ICC No border camp!!
—No border, real communication—

政治経済学部1年
笹山 隼大(はやた)

 僕がノーボーダーキャンプを知ったきっかけはICCの人たちの紹介でした。ICCのイベントにはイベントのサポーターとして参加したことがあって、そこで知り合ったスタッフさんが「ノーボーダーキャンプすっごく楽しいから行った方がいいよ!」とおススメしてくれました。これまでに僕が参加したICCのイベントでは毎回たくさんの留学生と交流し、知り合うことができたので、今回のキャンプでもきっと留学生と友達になれると思って参加しました!

 「ノーボーダーキャンプ」というのは、参加者の年齢や出身地、学部など、およそ基本的な情報をすべて隠した状態でキャンプする、まさしくノーボーダーなキャンプです(笑)。名前すら実名ではありません。キャンプ中はお互いをキャンプネームで呼び合います。ちょっと変わった名前で呼び合うからちょっと変な感じですが、これがまたおもしろい!

 もうひとつ大事なルールがありました。それはキャンプ中携帯電話を使ってはいけないというもの。『遠くのあの子もいいけど、今目の前のこの子にロックオン!』の名のもとに携帯電話の使用が禁止されました。ケータイ依存症の僕にはこのルールはさぞかし辛かろうと思いましたが、実際やってみるとそうでもない。キャンプ中はみんなとやったゲームやキャンプファイヤー、そしてバーベキューが楽しすぎて、ケータイはバッグに入ったまま。存在を忘れるほどでした。

 いつもと違う環境で、初めて会った人たちと一緒に遊んだり、食事をしたりする。しかもキャンプ中はその人の年齢も出身もわからない。気にもしなかったかもしれない。そこには文字通り『ボーダー』はなくて、不思議なほど心の距離が縮まる。ICCのキャンプでは、ふだんラウンジで行うイベントとは一味も二味も違った貴重な経験ができました。

 人と話すときいつも「学部は?」「出身どこ?」「何年生?」などで会話を始めていませんか? あえてお互いのバックグラウンドを知らないままで話をするのもおもしろいですよ!

 


[連絡先]
国際コミュニティセンター(ICC)
早稲田キャンパス7号館1階
【URL】http://www.waseda-icc.jp/
【e-mail】icc@list.waseda.jp

BBQディナー(筆者後列右側)
▲BBQディナー(筆者後列右側)

 
1263号 2011年11月24日掲載