学生注目!! 
『ツール・ド・ヨーロッパ』
~スポンサーを集めて自転車で西ヨーロッパ一周~

創造理工学部4年 中村 洋太


 世界最高の自転車レース『ツール・ド・フランス』に憧れて、ぼくは自転車を始めた。大学入学後、自転車旅にハマり、とうとう2009年の夏には2700kmを走り、西日本を一周した。

 この旅は、昔からの地図好きが高じて、自分の住んでいる神奈川から九州まで一本の道でつながっているかどうかを確かめたい、という気持ちがきっかけとなって始まった。車のサイドミラーに引っ掛けられそうになったり、足がつって車道側に倒れてしまい、危うく車に轢かれそうになったこともあった。辛かったこと、嬉しかったこと全て毎日、ブログに書き込んでいた。そんなある日、全然面識のない方から「私も諦めていた夢に対してもう一度挑戦してみます。ありがとうございました」というメッセージをいただき、とても驚いた。なぜなら、自分は誰かを励ますために走っていたわけではなく、好きなことを夢中でやっていただけだったから。

 でも、その時こんなことも考えた。「西日本を回るだけでこんなに影響力があるんだったら、もっと広いヨーロッパを走れば、より多くの人に夢や感動を与えられるかもしれない」。

 この考えを実現すべく「2010年の夏は、西ヨーロッパを一周する」と、決めたのは2月のことだ。100万円以上の旅費を集めるのに十分な時間がなかったぼくは「企業や個人にスポンサーを募る」という方法を考えた。こうして立ち上がったのが今回の『ツール・ド・ヨーロッパ』企画なのだ。

 今も、企画書を持参し、協賛を求め企業や個人を回っている。この数ヵ月間で、五輪選手を含む150人近くの方々に協賛していただき、企業からは、航空券とロードバイクを提供していただけることにもなった。書き続けたブログは、5月に学生ブログランキングで1位にもなった。

 今までの経験を通してぼくが感じたことは、できるか、できないかというのはあまり考えずに、何でもやってみるのが一番だということ。自分の活動を通じて、夢や野心を持った学生が一人でも増えてほしいと思います。皆さん、どうぞ応援よろしくお願いいたします!

西日本を走る筆者
▲西日本を走る筆者


ツールドヨーロッパの全行程
▲ツールドヨーロッパの全行程


 
1223号 2010年7月8日掲載