HOME > 早稲田の授業を体験してみよう >
さまざまな分析手法を駆使し、建物や地域を考える 建築環境学・環境行動学のゼミ

ゼミ紹介

さまざまな分析手法を駆使し、建物や地域を考える 建築環境学・環境行動学のゼミ

公開日:2010/04/01

建築環境学、特に環境心理・行動学の研究を行うゼミ。住居・建築・都市などの環境は、普通の商品と違って、気に入らないからといってゴミ箱に捨てるわけにはいきませんから、顧客の自由な選択に基づく市場メカニズムによって、よい環境のみ生き残るということは期待できません。よい環境を実現するためには、様々な取り組みが必要となります。そこで、小島研究室では、住居・建築・都市などの環境をよりよいものとするため、広い意味での顧客(利用者、居住者、所有者、管理者、市民)の意識や行動(とくに、ニーズやCS(顧客満足))に関する研究をしています。

研究室DATA

小島 隆矢 教授
小島研究室(人間科学部 人間環境科学科)
所在地:所沢キャンパス

研究はテーマハンティングから

 この研究室で扱うのは「建築環境学、環境行動学」。住居・建物・地域といったものを対象に、居住者・利用者のニーズや満足度を調査し、まちづくりなどに生かしていく分野です。・・・と聞くと難解そうな気もしますが、ゼミ室には、街や建物の前でポーズをとっているゼミ生の楽しそうな写真がぎっしり。「遊んでいるだけみたいですが(笑)、これは『キャプション評価法』の実践でもあるんです。カメラを持って街を歩き、気になったところを写してキャプションをつける。その中から、街の特徴、自分と人の見方の違いなどを見つけていく手法です」と小島先生。

 これは先生が大学院生のとき、まちづくりを考える市民グループの活動の中で使うために工夫した手法なのだそう。先生のご専門は「手法研究」、つまり調査・分析の手法そのものを研究されているのです。

 「見る気で見ないと、問題も課題も見えてこないでしょう。それでこんな手法を使う。つまりテーマハンティングです。ゼミ生には、とにかく取り組む価値のあるテーマを持ってこい、と言っています。それについて知見を得るための方法はあとでいくらでも教えられますから」。

合宿に行くときも途中下車しながらテーマ探しの実践。しおりと課題ノートは大学院生の労作とか。

インタビュー手法は必修科目

 そんな先生に、ゼミ生たちは、様々なテーマを持ち込みます。「お笑いが好きだから、お笑い劇場について研究している」(4年・山本 杏子さん)。「地元の町が合併したので、市町村の合併について考えたい」(4年・須田 雅之さん)。2人とも、これからインタビューやアンケート調査をして、論文にまとめていくのだそうです。

 そこで学ぶのが「評価グリッド法」という手法です。これはもともとは建築学の分野で使われるものとか。例えば家を建てる人に「床材は何にするか」「カーペットの種類は」といったことをひとつずつ聞いていってもきりがないし、表面的なニーズしかわかりません。話を整理することで「足音が気にならないようにしたい」という要望なのだとわかれば、適切な対応ができます。そういった「真のニーズ」を見つけるための、聞き取りと情報整理の技法なのです。

 小島ゼミでは、ゼミ内のディスカッションやインタビューで「評価グリッド法」を身につけてから、実際の調査に出かけていきます。「これがゼミの必修科目。問題を整理する方法がわかっていると、検討違いの調査をしなくてすみますから」と小島先生は言います。「評価グリッド法が身につくと、普通の会話をしていても、深いところまで理解できるようになるんですよ。好きな人の好みを聞き出すなんてことにも応用できます(笑)」。

4年・山本 杏子さん

4年・須田 雅之さん

先生が一番はじけてる?

 キャプション評価法、評価グリッド法といった技法の他、アンケートの取り方や統計処理の方法など、テーマにあわせて様々なノウハウが伝授される小島ゼミ。「先生の引き出しは本当に多くて、これがやりたいと言うとどんなことでも教えてくれます」(修士1年・庄司 名奈恵さん)。その言葉に、いっせいにうなづく3~4年生。先生への信頼の程がうかがえます。

 なぜこのゼミを選んだのかを聞くと、「CS調査(顧客満足度調査)など、マーケティングの手法が学べるので、社会に出て役立つと思ったから。それにサークルの先輩にとても楽しいゼミだと聞いていたからです。はいってみたら本当に楽しくて、合宿なんか先生が一番はじけてる(笑)」(3年・鈴木 久留美さん)。

 先生の知識もさることながら、その楽しい人柄にひかれてこのゼミを目指す人が多いのだとか。小島ゼミのいいところは? と聞くと、すかさず「みんな仲がいい、ノリがいい!」という答えが返ってきました。

修士1年・庄司 名奈恵さん

3年・鈴木 久留美さん

部屋の壁はゼミ生の撮った写真でいっぱい!

先生からのメッセージ

 我々の分野では、ニーズを「真のニーズ」と「表面的なニーズ」に分けています。
これをみなさんが進路を決めるときにあてはめて考えると、『○○大学に行きたい』←これは表面的なニーズです。
『どうして○○大学に行きたいか』←これが真のニーズです。
ちょっと、自分の「真のニーズ」とは何かを考えてみてください。

先輩からのメッセージ

 勉強は大変だけど、やりたいことをやっていると思えるときは楽しい。その中でも、ゼミは楽しいです。大学は人数が多くてみんなバラバラだけど、ゼミはずっと同じメンバーで、高校のクラスに戻ったみたいな楽しさがあります。進路って迷うと思いますが、やりたいことを目指して、めげずにがんばってください!

4年・須田 雅之さん

このゼミを目指すキミに先生おすすめの本

こびとのまち』青山 邦彦著(パロル舎)

ある日突然現れた「こびと」の一族。建築家の「マルヒゲさん」は、彼らと一緒に住む家をつくりたいという依頼を受け、まじめに、楽しく、ドタバタと奮闘する。人にやさしい環境づくりについて考えるために、おすすめの絵本。

ストリート・ウォッチング―路上観察と心理学的街遊びのヒント』小林 茂雄著(誠信書房)

イタズラ心にあふれた、フィールドワーク指南書。