頑張れ☆早稲田スポーツ

SHOCKERS
 楽しくなけりゃ、チアじゃない!


SHOCKERS代表 人間科学部3年 相原 健佑

「早稲田祭2007」で大技の4-4-3
▲「早稲田祭2007」で大技の4-4-3

 私たちSHOCKERSは世界でも珍しい男だけのチアリーディングチームであり、2004年創立の歴史の浅いサークルである。現在は男子選手28人、女子マネージャー6人で、週3〜4回、都内の体育館で活動している。全員がチアリーディング初心者であり、過去のスポーツ歴はサッカーや野球、少林寺拳法やフェンシングまでとさまざまである。中には合唱部などの文化部出身者もいる。必ずしも運動神経が良い者ばかりが集まっているわけではない。

 私たちの活動の軸の一つに、毎年3月に行われる大会があり、女性と同じ審査基準で順位を競っている。昨年度の大会では念願の初優勝を果たしたが、新チームで臨んだ今年度は予選敗退という惨敗を喫した。その敗戦で技術不足だけではなく、信頼関係の欠如や何よりチームとしてのコンセプトが不明確であったことが露呈された。

 その敗因に気づいた私たちは、チーム目標を「憧れになるチーム」と定め、基礎技術の再習得は当然ながら、マナー面の向上やメンバー同士の信頼関係構築などに取り組み、みんなから愛されるチームを目指してきた。時には、メンバー同士の衝突などもあったが、現状から逃げ出すことなく目の前の問題に取り組んできた。

 その取り組みは「子どもの未来と大学」シンポジウム、創立125周年行事などの演技でようやく成果として現れてきた。観客の方々の笑顔が以前より多く見られるようになってきたのだ。何より自分たちが楽しむことによって、観客の方々も楽しくなり笑顔になる。チアの本質をようやくわかってきたような気がした。

 そして、3年生が引退する「早稲田祭2007」では、「楽しくなけりゃ、チアじゃない」を合言葉に、1年の集大成を見せるべく演技を披露し、大成功で終わらせることができた。

 これまでの活動には多くの方々の支えがあった。感謝の気持ちを忘れず、この1年苦労して得てきた「楽しくなけりゃ、チアじゃない!」を胸に刻み、これからも笑顔で頑張っていきたい。

【URL】http://shockers.s76.xrea.com/

第35回福井フェニックス祭り終了後の集合写真
▲第35回福井フェニックス祭り終了後の集合写真

(2007年11月22日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 November 22.