東京六大学野球秋季リーグ戦 秋の早慶戦特集

応援部主将が語る戦いの展望

早稲田の心を1つに 春の雪辱を果たそう 応援部主将 人間科学部4年 樋口  卓也

 早稲田は「打倒慶應」に燃えている。昨秋首位打者で主将の土生(スポーツ4年)、昨春首位打者の渡邊(スポーツ4年)、春季3割近い打率を残した佐野(スポーツ4年)、大学日本代表に選ばれた佐々木(スポーツ3年)ら打撃陣の活躍が「打倒慶應」に不可欠だ。同時に、エース大野(社学4年)を中心とした投手陣が慶大打線をいかに抑えるかが鍵になるだろう。投手陣を総動員し、自慢の守備力で慶大打線を封じ込める事ができれば、「打倒慶應」は十分可能だ。

 早慶戦は4年生の引退試合でもある。リーグ優勝すれば明治神宮大会につながるが、そうでなければ4年生最後の試合となる。大学生活の締めくくりとなる伝統の一戦。春季、慶大に2連敗した雪辱を果たすだけでなく、優勝に向けてこの秋戦ってきた。4年生の雄姿を目に焼きつけてほしい。
 今年、さまざまな逆境を乗り越えてきた。今こそ早稲田の心を1つに。

2011年度 早稲田大学野球部選手名鑑

❶勝利へのジンクス  ❷好きな女性のタイプ、芸能人  ❸座右の銘

早稲田大学野球部選手名鑑
土生主将コメント

皆さんこんにちは。早稲田大学野球部101代主将の土生翔平です。
秋の早慶戦は4年生にとって最後の早慶戦となります。そこで4年生がいかに存在感を示せるかが勝敗に大きく影響してくると思っております。そのため、4年生が中心となって下級生を引っ張り、日々厳しい練習を積んできました。早慶戦という素晴らしい舞台で野球ができることに感謝し、チーム一丸となって戦い抜きます。
ぜひ神宮球場に足を運んでください。グラウンドとスタンドが一体となって必ず慶應を倒しましょう。

東京六大学野球2011年秋季リーグ 早慶野球戦 応援席券販売のお知らせ   応援部特製 えんじTシャツ 好評発売中!!
 
1258号 2011年10月20日掲載