WAVOCへ行こう!

ラオス学校建設
教育支援プロジェクト〜スーン〜 「こんにちは。スーンです。」

文学部3年 小池 悠貴

 2007年、「早稲田大学創立125周年事業」の一環でラオス南部、チャンパサック県にあるノンヴィエン村とノンサ村に小学校が2校建設されました。しかし、ハード面の支援だけではなく、教育などのソフト面の支援を行っていく必要があるのではないか? そんな学生の主体的な活動により、通称「スーン」の活動が始まりました。

 「スーン」とはラオス語でゼロという意味で、初心を忘れないという思いが込められています。現在、私たちは「共に考え、共に感じる」という理念のもと、押しつけにならないボランティアの姿を目指して活動しています。衛生教育、文化教育、教科教育という面でアプローチをしており、「きっかけ教育」という合言葉を胸にしています。私たちの活動をきっかけに、子どもたちが自身の力で将来を切り開いていって欲しいとも願っています。

 このようなスーンの活動を紹介する写真展を早稲田キャンパス周辺のカフェで行います。この写真展では、「スーン」とは一体どのような団体で、どのような目標を掲げ、どのような活動をしているか、を伝えることを主旨としています。この活動の様子を通じて、ラオスの子どもたちの元気さ、明るさ、温かさ、などいろいろなことが自然と伝わってくると考えています。ラオスとスーンを知って、そして目一杯感じてください。みなさまぜひとも足をお運び下さい。



住民と過ごすひととき 民家の雪ほり
▲ノンサ小学校の子どもたちとメンバー ▲ノンヴィエン小学校での活動風景


■写真展:「スーンのラオス活動日記」
【期間・場所】 7月1日(金)〜15日(金):のらりくらり
(東西線早稲田駅から徒歩2分)
7月19日(火)〜29日(金):ULTRA Cafe(都電荒川線早稲田駅より徒歩2分)
Point1 ボランティアプロジェクトに参加しよう!
 環境、教育、人権、農業、交流、スポーツなど各分野のボランティアプロジェクトが国内外で活動中! 現在は、実施が決まったものから震災復興ボランティアも募集しています。

Point2 ボランティア関連オープン科目を受講しよう!
 各社会問題の現場経験豊富な先生が担当します。日本の農村や途上国への現場実習を行う科目も人気科目となっています。

Point3 メールニュースに登録しよう!
 プロジェクトや科目などWAVOCの最新情報はメールニュースで配信しています。
ぜひ、登録してください!
登録はコチラ➡ http://www.waseda.jp/wavoc/

Point3 メールニュースに登録しよう!
早稲田キャンパス
201-39号館
【URL】http://www.waseda.jp/wavoc/
【E-mail】wavoc@list.waseda.jp
 
1249号 2011年7月7日掲載