研究最前線

自分を知ることから始まる
お酒との上手な付き合い方

 夏本番となり、アルコールに接する機会が増えてきます。アルコール摂取は、現代社会において、人とのコミュニケーションやストレス解消の重要な手段の一つであることは間違いありません。ですが一方で、毎年アルコールに纏わる重大な事件や事故が後を絶たないのも事実です。学生の皆さんは大学生活の中で、アルコールで失敗はしていませんか? 今回の研究最前線では先進理工学部 合田 亘人先生にお酒との上手な付き合い方を教えていただきます。

先進理工学部<br />
合田  亘人(ごうだ  のぶひと)教授

先進理工学部
合田 亘人(ごうだ のぶひと)教授

1997年慶應義塾大学大学院 医学研究科卒業後、アメリカ留学を契機に基礎医学研究者を目指す。平成13年同大学医学部(医化学)助手、平成17年助教授を経て、平成19年より現職に就く。専門は低酸素生物学と肝臓病学。


人種によってアルコール耐性には差があります

 テレビや映画でガブガブとジョッキを飲み干す外国人の様子を目にしたことはないでしょうか。人種によってアルコールに強いか弱いかには差があります。もともと日本人は欧米人に比べてアルコールに弱く、少量で酩酊しやすいのです。これはなぜでしょう。答は簡単、“遺伝”にその要因があるのです。アルコールは肝臓でアルコール脱水素酵素(ADH)によりアセトアルデヒドに酸化され、生じたアセトアルデヒドはさらにアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により酢酸に代謝されます。ADHやALDHには遺伝子多型(わずかな遺伝子情報の違い)が存在し、日本人は欧米人と比較してADH活性は高く、逆にALDH活性が低いことが報告されています。このことは日本人では飲酒後のアセトアルデヒドの体内蓄積が生じやすく、結果として顔面紅潮、眠気、頭痛や吐き気の症状が起きやすいことを意味しているのです。

アルコールに強いか弱いかを見分ける方法

 お酒と上手くつきあうためには、まず自分がお酒に強いのか、弱いのか、あるいは全くの下戸なのかを自己診断をするのが良いでしょう。以下一般的な判断基準をご紹介いたします。

  下戸:症状が強いために全く飲酒ができない人
  お酒に弱い人:飲酒当初は症状が出ていたが、回数を重ねる毎に症状が軽減し飲めるようになった人
  お酒に強い人:症状がほとんど出ずに、深酒をしても二日酔いになった経験がない人

 下戸の人は決して飲んではいけない人で、新歓コンパなどで急性アルコール中毒で死亡する可能性が高い人です。そしていくらお酒に強いからといっても、無理な飲み方をすれば、将来アルコール依存症になる可能性があるどころか、下戸の人同様中毒症状を引き起こす可能性があるのです。お酒に弱い人は訓練することで飲めるようにはなりますが、実はこの人たちがお酒を飲み続けると重篤な肝障害(脂肪肝、脂肪性肝炎や肝硬変)だけでなく、がんを高率に発症する傾向があるので要注意です。特に、女性は男性と比べて少量かつ短期間で病気を発症しやすいことを覚えておく必要があります。また、飽食の時代を迎え、美味しい食事とお酒を楽しみ過ぎると、将来糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の予備軍にもなってしまいます。健康を維持し、楽しい生活を送るためにも適度のお酒を楽しむことは良いことではありますが、決して飲み過ぎたり、無理に飲ませたりすることだけは止めるべきです。最後に、未成年者の飲酒は法律で禁止されているので、いくら飲みたくてももちろん我慢しましょう。

 もっと詳しく知りたい学生は下記のサイトを見てください。

社団法人アルコール健康医学協会
http://www.arukenkyo.or.jp/


>エタノール投与による肝臓内脂肪沈着<br />  正常マウスにエタノール混餌食をたった4週間投与しただけで、中心静脈周囲の肝実質細胞に赤色の脂肪沈着を認めた。ヒトでも慢性的に摂取する(日本酒5合を1週間摂取)と、ほぼ全例にマウスと同様にアルコール性脂肪肝を発症する。
エタノール投与による肝臓内脂肪沈着
 正常マウスにエタノール混餌食をたった4週間投与しただけで、中心静脈周囲の肝実質細胞に赤色の脂肪沈着を認めた。ヒトでも慢性的に摂取する(日本酒5合を1週間摂取)と、ほぼ全例にマウスと同様にアルコール性脂肪肝を発症する。


楽しい飲み会は正しい飲み方から
楽しい飲み会は正しい飲み方から

 ここまでの記事で、お酒を飲みすぎることがいかに恐ろしい事かがよくわかりましたね。
ここでは読者(早稲田ウィークリー読者モニター)のみなさんからの質問に対して合田先生にお答えいただきます。先生教えてください!

質問1  お酒を飲むとよく眠ることができるのでしょうか。(政経2年 女性)

 アルコールには睡眠導入作用があるため摂取後眠気が強くなりますが、これは一過性であり深い睡眠に当たるノンレム睡眠への移行が逆に抑制されるために長時間の深い睡眠が妨げられます。また、尿意を促進するために睡眠が妨げられます。



質問2  飲むお酒の種類(例えば、ワインやお酒)によって酔い方の違いや効用の差はあるのでしょうか。(社学3年 男性)
 酔い方はお酒の種類によって違いがでることはありません。ただし、お酒の種類によって、含まれるアルコール量が異なりますので、同じ量を飲んだ場合には当然酔い方が異なります。また、お酒の効用についても同じことが言えますが、アルコール以外に含まれる物質が独自の効用を発揮することが報告されています。例えば、赤ワインに含まれるポリフェノールの一種のレスベラトロールは長寿関連因子のSIRT1を活性化することは有名です。



質問3  酔っぱらうと記憶が無くなることがありますが、なぜ記憶が無くなるのでしょうか。また、そのときの脳はどのような状態なのでしょうか。(政経2年 女性他)

 泥酔状態になっている状況では脳内の記憶の中枢に当たる海馬がアルコールによる影響で麻痺した状態です。この状態を越えると、脳全体が麻痺した状態に陥り、死に至ることもあります。



質問4  一気飲みで起こる「急性アルコール中毒」とお酒が手放せなくなる「アルコール中毒」はどう違うのですか?(法学2年 女性他)  前者は短時間に大量の飲酒をすることで引き起こされる病態で、肝臓が処理できる以上のアルコールが入ってくることで血中のアルコール濃度が急激に上昇することに起因しています。そのため、アルコールに対する依存性は全くありません。一方後者はアルコールに対して依存性を示す病態です。つまり、飲酒をしたいと言う欲求が強く、その状態が続いている時に使います。血中のアルコール濃度が高いわけではありません。



危険な飲酒に注意!! コンパなどで過度な飲酒は、絶対にやめましょう!!   アルコールは体質や体調、摂取量によっては命を失うことにもなりかねません。  学生生活課では過度な飲酒に対するマナー啓発を継続的に行っております。サークル等のコンパでの一気飲み、未成年飲酒はやめましょう。  アルコールに関する正しい知識は以下のページでも確認することができます。  また、もしトラブルや事件・事故が生じた場合は下記緊急連絡先にすみやかに連絡して下さい。  緊急時の連絡先 学生生活課:03-3202-0706 ※連絡がつかない場合、夜間・休日・祝祭日は、  早稲田キャンパス通用門受付:03-3203-4300  本学ではほぼ全学生を対象に、入学時に「早稲田大学学生補償制度(傷害補償)」を設けていますが、飲酒が絡んだ事故は補償の対象とはなりません。   夏季休業期間のサークル活動やゼミ合宿における飲酒事故を防止するため、ゼミ・授業を通じて上級生のみなさんへ「飲酒マナー向上・事故防止リーフレット」を配布しています。リーフレットでは、アルコールに関する正しい知識やマナー、対処法を紹介しています。携帯しやすい名刺サイズですので、ぜひ活用してください。


1251号 2011年7月21日掲載