先輩! 留学する前どうだった? 行ってみたらどうだった?

留学した先輩にアンケート調査!

実際に早稲田大学から留学した先輩たちに、留学前に考えていたことや、思い切って飛び込んでみたら得られたものなど留学before&afterについて学生留学アドバイザーのみなさんに質問してみました!

(回答数:57)

イメージ

あなたが留学してみたいと考え始めたのはいつごろですか?

close
open


イメージ イメージ

なんと中学生のころという人が32%! 早いうちから夢に向かって頑張ってきた人が多いですね。次いで、大学受験を控えた高3が多いですが、国際教養学部志望だと、とくに受験時に留学についても考える必要が出てきます。一方、大学に入学してからという人も14%。思い立ったら吉日、入学してから決めても間に合います! 決めたその日からがんばりましょう。

ページトップへ

留学したいと思ったきっかけはなんでしたか?

close
open

  • ・英語が好きだったから。また、異なる背景を持った人と交流したいと考えたから。
  • ・子供から見た海外と大学生の視点から見た海外は違うと思ったから。
  • ・高校生で短期ホームステイをして、より長く海外で勉強してみたいと思ったので。
  • ・友達が海外に引っ越したことで、外国に住んでみたいと思った。
  • ・スポーツビジネスを学びたくて。
  • ・小さいころに読んだ、ハリー・ポッターの本に夢中になった。映画が公開されたときにぜひ舞台となった地に足を運びたいと考えた。そのまま英語の勉強に力を入れていくうちに、現地で生の英語に触れたいと考えた。
  • ・大学一年生のときに入っていた寮に留学生が多くいて、国際交流の楽しさを学んだから。
  • ・海外で生活し、日本では経験できないことを体感してみたかった。
  • ・大学の貴重な時間を充実させたかったから。
  • ・テレビを見て、自分の生活と知っている範囲の世界にギャップがあると感じたため。

海外在住経験や短期留学の経験がすでにあるため、さらに海外で学びたいと考えるようになった、家族や友人の海外経験を聞て自分も体験したくなった、英語を話せるようになりたかった、海外での大学生活を体験したかったという人が多いようです。ほかにはアメリカ映画やドラマ、ハリーポッターが好きだったから、具体的に学びたいことがあった、両親に勧められて、などの回答がありました。

ページトップへ

海外の大学への進学も考えましたか?

close
open

イメージ イメージ

18%の人が海外の大学への進学も考えたとのこと。最終的に早稲田大学に進学した理由としては、まずは大学に入って語学力を付けてからと考えたこと、資金の問題や保護者の意見などのほかに、「早稲田大学に入ってから留学すれば日本と海外両方の経験ができるから」「将来日本の企業に就職したいから」「海外の大学に関する情報を事前に集めきれなかったから」というものがありました。

また、早稲田大学への進学を選んでよかったこととしては「自分と同じ留学先を希望する学生と知り合えた」「多くの留学生が在籍している早稲田大学に入学し、多様な価値観を持っている学生と交流できたことが良かった」「日本の社会や経済を理解する基礎ができた」などがあげられました。グローバルに活躍するには、自国の知識も欠かせません。早稲田大学で学ぶことで、目的意識がさらにはっきりする面もあるのかもしれませんね。

ページトップへ

早稲田大学を志望するにあたって、「留学」は志望理由にありましたか?

close
open

イメージ イメージ

中学高校から留学を考えていた人が多いだけに、「留学制度の充実した早稲田」は志望理由となったようです。

ページトップへ

留学前にぼんやりとでも目標(こうなりたい、こうなれたら素敵!)はありましたか?

close
open

【語学力とコミュニケーション力アップ】

  • ・国際社会でも、説得力のある英語を使えたらいいなと思った。プロフェッショナルな語学力を習得できたらいいなと考えていた。
  • ・絶対に英語を流暢に話せるようになりたい! 国籍関係なくたくさんの友達を作りたい! 積極性とコミュニケーション能力を身に付けたい!
  • ・英語ペラペラ。
  • ・自分の頭で考え、意見を発信できる積極的な姿勢を身につけたかった。

【違う価値観、世界に触れたい】

  • ・できるだけ多くの人と関わり、自分の見地や価値観の幅を広げること。
  • ・海外でも物怖じせずに自分の意見を伝えられるようになりたい。もっといろいろな価値観、文化背景を持っている人に出会いたい。自分から動けるような人になりたい。
  • ・海外の友人を作り、とにかく日本以外の国際情勢をもっと把握したいと思っていた。

【将来の仕事につなげたい】

  • ・将来は、世界を相手に仕事がしてみたい!
  • ・フランス語を使った仕事を将来する。
  • ・自分にとって外国語である英語を題材として、学習者の立場から日本語教育を学び、より効果的な教育者になりたかった。

【その他】

  • ・語学力に加え精神的に強くなりたい。
  • ・誰にもできない留学にする。
  • ・[番外!]外国人の恋人が欲しい。

語学力アップを目標としている人が多いのは予想できましたが、みなさん「語学力を付けて、○○できるようになりたい」と、もう一歩先の目標を見据えているのが印象的です。また、海外で学ぶことで視野を広げ、人間的に成長することや将来の活躍の場を広げることも大きな目的となっているようです。そしてもちろん(?)「外国人の恋人がほしい」も。異文化理解にはこれが一番!?

ページトップへ

留学してみたいと考え始めたころに感じていた不安と、その不安を払しょくするために行ったことは?

close
open

イメージ イメージ

多かった「不安」は上記の通り。そしてそれを払拭するために行ったこととして、語学の勉強、現地についての情報収集、奨学金申請とアルバイトで資金の調達などという回答が多く見られました。みなさん留学までの時間を有意義に使ったようです。勉強面では早稲田大学の留学準備講座や少人数制の英語プログラムも活用している様子。また、留学経験者からいろいろ話を聞いたという声も多数。体験談はやはり参考になり、不安が和らぎますね。
そのほかでは「親にインターネット通話を教えた」「気がすむまで日本の友達や家族と過ごした」のように、生活環境の激変に備えた準備も参考になります。

ページトップへ

実際に留学して、不安だった点はどうなりましたか?

close
open

イメージ イメージ

なんと、「それほど困らなかった」「最初はうまくいかなかったが好転した」で95%! もちろん事前の準備や現地での努力の成果ですが、結構「案ずるより産むがやすし」なのかもしれませんね。あんまり心配し過ぎないで!

ページトップへ

留学を終えて早稲田大学に帰ってきた先輩たち。
これからどんな方向に進みたいですか?

close
open

イメージ イメージ

海外勤務のある国内企業がトップ! 複数回答可なので割合は出ませんが、海外志向を持っている人は確実に多いといえそうですね。

ページトップへ

留学のメリット、デメリットを体験に基づいて教えてください。

close
open

【メリット】

  • 多様な人種に出会い、自分の視野を広げることができた。また知らないコミュニティーにも単身で乗り込んでいく度胸と行動力がついたと思う。
  • 代表的なものは、新たな文化や人との出会い、留学先によってはある一定分野を深く学べる、生活力(サバイバル能力)が身につく、自ら動く力が向上する、など。
  • 語学力(特にスピーキングとリスニング)が伸びる、実際にコミュニケーションが取れるようになって自信がつく、いろいろな人たちと友達になれる、海外生活ができる(旅行とはまったく違う体験)、海外の大学で学べる(日本の大学より勉強できると思う)、たくさんの思い出ができる、世界が広がる!
  • 将来の選択は複数あって、みんなと同じ時期にこだわらず、知識を深めることも可能だと思った。
  • 国際的に興味の幅が広がり、日本の外から客観的に国のことを見ることができるようになる。また多様性に富んだ外国人たちとの交流を通して、単一民族国家に近いともいえる日本ではなかなか経験することができない、多様性を受け入れるということを経験できた。
  • ありきたりだが、日本では経験できないことが経験できる。いい意味でも悪い意味でもたくさんのカルチャーショックを受けて、自分のキャパシティーが大きくなる。
  • 今しかできない経験を積める、人として成長できる。
  • 自信のなかった会話も、現地に行けば完璧でなくても通用するとわかったことは、自信につながった。英語に抵抗を持っていないことは、就活の際にひとつの強みとなった。
  • 日本で自分がどれだけ怠惰な学生生活を送っていたか思い知って、帰国後の学習のモチベーションになった
  • メリットしかありませんでした。頑張らざるを得ない状況に自分を追い込んだことで、新しい世界に踏み出す勇気を得て、どのような瞬間でも最大限を得るための努力をするような癖がつきました。また、たとえばイスラム教徒のように日本では関わりの少ない人々と友達になり、会話を交わすことで、偏見がなくなり、一つの事象をもう少し多角的な視点から見つめる大切さを学びました。
  • 早稲田の環境とは違うキャンパスライフを送ることができる。勉強面でも授業中の生徒の姿勢は真剣で、積極的に話さないと成績がもらえないシステムになっていたり、授業外でも健康のためにジムに通っている人がたくさんいるため、その習慣を自分でも身につけようと試みたり。大企業のリーダーを生み出すような大学の学生生活を垣間見ることができた。また海外から日本を浮き彫りにしてみることができた。日本にいると気づかないような点、いかに集団主義を重視しているのか、などに気づくことができた。
  • なりたい自分に近付けたこと。
  • メリットしかないと思う。学術的にも新たな視座が得られるし、文化の経験は貴重だった。常識が常識でなかった衝撃は、経験してみないと分からないだろう。
  • 語学力の上達につながること、精神面で鍛えられること。
  • 語学力は勿論、表現力が身についたこと。さまざまな国の友人ができたこと。度胸がついたこと。世界に対する視野がおおいに広くなったこと。
  • 積極性が身につく。多少の困難を乗り越えられる自信がつく。コミュニケーション能力が高まる。誰とでも交流を深めることができるようになる
  • 自分が変われるチャンス。

【デメリット】

  • 多くの場合、多額のお金がかかる。仕方のないことだが、日本の大学生活を犠牲にする(サークル、ゼミなど)。
  • 卒業が遅れる可能性がある、今まで描いていた人生プランが変わる可能性がある。
  • 慣れるまでは語学面・生活共に不安、自分で努力しないと何も改善しない、課題が多い、準備が大変。
  • 食事や大学の環境が合わないときがある。また、体調不良になっても、適切な対応を現地の病院がしてくれるとは限らない。
  • 学生生活があっという間に終わってしまうような気がすることです。
  • 語学ができないほどプログラムでお金がかかる。
  • 語学力以前に、授業内容に関する十分な予備知識を日本語で習得しないと得るものが少なくなる。
  • 現状では就職活動に支障がでる。
  • お金がかかる。3年から留学すると、単位が足りていても就活が後ろ倒しになっても、たいてい学年を延ばさざるを得ない。
  • 1年弱という期間で英語力の飛躍的上達(ペラペラ英語を話すなど)は実際難しいため、結果的に「留学=英語力上達」となるか否かは個人の問題となる。
  • ※ 諦めずに挑戦し、向上する気持ちがあるのならデメリットはない。
    就活に出遅れるとよく聞くが、それに相当するだけの実力がないことの言い訳にしか聞こえない。
    実際、自分の留学帰りの知り合いは全員現役就職できている。
  • ※デメリットは、特に感じなかった」の声多数。

【その他】

  • (メリットとデメリット)どちらもとくになし。ただ、もし留学をどうしてもしたいなら、学生のうちか妥当だと思う。特に日本で就職したいのならば。やらずに後悔するのが1番よくない。
ページトップへ

最後に、留学を考えている高校生へのメッセージ、アドバイスをもらいました。

close
open

こちらも全文掲載です。先輩たちの熱い思いを受け取ってください!

語学面だけでなく得るものが多いので、できるだけ多くの人に留学を経験してほしい。

留学はして損はないと思います。両親に借金をして将来必ず返すと約束してでも行った方がいいと思います。

少しでも考えているのなら、留学に行ってしまいましょう! 語学力というよりも、留学では人間力が上がります。自分のことを見つめ直せるチャンスでもあります。社会に出る前に、価値観を広げまくり、自分を見つめ直しまくれるのは、留学くらいしかありません!

少しでも行きたい気持ちがあるなら行ってみたほうがよい。自分の努力次第のところもあるが、絶対に損はしない。

取り敢えず1年留学しましょう!

語学面、生活面等で不安なこともたくさんあると思いますが、現地に行ってみたら意外と自分の秘めた力に驚かされると思います。留学は、辛いこともありますが、それ以上に楽しいことがたくさん待っています。そしてなにより、今までの人生で1番成長を実感できる時間になると思います。

勇気を持って1歩を踏み出してみてください。わくわくする生活が待ってますよ! 応援しています。

留学することで得られるものはたくさんあります。不安に思うこともあるかもしれませんが、恐れずに挑戦してみて下さい。応援しています!

自分の視野を広げるにうってつけの、またとない早大生ならではの特権です。不安な人はまずは休暇期間中の短期留学から挑戦してみてはいかがでしょうか。諦めずにこの機会をぜひフル活用して、自分の無限大の可能性を導き出してください。

一度日本から出て勉強する、という経験は、自分の思っている以上に学びの大きい経験です。私も入学当初は、まさか自分が留学に行くなんて思ってもみなかったですが、留学に行って本当によかったと思っています。ぜひとも、恐れずに踏み出してみてください!

早稲田は留学の情報が多く手に入る場所です。

留学は「世界を広げ、自分を変える」貴重な機会です! 出発前は不安しかなく行くのが嫌で、到着後すぐにホームシックになった私でも慣れれば現地での生活を楽しむことができ、日本では出会えないような多様な友達ができました。たくさん努力して大変なことも多かったですが、その分成長できて勿論語学力も伸ばすことができました。留学を迷っているなら、行くべきだと思います!

一度でも留学に興味を持ったら、一歩踏み出してチャレンジしてみて下さい。大学時代の4年間は、自分の好きなことができる貴重な機会です。ぜひ、頑張ってください。

留学で人生は変わります。本当です! なぜなら留学をしようと決意した瞬間、あなたは人生を変える覚悟ができているからです。そこから全てが始まります。素晴らしい体験があなたを待っていることでしょう。楽しんでください!

やはり、英語力は大切。英語力があれば自信にも繋がると思います。希望の留学先の大学や地域リサーチはよくやっていたほうが、充実した留学ができ、行くまでのモチベーションにもなります。

絶対にプラスな経験になりますし、留学があってこその自分がある気がします。ぜひ、いろいろな不安もあるかもしれないですが、今しかできないチャンスに目を向けてポジティブにチャレンジしてください!

長期の留学で経験できるもの、自分の中に蓄積できるものは、日本で生活しているだけでは中々手に入れることができないもの。これからの人生でその経験は私にとって得難いものになるはず。少しでも関心があるなら、飛び出す方が後悔はないはず。

少しでも行きたい気持ちがあるなら行くべき! でも、どんな留学にするか、何を目指すかは自分の行動次第です!!

行ってみないとわからないことは世の中にたくさんあります。留学も同じで、行くことで語学力だけでなく、自分の世界を広げさまざまなことを学び、感じることができます。少しでも興味があったらぜひ挑戦してほしいと思います。

留学に対して不安を持っているかもしれませんが、終わってみたら意外と楽だった!という印象です。なんでも行動することが大切と言うのが、留学することで得られたものだと思います。度胸もつきます、価値観や進路も変わるので、興味があるならば、ぜひ留学してみてください。

留学に踏み切るのはなかなか勇気がいることだと思いますが、とてもいい経験になると思います。留学は楽しいだけではないですし、いろいろな条件を天秤にかけながら、自分なりの決断をしてみてください。

早稲田には、日本の大学ではトップレベルの派遣先のバリエーション、支援制度があります。ぜひ、早稲田に入学した際には海外へ行って貴重な経験をしてください。

日本にいて学べることはいつでも学べるけど、海外で学べることは、時間のある今しか学べないです。貴重な時間、有効に使って下さい。

留学をしなかったことを後悔している人はたくさんいますが、留学したことを後悔する人はいません。少しでも悩んだら即行動に移してください。

憧れだけで留学はしない方がいいと思います。しっかりと目的をつくり、感謝の気持ち、成長意識をもって留学をするべきです。

価値観や人生観が広がるので、迷っているならすることを強くお勧めします!

早稲田大学には本当にたくさんの協定校があります。私は、大学での留学は、留学先の言語「を」学ぶより、留学先の言語「で」自分の関心分野を深めるよい機会だと考えています。それにしっかり合致した大学を見つけられるのが早稲田の留学プログラムだと思います。留学をしたい!と漠然と考えるのもよいですが、自分が留学を通して何を学びたいのか、どんな自分になりたいのかも考えるようにするとよいと思います!

深刻に考えすぎずに行きたいと思ったらぜひ一歩踏み出してください。留学に行かなければよかったという後悔は聞いたことがありません。留学中にこうしておけばよかったという後悔も、のちの大きな財産だと思います。

これまで親しんできた言語環境や文化環境ではない場所で、最初は自分の力を頼りに生活していくことに不安を感じる方は多くいらっしゃると思いますが、実際に留学してみると意外となんとかなるものです。きっかけは、興味のある場所、気になる習慣、何でも構いません。ご自分の直感を大切にして、まずは飛び込んでみることをお勧めします。それまでは考え付かなかったような世界観、そして全く新しい自分を発見できる、最高の機会になると思いますよ!

留学するにあたり、具体的な目標を定めてから留学することが一番大事だと思います。具体的な目標があれば、留学は何十倍も充実したものになると思います。頑張ってください。

自分の英語力を見極めた上で、ふさわしい留学先を選択してください。

少しでも留学したいという気持ちがあるならぜひ留学することをお勧めします!

目指すべきは英語圏、有名大学だけではない。しかし、留学先決定は競争であることは間違いない。それを意識して高校、大学生活勉強に励むとよい。

とにかく行ってみることで、かけがえのない体験ができると思います。やる前からああでもない、こうでもないと考えるよりも、やってみないとわからないと思います。私は留学したことに後悔は一切ありません。日本では経験できないことを、ぜひ留学で経験してきてください。

海外留学は一生の財産になると思います、がんばってください!

「留学は意識が高い人のするもの」と考えず、まずは挑戦してみてほしいです。必ず多くの学びや後悔があり、自分の成長につながります。文化背景の違う人々に揉まれて、多様な価値観に触れてください!

留学は私にとって自分と向き合える時間でした。日本から離れ、現地の大学で自分の好きな科目を何時間も勉強して、自分と同じようなことに興味のある世界中から来る学生と夜中まで語り合って。時には一人でコーヒーを飲みながら、日本での今までの生活を振り返って、留学後について考えてみたり。帰国後、何度留学先に戻りたいと思ったことか。世界中にできた友達とフェースブックなどで、人生相談や進路について聞いてみたり、と自分の世界が10倍に広がったと感じています。また留学をして自分の甘さに気づきました。これからは世界レベルで頑張っていかなきゃという気持ちのモチベーションになっています。

行きたいならば、行った方がいいです。やらない後悔よりも、やる後悔のほうが精神的に良いです。

留学はもちろんしてもしなくてもよいと思う。でも、最初はなんとなくの留学でも、留学生にしか見えないことや経験できないこと、感じられないことがある。私は留学で、自分の周りの世界が違って見えるようになりました。

費用の面、留学資格となる英語試験のスコア面、留学に関する諸々の書類手続きの面など、思っているより留学するためにやらなきゃいけないこと多いなと感じて留学を諦めてしまいそうになることがもしかしたらあるかもしれませんが、留学で得た経験はきっとあなたの宝物になります。留学先で出会った友達、一緒に留学した仲間、海外の大学での生活、日本語の通じない新鮮な環境・・・貴重な経験となること間違いなしです!! 留学に行きたいという気持ちがあるなら諦めずにトライしてみてほしいです。

留学は、やる気があればどんな手を使ってでもできます。でも充実した留学は、意識しない限り絶対に手に入りません。留学する目的を、極限まで見つめて、テーマを設定して留学に臨むべきです。あとは、語学に関しては単語は行ってからでも覚えます。細かい文法のほうがうっかりしがちになるので、そこは強化しておくべきだと思います。留学行く前に、一度でもいいから近場でもいいから海外に行くことや、国内での国際交流を行っておくと、不必要な不安を持たずに留学に臨めるのでおすすめです。

留学に行くまでは不安でしたが、行ったことを後悔したことはありません! むしろ、自分の価値観が大きく変わる貴重な経験でした! 迷ってる人がいたらとりあえず行動してみることをオススメしたいです!

留学で何をするかは、自分次第。

少しでも留学をしたい気持ちを持っているのであれば、その気持ちを大切にして欲しいです。不安も勿論あるとは思いますが、現地に行くと不思議と乗り越えています。日本の外に出て、さまざまな価値観に触れながら必死に毎日を過ごし、新しい発見をぜひたくさんしてください。

どんな環境の場所に留学するかで、留学をとおして得られる経験も変わってくると思います。自分がどんなことを達成したいのかを明らかにしたうえでそれに適した留学先を決められるといいと思います。

私は、高校生の頃には大学生になったら留学をしよう!と心に決めていました。きっかけは英語を第二言語として習得させたい!という単純な理由ではありますが、念願の留学経験を経た今、大きな自信となっています。それは、留学が語学力の向上だけでなく人として大きく成長させてくれたからです! 不安な気持ちも多いとは思いますが、留学したい!という強い気持ちが少しでもあれば何があっても乗り越えられる大きな力となると思います。諦めずに、その大きな一歩を自信を持って踏み出してください!

留学したい気持ちがあれば、早めにプログラムなどを見たり、留学情報を調べてみるといいと思います。必要な英語のレベルなどをあらかじめ知っていると、留学を決断したあとの準備がスムーズに進むと思います。

何か一つでも具体的な目標を持って、それを達成するためには何が必要かを考えてコツコツそれをやっていけば成功します。

ぜひ、挑戦してみてください。一歩踏み出してチャレンジする事が、これからの人生を大きく変えていくと思います

不安しかないと思う。でも勇気を出して踏み出したその1歩が今後の道を大きく変えると思う。頑張って。

大学での留学を見据えるなら、語学や大学、学部選びなど逆算して準備するべき。特に4年間で卒業を考えるならば、早めの準備が必要となる

私は留学によって大きく視野が広がり、自分が将来何をしたいか見つけることができました。親元を離れたことが無かった私にとって、見知らぬ土地で一人暮らしをすることは初めのうちは大変不安でしたが、大学や現地の友人に支えてもらい、楽しく生活することができました。新しい世界へ一人で飛び込みやり遂げたということが、今の私の自信になっています。留学に新しい世界が見えると思います。ぜひ世界へ挑戦してみてください。

ページトップへ

不安や言葉の壁を乗り越えて留学を終えた先輩たちの生の声、読んでいるだけで留学への思いが募ってきますね。学生留学アドバイザーのみなさんが制作発行している「留学TIMES」でもいろんなアンケート結果が公開されています。ぜひご覧ください。