研究最前線

都市を表現行為の大舞台に!
「都市景観プロモート」の貢献力

◆内田 種臣(うちだ・たねおみ)
理工学術院(基幹理工学部表現工学科)教授
本学第一文学部卒業。文学研究科満期退学。1983年ハーバード大学イェンチン研究所客員研究員&アソシエイツ。1985年より理工学部教授。

 芸術活動はとはどのような記号現象なのか?記号現象に関わりを持つ科学技術は、記号現象をどのように変化させるのか?現実の街中、インターネット、デジタル放送の仕組みなどに〈インタラクティヴな記号場〉を制作する、新たな取り組みに注目した。


「デジタル・サイネージ」の可能性

 内田研究室では、「工学と芸術の融合」を目指しています。その活動の一つとして、日本の「都市景観問題」に興味を持っています。日本の都市景観は西欧諸国のそれに比べあまり統一感がなく、雑多で混交した雰囲気が、景観美を損ねる場合が多いと感じています。建物はそれぞれが異なったデザインで主張し合い、街中の至る所に極彩色のネオンや広告が溢れかえっている……。
 それならば、いっそのこと街そのものを広告によってデザインするという発想があってもよいのではないでしょうか?
この構想を可能とするのが「デジタルサイネージ(Digital Signage)」という発想です。デジタルサイネージとは、表示と通信にデジタル技術を活用して、ディスプレイやプロジェクターなどによって映像や情報を表示する広告媒体です。一例として渋谷のスクランブル交差点に面した巨大ビジョンや、山手線のトレインチャンネルなどが挙げられます。これを街全体に広げ、広告に限らずビルの壁面や道路などに映像を投影するといったアプローチから、新たな都市景観のデザインを試みています。

街中で行う「ストリートVJ※1+DJ+野外パフォーマンス+カフェ」

 内田研究室ではこうした地域の中に<インタラクティブな記号場>を地域の人と協働で作り、具体的な<インボルブメント>を巻き起こすという実験を、台東区の佐竹商店街とおかず横町などで行いました。この辺りは戦後の家内工業のころおかずだけを買いにくる人で賑わったところですが、家内工業がなくなり、おかずを買いにくる人がいなくなると急激に「シャッター街化」したところです。
 活動の一例として、複数のプロジェクターで同時に複数の場所、例えば駐車場を囲むビルの壁、路面、垂木やスチール製のキューブに張ったアクリル板や和紙、半透明の布製のスクリーンなど、に映像を映します。これらパブリックな共有物はスクリーンでもあり、照明でもあり、野外パフォーマンスの小道具でもあり、カフェのテーブルでもあり、子どもの影絵の壁にもなります。こうした活動を通じて、目指すものは、<自分が住む街に誇りが持てる>ような景観デザインであり、地域貢献の新しいカタチなのです。

映像と音で遊ぶイベント「motionscape」

 また、内田研究室では「TANEOMI Audio Visual Laboratory」という名前で、「映像と音で遊ぶ」をテーマにしたさまざまなイベントを毎年行っています。“Laboratory”という名前の通り、作品のみならず、その制作行程やビジネスモデル、発表の場に至るまで、実験的なデザインに挑戦しています。
 昨年は高田馬場にあるカフェ「Ben's Café」を舞台に、「motionscape」というコンセプトで作品発表をしました。motionscapeとは「動き」を意味する「motion」と、「風景」を意味する「landscape」を組み合わせた造語です。カフェという空間に溶け込む映像を考え、額に入れた液晶ディスプレイで映像を展示し、ある空間の中で風景を作る事に挑戦しました。Ben's Caféでは6個の額の中に、アンビエントで静かな映像をインタラクティヴに写し、そのうちの一つは来客者の反応に答えるようなデザインとしました。また、店内で突発的にDJ+VJライブを行い、来客者がいつの間にか作品の一部になるという、空間そのものを作品化する事にも挑戦しました。

早稲田×文化女子大学=「FASHIONSCAPE TANE」

 今年は11月7日(日)に、文化女子大学とのコラボレーションイベント「FASHIONSCAPE TANE」を開催します。「ファッション」とは何か? ブランドとは何か?
といった事から議論し、一つの答えを形にしています。このイベントではAR、プロジェクションマッピング、フォグスクリーンといった映像技術や音楽を駆使して、今までに味わった事のない「新しい服+ムード」の楽しみ方を提案します。また、ゲスト自身が体験を通じて楽しめるような仕掛けを用意しています。
 今回は文化女子大学から服とモデルを提供・紹介頂き、今まで内田研究室だけでは出来なかったような企画を目指しています。「早稲田祭2010」、「第57回 理工展」と同時期の開催なので、当日はぜひ西早稲田キャンパス55号館に足を運んでください!


※1ヴィデオ・ジョッキー

内田  種臣(うちだ・たねおみ)/理工学術院(基幹理工学部表現工学科)教授
内田 種臣(うちだ・たねおみ)/理工学術院(基幹理工学部表現工学科)教授


栗田  収/基幹理工学部3年
栗田 収/基幹理工学部3年


※クリックすると拡大します


Ben's Caféのmotionscape。点線囲み内の額に、映像が写し出される
▲Ben's Caféのmotionscape。点線囲み内の額に、映像が写し出される



11月7日(日)開催「FASHIONSCAPE TANE」のポスター※ポスターは戸谷彗(さとし)さん(基幹理工3年)デザイン
11月7日(日)開催「FASHIONSCAPE TANE」のポスター
※ポスターは戸谷彗(さとし)さん(基幹理工3年)デザイン

 
1229号 2010年10月28日掲載