早稲田ウィークリー

にっぽん頑張ろう!特集  早大生の復興支援

本多さん
いつものペースを取り戻せる「大切な場所」のために
基幹理工学部2年 本多 香

教科書
▲仲間で持ちよった教科書や参考書
 避難先となった東京都調布市の「味の素スタジアム」の学習室では、小中高生が朝9時から勉強し、私はそのサポート活動をしました。勉強の合間には小学生の子どもたちと遊んだり、中高生と大学のことについて話したりもしました。当初、ボランティアへの参加は勇気が必要でした。ただ、今は学習室運営に携われて本当によかったと思っています。学習室は子どもたちにとって、避難生活の中で少しだけいつものペースを取り戻せる…そんな大切な場所になっているようでした。
 直接被災された方々と話をしてみると、人それぞれ望むものは違い、考えていた以上に多種多様なことが必要とされていました。多くのニーズがあるからこそ、自分にもできることを見つけられる、そう考えるようになりました。今後も被災者の方々から発信される情報に目を向け、耳を傾け、私自身にできることを考えていきたいと思います。

吉田さん “早稲田スピリッツ”の発揮を!
教育学研究科 修士課程4年  吉田 英史

教科書
打ち上げられた漁船を前にあぜん
 私は今年5月上旬、気仙沼市の復旧活動に参加しました。オーディオ類を扱う老舗の家電販売店での復旧作業を割り当てられ、給水施設からリヤカーで水を運び、泥だらけの棚を水洗いしました。店内は1階部分すべてが津波で破壊され、年代物のレコード等の商品は全部破損。震災当日から1ヵ月以上経つにもかかわらず、散らかった店内は津波の爪痕がそのまま残っていました。「生活もない。仕事もない。残ったのは借金だけ…」と話す店主の現状。メディアを通じて知る以上に、大きな被害の現実を目の当たりにし、打ちのめされた気持ちになりました。今も現地はボランティアの人手を必要としています。一人でも多くの早大生に現地に行って“早稲田スピリッツ”を発揮して欲しいと感じました。

吉田さん
ドイツ語を用いた支援協力体制の確立へ
政治経済学部2年 江口 雄磨

 ぼくは3.11以降、「ドイツ語を応用した支援活動」を続けています。きっかけは、ドイツ国内紙の、東日本大震災に関する記事でした。そこには「日本はもう終わりだ」というような内容が書かれていました。原発事故により、日本に対する見方は一気に悲観的なものへと変わっていました。ぼくはちょうどそのとき、地元のさいたまスーパーアリーナで、福島県双葉町から避難してきた方々へのボランティア活動をしていました。被災者が懸命に生きる姿を、どうしてもドイツ人に知ってもらいたい…。早速、ぼくはペンを握り、辞書を片手に、避難者の現状についてドイツ語で記事を書き上げました。ドイツの新聞社に投稿したところ、全国紙に掲載頂けました。すると、記事を読んだドイツの人たちから、続々と励ましのメッセージが送られてきたんです。現在はゲーテ・インスティトゥートの協力の下、ドイツからのメッセージを訳して、被災者に届けています。復興のためには、世界が一丸となることが不可欠! ドイツ語を用いてその一助になりたいと思います!!

教科書  
ゲーテ・インスティトゥートにて    

日高  はるか
 
 

【 学生部からのお知らせ】

東日本大震災復興支援ボランティア
サークル企画の募集について
学生生活課/平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

 東日本大震災被災地では多くの方々の助けを必要としています。このたび、サークルの皆さんに、文化公演、子どもやお年寄りを対象とした文化活動などの、サークルの特性を活かした活動を通じての復興支援に参加いただく、ボランティア企画を募集いたします。応募方法など詳細は、以下をご参照ください。

日程:❶8月26日(金)23:00 早稲田発 ~8月29日(月)18:00 早稲田着 ❷9月14日(水)23:00 早稲田発 ~9月17日(土)18:00 早稲田着 上記❶~❷の日程から、参加可能な日程を選択ください。
※これらの要件または日程に当てはまらない独自のボランティア活動を検討している公認サークル等は学生生活課(3)窓口までご相談ください。独自ボランティア活動においては、交通費が補助される場合があります。(1人当たり2万円まで。かつ1団体20万円まで)

費用:交通費(早稲田~現地)、宿泊費はかかりません。現地での活動費や飲食費は参加者の負担となります。ボランティア保険に未加入の方は加入いただきます(1,000円)。
活動内容:文化公演、子どもやお年寄りの方を対象とした文化活動など。また、写真の洗浄や清掃など、軽作業を行っていただくこともあります。
活動地:宮古市・気仙沼市周辺などの被災地の体育館、市民会館、グランド、駅前、商店街など。
※活動地は現地の要望、企画内容、実施期間により異なる場合があります。
対象団体:大学公認団体およびWAVOCプロジェクト
実施の条件
・参加学生全員について、保証人の承認が取れること(誓約書の提出を求めます)。
・事前に学生生活課およびWAVOCとの打合せを行うことができること(日時は後日調整)。
・空調設備がないなど、過酷な状況も予想されるので、企画のボランティア活動を遂行できる気力と体力を有すること。
・トイレが使えない、水がない、指示がないなど、被災地の困難な状況の中で臨機応変に対応できること。
・被災者の方々と良好な関係を築くことができるコミュニケーション力を有すること。
提出締切:2011年7月6日(水)17:00【厳守】 学生会館1階 学生生活課(3)窓口
採否決定:応募企画につきまして、現地の要望とのマッチングなど、こちらで調整・審査し、企画書に記載されたご担当者宛、採否結果をメールで連絡します。なお、応募の状況によっては募集期間中であっても適時採否決定を行いますので、参加希望の団体は早めに申請いただくことをお勧めいたします。

 
1247号 2011年6月23日掲載