お知らせ
 新生活が始まるこの時期、皆さんに巧妙かつ執拗に近づいてくる人々がいます。トラブル回避のための予備知識を事前に得て、健全な学生生活を送りましょう。まずは、個人情報の提供は、くれぐれも注意が必要ということを念頭におきましょう!
注意 サークルを装ったカルト集団からの勧誘   注意 アポイントメントセールス
 大学周辺やキャンパスを一人で歩いていると、「入学おめでとう」と親しげに声をかけられ、言葉巧みに入会を勧められることがあります。    電話やハガキ、メールなどで、「あなたがモニターに選ばれました」「抽選で当たったのでプレゼントを取りに来てください」などと、一方的に喫茶店や営業所などに呼び出し、長時間にわたり勧誘します。
注意 インターネット上でのトラブル   注意 身に覚えのない架空請求書に注意
 自身のブログに個人情報を公開したため、その情報を悪用されてしまったケースや面白半分で虚偽の事実(飲酒運転をした等)を書き込んだ結果、問題が起きてしまったなどのケースが多くあります。    利用した覚えのない有料電話情報料等を請求する電子メール、手紙、はがき等が届いたという情報が多く寄せられます。身に覚えの無いときは、絶対に支払わないようにしましょう。不安になり一度払ってしまうと新たな請求を受ける可能性があります。
注意 マルチ商法   注意 キャッチセールス
 ネットワークビジネスやMLM(マルチレーベルマーケティング)などと称して、「友人を誘うだけで金儲けができる」「月収100万円も夢ではない」と販売組織に勧誘されて高額商品を買わされるケースがあります。    「アンケートに協力を」「モデルとして登録しませんか?」などと声をかけてお店などに連れていき、勧誘します。

コンパ等での迷惑行為や危険な飲酒に注意

 近年、飲酒に関する事故が多発し、社会問題になっています。各サークルやゼミ・クラス等の集まりでは、コンパや合宿などで飲酒の機会がこれから多くなる時期です。未成年の飲酒、イッキ飲み強要、飲酒運転はれっきとした違法行為であり、絶対に行ってはいけません。大学生としての自覚を持ち、慎みある行動をとるよう心がけましょう。

  イッキ飲みを強要されたら
■未成年は飲酒をしない、未成年に飲酒をさせない
■飲酒運転は絶対にしない
■アルコールのイッキ飲みをしない、させない、見過ごさない
■コンパなどの集合場所で歩道にあふれ返り、歩行者の通行を妨げない
■歩道の点字ブロックをふさぎ、視覚障害者の安全な歩行を妨害しない


※万一酔いつぶれた人が出た場合、周りの人が目を離さず、救急車を呼ぶなど適切な対応をとること


飲酒に関する注意事項をCourse N@vi で配信しています。
講習はWaseda-net ポータルの以下の場所にあります。
Waseda-net ポータルにログイン→左のインデックスの「授業」→「授業支援」→「Course N@vi」をクリック
→「学生生活について」から講義「飲酒に関する注意事項」をクリック

1240号 2011年4月20日掲載