わせだの散歩道わせだの散歩道 第28回

早稲田界隈のおすすめスポットを紹介 

晴れたらおにぎり片手にテクテクと。
授業の合間、友達と一緒にブラブラと。
デートでもっと一緒にいたいから…。
そんな各キャンパスおすすめスポットを紹介していきます~

◆ 和世陀(わせだ)ビル

 大隈講堂から徒歩1分。ひときわ異彩を放つ奇想天外なビル、和世陀(ドラード早稲田)。
 入口の床には舌を出した異形の守り神がタイル貼りで描かれおり、それを踏んで中には行きにくい。けれど中に踏み込むと、色とりどりのステンドグラスを天に仰ぎ、巨大な手(竹田光幸作)が!! 手がさし示す地には足をかたどった大きなモザイクがある。
 この不可思議なビルは1983年に建設されたもので、建築家である梵寿綱(ぼんじゅこう)は、「日本のガウディ」との異名を持つ建築家・芸術家・思想家。本学理工学部建築学科卒業である。

和世陀ビル全景
▲和世陀ビル全景
入口の床に描かれた守り神
▲入口の床に描かれた守り神
中にある巨大な手のオブジェ
▲中にある巨大な手のオブジェ



【アクセス】 大隈講堂から鶴巻町方面へ徒歩1分
 
1228号 2010年10月21日号掲載