認されますが、事務所の開室状況により日数がかかる場合があります。

利用マニュアルについては、 Mywasedaログイン後画面の右側メニューから「マニュアル」のメニューをクリックし、「学生基本情報変更マニュアル.pdf」をご確認ください。

注意
保証人と同居していた住所から一人暮らしを始めて学生本人の住所のみ変更になる場合は、保証人等と同居のチェックフラグを必ずはずすようにしてください。保証人の住所も学生住所と同様に変更されてしまい、保証人宛の大切なお知らせが届かなくなるトラブルが多発しています。

お願い

携帯電話の留守電(伝言)設定をしましょう!
携帯電話の番号に連絡をしても、メッセージを残すことができず、連絡がつかなくなってしまう場合があります。メッセージを残す設定ができる場合は、必ず設定をしてください。また、メッセージを確認したら、折り返しご連絡ください。
メールの削除をしましょう!
Waseda-netメールには使用容量があります。容量を超えている場合、大切なお知らせメールが届かないことになります。不要なメールは転送・削除等行って、容量を超えないようにしてください。
ローマ字氏名の確認をしてください!
英文の証明書を発行する際には、ローマ字氏名として登録されている氏名が表示されます。パスポートと同じ表記になっているか、一度確認してください。特に卒業後の変更は時間がかかってしまうので、在学中に必ず確認するようにしてください。

留学生へのお知らせ

大学では、在学する私費外国人留学生のために、「学会・ゼミ旅行参加費補助金」の経費補助を行っています。

早稲田大学での生活や在留資格等の情報は、留学センターWebサイトを参考にしてください。

所沢キャンパス以外への通学区間証明について

定期券

所沢キャンパス所属の学生が早稲田キャンパスや東伏見キャンパスへ通学する場合は、通常の通学区間とみなされないため、通学定期券は購入できません。ただし、西武鉄道および東京メトロのご好意により、下記の区間については大学の証明があれば通学定期が購入できますので、所沢キャンパス以外の授業を履修している者のうち、通学定期券の購入を希望する者は購入要領に従って手続きを行なってください。
※申請期間等、最新の情報は“お知らせ”をご確認ください。


所沢キャンパス以外への通学区間証明願(両面印刷すること)

なお、通学定期券を利用せずに授業目的で早稲田キャンパスや東伏見キャンパスへ通学する場合は、生協で計数券(往復乗車券)を販売していますので、ご利用ください。

鉄道会社の取り扱いにより、サークル・アルバイト等、授業履修以外の目的で通学定期券の利用はできません。部活動が目的の場合は、早目に所属各部の主務に申し出るようにしてください(主務・競技スポーツセンターを通して鉄道会社に申請を行うので、許可が下りるまで時間がかかります)。

通学定期券が購入できる区間(通常の通学区間以外)
  • (a)小手指-高田馬場あるいは東伏見(西武新宿線利用)
  • (b)小手指-高田馬場あるいは東伏見(池袋経由:西武池袋線、JR山手線利用)
  • (c)高田馬場-早稲田(東京メトロ・東西線)
  • (a),(b)はいずれか一方のみ。
  • 池袋経由の購入は自宅から池袋経由が最短経路になる場合のみ購入が可能になります。購入が可能かは各自西武鉄道に相談ください。
購入要領
  • 記入済みの「所沢キャンパス以外への通学区間証明願」と、「履修申請画面の写し」および「学生証」を所沢総合事務センターに提出する。
  • 学生証の裏面シール(当該年度のもの)に通学区間を証明するスタンプと承認印を受ける。
  • 小手指-高田馬場あるいは東伏見間の定期券は所沢駅または高田馬場駅の西武鉄道定期券売場で購入する。これ以外の駅では発行できないので注意すること。なお、池袋経由(上記「b」)の場合は、駅の定期券購入申込書には必ず池袋経由と記入する。
  • 高田馬場-早稲田間の東京メトロの定期券は東京メトロの定期券売り場で購入する。(どの駅の定期券売り場でも可)
運賃(西武鉄道)

普通乗車券・定期乗車券は西武鉄道のWebサイトに掲載されていますので、ご参照ください。

計数券(割引乗車券)

生協所沢店にて、東伏見-高田馬場間の計数券の購入が可能です。従来の計数券とあわせてご利用ください。利用は、授業目的に限ります。

計数券の種類
  • 小手指-高田馬場(所沢経由) 往復 450円
  • 小手指-東伏見(所沢経由) 往復 330円
  • 東伏見-高田馬場 往復 290円
  • いずれも往復(2枚セット)での販売

他大学提供科目履修者の定期券購入について

他大学提供科目を履修するため、早稲田大学のキャンパス以外に通学する場合は、通常の通学区間とみなされません。通常の「通学定期券」ではなく、「実習用通学定期乗車券」を必要に応じて購入することになります。購入にあたっては、必ず、以下の手順に従って購入してください。

  • 他大学提供科目とは、f-Campus、東京女子医科大学、武蔵野美術大学、東京家政大学、京都地域大学・短期大学の協定大学を指します。
  1. 学生本人が所沢総合事務センター(以下、事務センター)に申請する。

    申請書類

    1.の学生本人からの申請を受けて、事務センターが、実習区間を管轄する鉄道会社に一括申請を行い、承認を受ける。

  2. 事務センターより、承認の連絡を受けたら、「通学証明書」(事務センター発行)を事務センターで受け取り、実習区間内定期券発売駅で、「通学証明書」を提出し、「実習用通学定期乗車券」を購入する。

    注意
    • 事務センターから、実習区間を管轄する鉄道会社に一括申請し、承認を得るまで約2週間かかりますので、余裕を持って 申請するよう注意してください。
    • 申請は本人が行うことが原則ですが、やむを得ず人に頼む場合は、必ず次の書類を揃えて申請してください。

      • 「委任状」
      • 申請する本人の「学生証」のコピー
      • 依頼する方の身分証明書(学生証・免許証・保険証など)
      • 登録結果通知書
      • 実習用通学証明書交付願(事務センター所定用紙)
       

      「委任状」 については、「手続きの委任について」をご参照ください。

手続きの委任について

所沢総合事務センターで行う各種手続において、やむを得ず本人が手続を行うことが出来ない場合には、委任状によって指定された代理人による手続が認められる場合があります。 ここでは、その手続方法について記載します。

手続きの方法

代理人は下記のものを持参し、本人の代理として手続を行います。なお、委任状、学生証のコピーは手続時に回収します。

  • 委任状
  • 学生証のコピー
    • 学生証は学生本人が常に携帯するものです。学生証の現物を代理人に託さないでください。
  • 代理人自身の身分証明書

委任状について

委任状は下記の項目を記載する必要があります。

本人記載項目
  • 委任状作成日
  • 学籍番号・氏名
  • 署名・捺印
  • 依頼内容
  • 代理人氏名
  • 依頼の理由
代理人記載項目
  • 学籍番号(早大生の場合のみ)
  • 氏名
  • 連絡先電話番号
  • 委任者との関係
委任状フォーマット

このフォーマットを用いて学生証のコピーを委任状に載せた場合には、別紙の学生証コピーを用意する必要はありません。

注意事項
  • 代理人は全ての手続に認められるわけではありません。その都度、ご自身でご確認ください。
  • 委任書類に不備がある場合には、代理手続は一切できません。
  • 委任状、学生証のコピーは手続時に回収しますので、複数の手続を依頼する場合には、手続回数分の委任書類を用意してください。
  • 後ろに手続を待っている人がいる状況で、一人で複数人分の手続を行う場合には、一人分の手続が終了後、再度並びなおす必要があります。
  • 学位記の受取を委任する場合は、委任状とともに委任者の学生証(コピー不可)が必要です(学位記と交換になります)。

所沢キャンパス構内における学生掲示等規則

この規則は学生が所沢キャンパス構内で掲示等をする際の基本的ルールであり、本学の学生すべてに適用される。

  • 掲示等の承認・期限・禁止事項
    • 掲示物は、所沢総合事務センターの承認を必要とする。
    • 掲示期間は、原則として最長2ヶ月とする。
    • 掲示内容が、虚偽の宣伝、営利を目的とした広告、他者のプライバシーの侵害や名誉毀損にあたるものは許可しない。
    • 立看板類の掲出は、禁止とする。
    • ビラ配布、教室・食堂・廊下の机上等へのビラ置き、ビラまきの禁止。(教室や食堂の机上へのビラまきは、運営上支障があるため禁止。)
  • 掲示物の大きさ・ 枚数・記載事項
    • 掲示物の大きさは、最大A2サイズとする。
    • 掲示許可枚数は、A2サイズは合計3枚まで、A3以下のサイズは合計5枚までとする。また、1掲示板につき、1団体あたり1枚までとする。
    • 掲示物には、大学公認団体の場合は団体名(サークル名(サークルは 公認サークルのみ可))を、それ以外の本学の団体の場合は、団体名、責任者名、所属、学年を記載する。
  • 掲示の場所・方法
    • 掲示は、掲示板等指定された場所に限定する。
    • 掲示は、画鋲を使用すること。(容易に撤去できるものを使用し、ホッチキス・接着テープ(セロテープ、ガムテープ)類等撤去する際に掲示板等を傷めるおそれのあるものは禁止する。)
  • 掲示物の撤去 ・ペナルティー
    • ホッチキス・粘着テープ類等を使用した場合には、撤去する。
    • 掲示期限が過ぎた掲示物、不要になった掲示物は、掲示責任者自身が撤去する。
    • 期限終了後も長期間放置されている掲示物等は、団体名を記録の上、撤去する。
    • 指定以外の場所(特に建物の壁面・出入口、窓ガラス)に掲示した場合には、撤去する。
    • 規則に反した掲示物は、予告なく撤去する。違反があった、当該団体は、以後、掲示ならびにビラの配布を許可しないなど、ペナルティーを課す場合がある。
  • 新入生勧誘活動における掲示の特例
    • 所沢総合事務センターの承認を省くことができる。
    • 次の場所に掲示物を貼ることは禁止する。
    • 大学専用の連絡用掲示板、教室、図書館、所沢事務センター前ホール、食堂、トイレ、ガラス扉、ガラス窓、階段、 防火扉、手すり、渡り階段、天井、屋外
    • 掲示を貼る際は、メンディングテープのみを使用する。
    • ビラの配布は禁止とする。
    • 立看板は禁止とする。
    • その他詳細は、実施日近くに掲示等で告知する。
  • 所沢キャンパス祭における掲示等について
    • 所沢総合事務センターの承認を省くことができる。
    • 掲示場所は学生用掲示板のみとする。
    • 掲示期間は、原則として実施日の1ヶ月前から所沢キャンパス祭終了時までとする。
    • 立看板は、所沢キャンパス祭実行委員会が開催についての広報用に製作する3枚以内のみ設置可能とする。
    • その他詳細は、実施日近く掲示等で告知する。

東伏見共通事務所における受付業務について

東伏見共通事務所(79号館2階)における取り扱い業務については、下記をご参照ください。対応出来ない業務もありますので、ご不明な点等は事前に東伏見共通事務所へお問い合わせください。

東伏見共通事務所における受付業務について(PDF)