私のイッピン 思いをつなぐ二人前カレーの巻

 NPO法人TABLE FOR TWO International(以下TFT)の西内祐介さん(法4年)・池田いづみさん(教育3年)・笹本愛子さん(商4年)・中家奈々子さん(教育3年)が、食べておいしい!うれしい!TFTの二人前カレーを語ってくれた。

 五穀米の上に、とろりとかかった二人前カレー。ひき肉だけではない。枝豆など4種類の豆がたっぷりだ。豆は、ほくほくしていて、カレーにぴったり合う。食べ応えもあって、辛さもちょうどいい。「5月ごろから、生協と一緒に作ってきたこだわりのカレーです!」と池田さん。このカレーを早大生協に導入してもらうために、みんなの力が結集した。生協側や大学側との調整を一手に引き受けた西内さんは、「わたしたちの行っているTFTの活動の中身を、まず知ってもらうことも大変だったんです」。「試作段階から、メニューは随分悩みました」と池田さんが語ってくれた通り、何度も生協と話し合いを行った。食べて健康になれるようなメニューで、おいしいもの。そして、定番化できるようなメニュー。すでに、TFTのメニューが導入されている大学の様子も提案に取り入れた。そして、ようやく試食会を行えるところまでたどりついたのだ。ひと口食べた瞬間、4人は一斉に「おいしい!」。思わず、笑顔がこぼれた。

 また、メニュー作りだけではない。メニューを広く知ってもらうため、広報にも力を入れた。笹本さんや中家さんは「POPや生協に流すVTRも作りました。ただ、どうしても私たちだけではできないこともあり・・・たくさんの人に協力してもらいました」。続けて「『二人前カレー』というキャッチフレーズをつけたんです」と説明してくれた。一人前は学生に、そしてもう一人前はアフリカの子供たちに・・・。この二人前カレーはそんな熱い思いをつなぐとっておきのイッピンとなった。

 ★今回、紹介した二人前カレーは、10月26日(月)より、期間限定で大隈ガーデンハウスで食べることができます!

カロリー控えめなのに、驚きのおいしさ!
▲カロリー控えめなのに、驚きのおいしさ!

 

左から西内さん。池田さん。笹本さん。中家さん。4人で、♡TFT
▲左から西内さん。池田さん。笹本さん。中家さん。
4人で、♡TFT

TABLE FOR TWO
TFTのメニューを一食食べるだけで、支払ったうちの20円の寄付金がTFTを通じて開発途上国の子どもの学校給食になる。20円とは、開発途上国の一食分の給食代にあたる。
メンバー募集中!


 
1199号 2009年10月29日掲載