わせだの散歩道 第6回

早稲田界隈のおすすめスポットを紹介 

晴れたらおにぎり片手にテクテクと。
授業の合間、友達と一緒にブラブラと。
デートでもっと一緒にいたいから…。
そんな各キャンパスおすすめスポットを紹介していきます~

◆甘泉園公園
 元は徳川御三卿の清水家の下屋敷であったといわれ、一時は早稲田大学が譲り受けて付属施設だったことも。戦後に都立公園となり、昭和44年に新宿区の保有となった。名前の由来はかつて庭園内にあった湧き水がお茶を入れるのに適していたため。

【アクセス】
早大正門から徒歩7分、西早稲田交差点から徒歩1分。19号館の目の前。
【開園時間】
7時~19時(11月~2月は17時まで)
今の季節は色とりどりのあじさいも見どころ          ひょうたん型の池「山吹の井」や築山「三島山」などがある
▲今の季節は色とりどりのあじさいも見どころ      ▲ひょうたん型の池「山吹の井」や築山「三島山」などがある

◆新江戸川公園
 熊本藩細川家下屋敷の庭園跡で現在は文京区の保有。土地の起伏を利用した純日本式武家庭園。入り口の建物「松声閣」は大正時代に作られ、細川家の勉強所だった。

【アクセス】 
都電荒川線 早稲田駅から徒歩7分。駒塚橋から神田川を越え、左方向へ。
【開園時間】 
9時~17時(11月~1月は16時半まで)※入園は閉園30分前まで
緑のうっそうと茂る道は奥まで続く         中央の広大な池が特徴
▲緑のうっそうと茂る道は奥まで続く      ▲中央の広大な池が特徴
 
1160号 2008年6月19日号掲載