Weekly Flash

2007年度前期分 目次


113211311130112911281127112611251124112311221121
  ・11201119


Weekly Flash 1132


NEWS FLASH

○5月19日〜20日に沖縄で行われた第14回全日本シングルスソフトテニス選手権大会において、軟式庭球部の鹿島鉄平さん(スポ科1年)が優勝した。
試合中の鹿島さん
▲試合中の鹿島さん
表彰式にて
▲表彰式にて

○5月3日〜5日に宮城県仙台市で行われた世界ソフトテニス大会日本代表予選会において、軟式庭球部の鬼頭貴之さん(スポ科4年)と塩嵜弘騎さん(スポ科3年)が4位に入賞した。
鬼頭さん(左)と塩嵜さん(右)
▲鬼頭さん(左)と塩嵜さん(右)

○6月28日〜7月1日に中国の南京で行われた国際卓球連盟(ITTF)プロツアー・中国オープンにおいて、卓球部の福原愛さん(スポ科1年)がシングルス、ダブルスともにベスト8入りした。
福原さん(写真は別大会のもの)
▲福原さん(写真は別大会のもの)

○6月29日〜7月1日に大阪長居陸上競技場で行われた第91回日本陸上競技選手権大会兼第11回世界陸上競技選手権大会代表選考会において、競走部の竹澤健介さん(スポ科3年)が男子10000メートルにおいて準優勝した。また、江里口匡史さん(スポ科1年)が男子100メートルで5位に入賞した。
男子10000mにて竹澤さん(中央)
▲男子10000mにて竹澤さん(中央)

○6月24日に栃木県那須塩原市の丸和オートランド那須で行われた平成19年度全関東学生ダートトライアル選手権大会において、自動車部が団体で準優勝し、個人では中島希光さん(理工3年)が優勝した。

○7月7日にフィリピンのマニラにて行われたアジア・ジュニア選手権において、レスリング部の西のどかさん(社学1年)が女子48kg級の部で優勝し、63kg級の部で高橋海里奈さん(スポ科1年)が準優勝した。
※写真は、JOCジュニアオリンピックで準優勝したときのもの。この結果により、アジア・ジュニア選手権大会に出場した。
高橋さん
▲高橋さん
西さん
▲西さん

(2007年7月19日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 July 19.



Weekly Flash 1131


NEWS FLASH

○5月10日〜11日、17日〜18日に東京都の駒沢体育館で行われた東日本学生レスリングリーグ戦において、レスリング部がAリーグで3位に入賞し、総合で5位になった。

左より伊藤さん、木村さん、上田さん、西澤さん、笹木さん
▲左より伊藤さん、木村さん、上田さん、西澤さん、笹木さん
○5月18日〜6月25日に東京都の立川市泉体育館他で行われた平成19年度関東学生バドミントン選手権において、バドミントン部が以下の通り活躍した。

 男子シングルスA 優勝 上田拓馬(スポ科1年)
 男子ダブルスA 3位 笹木里司(スポ科1年)、西澤潤(人科1年)
 男子ダブルスA ベスト16 川口謙太郎(スポ科3年)、須藤郷史(教育3年)
 男子ダブルスA ベスト16 木村雄一朗(社学3年)、松浦翔(スポ科2年)
 女子ダブルスA 準優勝 木村唯菜(スポ科1年)、伊藤小菜美(スポ科1年)
 女子ダブルスA ベスト8 大條小真姫(社学1年)、堀川実穂(教育1年)
 女子ダブルスA ベスト16 永野陽子(スポ科3年)、佐々木彩香(社学3年)
 女子ダブルスA ベスト16 関谷真由(スポ科3年)、江淵愛美(スポ科2年)

○6月10日に国士舘大鶴川キャンパスで行われた第39回 関東学生合気道競技大会において、合気道部女子が団体戦で優勝、男子が準優勝した。

○6月24日に東京都の明治神宮至誠館で行われた全国大学弓道選抜大会において、弓道部が男子団体戦で3位に入賞した。

○6月21日〜24日に千葉県の浦安市運動公園総合体育館他で行われた第26回東日本大学バレーボール選手権大会において、バレーボール部男子が3位に入賞した。なお、この大会で赤澤大樹さん(スポ科4年)がサーブ賞を受賞した。
1番・北沢浩さん(スポ科4年)
▲1番・北沢浩さん(スポ科4年)
左からトレーナー可畑尚人さん(法4年)、マネージャー弘津知樹さん(政経4年)、背番号20番・高橋元気さん(スポ科1年)、19番・浅野智広さん(スポ科1年)、北沢さん、赤澤さん、徳武さん
▲左からトレーナー可畑尚人さん(法4年)、マネージャー弘津知樹さん(政経4年)、背番号20番・高橋元気さん(スポ科1年)、19番・浅野智広さん(スポ科1年)、北沢さん、赤澤さん、徳武さん
左から6番・赤澤大樹さん、10番・徳武正哉さん(スポ科3年)
▲左から6番・赤澤大樹さん、10番・徳武正哉さん(スポ科3年)

○8月にタイのバンコクで開催される第24回夏季ユニバーシアード競技大会の日本代表にア式蹴球部の兵藤慎剛さん(スポ科4年)、鈴木修人さん(スポ科4年)、渡邉千真さん(スポ科3年)が選ばれた。なお、兵藤さんは大会の旗手も務める。
兵藤さん
▲兵藤さん
鈴木さん
▲鈴木さん
渡邉さん
▲渡邉さん

○6月16〜17日に東京都の日本武道館で行われた第37回全関東学生弓道選手権大会において、弓道部が以下の通り活躍した。

 女子個人 4位 林田美紗(商3年)
 男子個人 4位 中山陽平(理工3年)
 男子個人 5位 阿内秀人(スポ科3年)
 男子個人 8位 渡部修弘(政経3年)
 男子個人 9位 横山慶佑(人科2年)

▲前列左から林田さん、中山さん。後列左から渡部さん、阿内さん、横山さん

▲左から中山さん、横山さん、松本脩さん(法3年)、渡部さん、石井環さん(スポ科3年)、榎本篤郎さん(スポ科4年・主将)

(2007年7月12日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 July 12.



Weekly Flash 1130


NEWS FLASH

○5月4日に東京都入間で行われた第15回関東学生合気道新人競技大会において、合気道部が団体の部で準優勝した。各成績は以下の通り。

 男子個人 優勝 戸叶直宏 (法2年)
 男子個人  3位 夫馬康仁(理工2年)
 演武男子 準優勝 夫馬康仁、橋本真志(商2年)
 演武男子  3位 戸叶直宏、岡本新也(社学2年)
 女子個人 準優勝 岡島由香里(商2年)
 女子演武 優勝 岡島由香里、河原志乃(商2年)

○5月19日に東京都の東京武道館で行われた第38回関東女子学生剣道選手権大会において、剣道部の浜田桃子さん(スポ科3年)が3位に入賞した。この大会の結果、浜田さんと渡辺亜美さん(スポ科4年)が全日本選手権の出場権を獲得した。
渡辺さん(右)
▲渡辺さん(右)
浜田さん(左)
▲浜田さん(左)

○6月8日〜10日に東京都の国立競技場で行われた天皇賜杯第76回日本学生陸上競技対抗選手権大会において、競走部が以下の通り活躍した。

 男子100m 優勝 江里口匡史(スポ科1年)
 男子200m 3位 栗崎康介(スポ科1年)
 男子800m 4位 下平芳弘(スポ科4年)
 男子5000m 優勝 竹澤健介(スポ科3年)
 男子やり投げ 準優勝 竹迫寿(スポ研2年)
 女子走幅跳 3位 岩佐千亜紀(スポ科4年)
 女子4×400mリレー 準優勝 三上恵里(スポ科4年)、冨山和子(教育1年)、桑原千紘(スポ科1年)、津留加奈(スポ科2年)
 男子4×100mリレー 準優勝 木村慎太郎(スポ科2年)、江里口匡史、栗崎康介、木原博(スポ科2年)

▲表彰台で笑顔を見せる江里口さん

▲5000m決勝、優勝を決めた瞬間の竹澤さん

▲4×400mリレーで疾走する津留さん

○6月14〜17日に韓国の城南で行われた国際卓球連盟(ITTF)プロツアー・韓国オープンにおいて、卓球部の福原愛さん(スポ科1年)が女子ダブルスで準優勝した。

女子舵手付きクォドルプルのメンバー。若井さん、玉川さん、内田さん、田邉さん、藤さん
▲女子舵手付きクォドルプルのメンバー。若井さん、玉川さん、内田さん、田邉さん、藤さん
○6月7日〜10日に埼玉県戸田オリンピックボートコースで行われた第85回全日本選手権大会において、漕艇部が以下の通り活躍した。

 女子舵手無しペア 優勝 福士若子(社学3年)、熊谷悦子(スポ科2年)

 女子舵手付きクォドルプル 優勝 若井江利(スポ科3年)、玉川由紀(スポ科3年)、内田祥子(教育4年)、田邉佳奈子(スポ科3年)、藤 悠(教育3年)

 女子エイト 準優勝 藤悠、玉川由紀、内田祥子、田邉佳奈子、若井江利、熊谷悦子、福士若子、渋谷美子(スポ科2年)、谷井美恵(スポ科2年)

 男子舵手無しフォア 準優勝 福田哲也(スポ科3年)、小林真(政経3年)、田中大誠(スポ科1年)、神田祐三(スポ科2年)

 男子舵手付きペア 4位 矢代貴昭(政経1年)、木濟慶太(教育2年)、山崎聡(スポ科2年)
女子エイトのメンバー。左から藤さん、玉川さん、内田さん、田邉さん、若井さん、熊谷さん、福士さん、渋谷さん、谷井さん
▲女子エイトのメンバー。左から藤さん、玉川さん、内田さん、田邉さん、若井さん、熊谷さん、福士さん、渋谷さん、谷井さん
男子舵手無しフォアのメンバー。左から福田さん、小林さん、田中さん、神田さん
▲男子舵手無しフォアのメンバー。左から福田さん、小林さん、田中さん、神田さん

(2007年7月5日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 July 5.



Weekly Flash 1129


NEWS FLASH

○8月 9日〜15日にタイのバンコク市で開催される第24回夏季ユニバーシアード競技大会のバドミントン日本代表に、バドミントン部の平山優さん(社学4年)と関谷真由さん(スポ科4年)の2名が選ばれた。
 また、テニスの男子日本代表には庭球部の佐藤文平さん(スポ科4年)、成瀬廣亮さん(スポ科4年)、吉備雄也さん(スポ科3年)、女子日本代表には宮村美紀さん(スポ科4年)、井上明里さん(スポ科1年)が選ばれ、福井恵実さん(スポ科2年)が補欠となった。
バドミントン部の関谷さん
▲バドミントン部の関谷さん
バドミントン部の平山さん
▲バドミントン部の平山さん

○5月11日〜13日に大阪府の羽曳野市総合スポーツセンターで行われた平成19年度第53回全日本学生ウエイトリフティング個人選手権大会において、ウエイトリフティング部が以下の通り活躍した。

 男子56kg級 準優勝 國矢田智(スポ科4年)
 男子69kg級 6位 高木悠介(社学3年)
 男子85kg級 3位 米山圭一(スポ科3年)
 男子85kg級 4位 平原孝人(スポ科1年)

○5月14日〜18日に福島県棚倉田舎倶楽部で行われた関東学生ゴルフ連盟Bブロックリーグ戦において、ゴルフ部がBブロック優勝し、主将の斎藤麗さん(スポ科4年)が最優秀選手賞を獲得した。

○5月25日〜28日に東京都大田区体育館で行われた平成19年度第21回全日本女子選手権大会において、ウエイトリフティング部が以下の通り活躍した。

 女子58kg級 準優勝 松本萌波(スポ科4年)
 女子75kg級 準優勝 菊田裕子(社学4年)
 女子48kg級 4位 前田咲野子(商2年)
表彰式にて菊田さん
▲表彰式にて菊田さん

▲試合中の松本さん

▲表彰式にて松本さん

○5月23日〜27日にベトナムのホーチミンで行われたベトナムインターナショナルチャレンジにおいて、バドミントン部の関谷真由さん(スポ科4年)・脇田侑さん(社会人)ペアが女子ダブルスでベスト8になった。

○5月28日〜6月2日に東京都の昭和の森テニスセンターで行われた第81回関東オープンテニス選手権大会において、庭球部の青山修子さん(スポ科2年)が女子シングルスで優勝した。

○5月31日〜6月3日に埼玉県の朝霞オリンピック射撃場で行われた平成19年度 関東学生ライフル射撃選手権春季大会において、射撃部男子が団体の部50m伏射60発競技で準優勝、女子は団体の部10m立射60発競技で3位に入賞した。

(2007年6月28日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 June 28.



Weekly Flash 1128


NEWS FLASH

○4月4日〜8日に大阪府守口市民体育館で行われた大阪インターナショナルチャレンジにおいて、バドミントン部の平山優さん(社学4年)が女子シングルスで3位に入賞、関谷真由さん(スポ科4年)がベスト16入りした。

○4月20日〜22日に神奈川県秩父宮記念体育館で行われた2007ランキングサーキットにおいて、バドミントン部の平山優さん(社学4年)が女子シングルスで優勝し、大会二連覇を達成した。また上田拓馬さん(スポ科1年)が男子シングルスでベスト16、金森裕子さん(スポ科4年)・木村咲絵さん(スポ科4年)ペアが女子ダブルスでベスト16に輝いた。

○4月28日〜5月6日に神奈川県日本体育大学健志台体育館で行われた平成19年度 関東大学バドミントン春季リーグ戦において、バトミントン部男子女子共に1部4位に入賞した。なお、この大会で上田拓馬さん(スポ科1年)が最優秀新人賞を受賞した。

○5月20日に神奈川県慶應義塾大学日吉記念館で行われた第35回 関東学生空手道選手権大会において空手部の蚊野准弥さん(スポ科3年)が組手の部でベスト8に輝いた。なおこの大会の結果、蚊野さんは7月に行われる全日本学生選手権への出場権を獲得した。

▲蚊野さん

○5月26日にオーストラリアのシドニー市で行われた2007年ワールドカップ(A)オーストラリア大会において、フェンシング部の坂俊甫さん(一文4年)がシニア男子エペ個人の部で準優勝した。ワールドカップでメダルを取ったのは日本人初の快挙である。

女子部主将の鶴本さん
▲女子部主将の鶴本さん
○5月12、13日及び27日〜6月3日に東京都国立代々木競技場第二体育館他で行われた第56回 関東大学バスケットボール選手権大会において、バスケットボール部男子が33年ぶりに準優勝し、5月22日〜27日に行われた第41回関東女子学生バスケットボール選手権大会において、女子が3位に入賞した。

 なおこの大会で男子は近森裕佳さん(教育4年)が敢闘賞、主将の菅川浩樹さん(法4年)が優秀選手賞を受賞した。また女子は副将の佃夏子さん(スポ科4年)がベスト8賞、ポイントランキングでも3位になり、主将の鶴本尚子さん(教育4年)がアシストランキング3位になった。
円陣を組む女子部のメンバー
▲円陣を組む女子部のメンバー
終了間際、フリースローを4本すべて決めた山田純也さん(スポ科2年)
▲終了間際、フリースローを4本すべて決めた山田純也さん(スポ科2年)
敢闘賞の近森さん
▲敢闘賞の近森さん

○5月26日〜27日に福島県二本松市阿武隈川島山コースで行われた2007スラロームジャパンカップ第2戦 平成19年全日本あぶくまカップ大会において、カヌークラブの谷口和也さん(スポ科3年)がカヌースラロームC-1で優勝した。また、6月1日〜3日に静岡県川根本町奥大井八木カヌー競技場で行われた2007スラロームジャパンカップ第3戦において、竹下百合子さん(スポ科1年) がカヌースラロームK-1で優勝した。

○6月2日〜3日に京都府大山崎町体育館で行われた2007年全日本学生フェンシング王座決定戦において、フェンシング部女子が女子フルーレの部で2年ぶり3回目の優勝を遂げた。男子が男子エペの部で準優勝した。
1回戦3点負けからの最後の勝負。
▲1回戦3点負けからの最後の勝負。
女子フルーレ決勝時の選手。左から坂野友里さん(スポ科2年)、戸田志帆さん(スポ科3年)、松木瞳さん(スポ科4年)、寺本朋代さん(教育1年)
▲女子フルーレ決勝時の選手。左から坂野友里さん(スポ科2年)、戸田志帆さん(スポ科3年)、松木瞳さん(スポ科4年)、寺本朋代さん(教育1年)
男子エペ決勝時の選手。左から橋脇和史さん(スポ科2年)、池内祥さん(スポ科3年)、前田雄亮さん(政経3年)、佐藤大成さん(教育3年)
▲男子エペ決勝時の選手。左から橋脇和史さん(スポ科2年)、池内祥さん(スポ科3年)、前田雄亮さん(政経3年)、佐藤大成さん(教育3年)

○6月10日に東京都両国国技館で行われた第86回東日本学生相撲選手権大会において、相撲部が団体戦Aクラスで3位に入賞という35年ぶりの快挙を成し遂げた。この結果、相撲部は夏に行われる第59回全日本大学選抜相撲七尾大会、第25回全国選抜社会人学生相撲弘前大会、第42回全日本大学選抜相撲十和田大会、第55回全国選抜大学・実業団相撲刈谷大会の出場権を獲得した。
前列左から植田力康さん(スポ科1年)、青山智昭さん(スポ科2年)、直江俊司さん(スポ科3年)、主将の森下弘康さん(社学4年)、後列左から高橋順一部長、主務の小西沙季さん(一文3年)、川端洋介さん(社学2年)、近藤翔太さん(社学1年)、副将の梁孟聖さん(スポ科4年)、堀越敬弘コーチ、室伏渉ヘッドコーチ。
▲前列左から植田力康さん(スポ科1年)、青山智昭さん(スポ科2年)、直江俊司さん(スポ科3年)、主将の森下弘康さん(社学4年)、後列左から高橋順一部長、主務の小西沙季さん(一文3年)、川端洋介さん(社学2年)、近藤翔太さん(社学1年)、副将の梁孟聖さん(スポ科4年)、堀越敬弘コーチ、室伏渉ヘッドコーチ。

○5月12日〜13日、17日〜18日に東京都国立競技場・日本大学陸上競技場で行われた第86回関東学生陸上競技対抗戦大会において、競走部が以下の通り活躍した。
男子1部3000m障害優勝(自己新記録)駒野亮太(教育4年)
男子1部100m準優勝江里口匡史(スポ科1年)
男子1部800m準優勝下平芳弘(スポ科4年)
男子1部5000m3位竹澤健介(スポ科3年)
男子1部10000m5位
男子1部200m4位栗崎康介(スポ科1年)
男子1部ハーフマラソン3位本多浩隆(スポ科4年)
4位(自己新記録)尾崎貴宏(教育2年)
男子1部やり投げ5位(自己新記録)矢野恵大(スポ科3年)
男子2部やり投げ優勝竹迫寿(スポ研2年)
男子2部円盤投優勝岡先聖太(スポ研1年)
男子2部砲丸投3位
男子2部棒高跳準優勝鈴木吾朗(スポ研2年)
女子走幅跳び優勝岩佐千亜紀(スポ科4年)
女子1500m4位石橋早希江(教育3年)
女子走高跳び4位大浦暁絵(人科2年)
女子100mハードル5位山本望(スポ科1年)
女子400m5位津留加奈(スポ科2年)
女子4×400mリレー準優勝(早稲田新記録)三上恵里(スポ科4年)
冨山和子(スポ科1年)
桑原千紘(スポ科1年)
津留加奈
男子1部4×100mリレー3位小原真悟(スポ科1年)
江里口匡史
木村慎太郎(スポ科2年)
木原博(スポ科2年)

▲4×100mリレーで木村さん(右)にバトンを渡す江里口さん(左)

▲優勝の瞬間の駒野さん

▲女子走幅跳びで優勝した岩佐さん

○4月17日〜5月18日に駒沢屋内球技場で行われた関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦において、ハンドボール部男子が準優勝した。
閉会式で特別賞を受賞する主将の松信亮平さん(スポ科4年)
▲閉会式で特別賞を受賞する主将の松信亮平さん(スポ科4年)
シュートを打つ副将の夏山陽平さん(スポ科3年)
▲シュートを打つ副将の夏山陽平さん(スポ科3年)

(2007年6月21日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 June 21.



Weekly Flash 1127


NEWS FLASH

○5月9日、大隈会館において大隈記念特別奨学生証授与式が行われた。これは入学試験上位者を対象に、学生の規範となり、卒業後は社会に大きく貢献し、もって本学の誇りとなりうる人材の育成を目的に設置された奨学金制度で、年間授業料相当額を4年間継続して支給する。今年度は新規採用者として65人がこの栄誉ある奨学金を授与された。
授与式の様子。総長から奨学生全員に奨学生証が授与された。
▲授与式の様子。総長から奨学生全員に奨学生証が授与された。

CAMPUS NEWS

○5月12〜13日に東京都調布市・京王閣競輪場で行われた東日本学生選手権自転車競技大会において、自転車部の西村光太さん(スポ科4年)、工藤薫さん(スポ科3年)、小川海斗さん(スポ科1年)がチームスプリントで3位に入賞した。また、1kmタイムトライアルで澤口大和さん(スポ科1年)が3位に入賞した。
松田さん
▲松田さん

○5月20日に静岡県伊豆市大野日本CSCで行われた第9回角田杯U23オープンロードレース大会において、自転車部の松田究さん(スポ科4年)が3位に入賞した。

○5月26〜27日に新潟県弥彦競輪場で行われた全日本アマチュア自転車競技選手権大会トラックレースにおいて、自転車部の西村光太さん(スポ科4年)がケイリンの部で準優勝、岡本光由さん(スポ科3年)がスプリントの部とケイリンの部で3位に入賞した。

(2007年6月14日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 June 14.



Weekly Flash 1126


NEWS FLASH

○4月22日に静岡県日本サイクルスポーツセンター(333mトラック)で行われた全日本実業団トラック記録会において、自転車部の西村光太さん(スポ科4年)・小川海斗さん(スポ科1年)・澤口大和さん(スポ科1年)がチームスプリントで優勝した。また、西村光太さんは1kmタイムトライアルでも5位に入賞した。
1kmタイムトライアルでの西村さん
▲1kmタイムトライアルでの西村さん

○5月6日に東京都日本武道館で行われた第53回関東学生剣道選手権大会において、剣道部主将の高原和彦さん(スポ科4年)がベスト8に輝いた。なお、この大会で高原さん、剣道部の雨谷水紀さん(スポ科2年)、阿南隼人さん(政経4年)、山田貢乃介さん(法学4年)は全日本選手権の出場権を獲得した。
主将の高原さん(スポ科4年)
▲主将の高原さん(スポ科4年)

全勝優勝を決めた卓球部男子
▲全勝優勝を決めた卓球部男子

○5月7日〜11日に東京都渋谷区代々木体育館で行われた平成19年度春期関東学生卓球リーグ戦において、卓球部男子が1部で3年連続春季優勝、女子は2部で準優勝した。なお、この大会で足立智哉さん(スポ科1年)が殊勲賞、優秀選手賞、新人賞の3賞を受賞した。


○5月18日〜20日に大阪府熊取町ひまわりドームで行われた全日本年齢別トランポリン選手権大会において、トランポリン同好会の中田侑歩さん(スポ科4年)がシンクロナイズド女子17以上の部で4位入賞、石川秀康さん(スポ科2年)も個人男子17以上の部で4位に入賞した。
競技中の石川さん
▲競技中の石川さん
左からシンクロナイズドでペアを組んだ松岡里紗さん(社会人)、森田弘文監督、中田さん
▲左からシンクロナイズドでペアを組んだ松岡里紗さん(社会人)、森田弘文監督、中田さん

(2007年6月7日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 June 7.



Weekly Flash 1125


NEWS FLASH

○5月1日〜2日、8日〜11日に東京都駒沢屋内球技場で行われた第60回関東学生フェンシングリーグ戦において、フェンシング部男子がエペ1部で優勝、フルーレ1部で3位に入賞して総合3位、女子がフルーレ1部で準優勝、エペ1部とサーブル1部で5位になり、総合4位という成績を修めた。男子エペが1部で優勝したのは52年ぶり。
大会全日程を終え、男子エペ優勝・男子フルーレ3位・女子フルーレ準優勝のトロフィーを持つメンバー。
▲大会全日程を終え、男子エペ優勝・男子フルーレ3位・女子フルーレ準優勝のトロフィーを持つメンバー。
男子エペ優勝が決まり感極まる坂俊甫さん(一文4年、左)と前田雄亮さん(政経3年、右)<
▲男子エペ優勝が決まり感極まる坂俊甫さん(一文4年、左)と前田雄亮さん(政経3年、右)

▲対中大戦での選手と選手の交代シーン。左から池内祥さん(スポ科3年)、坂さん、前田さん、橋脇和史さん(スポ科2年)

○5月3日に台東リバーサイドスポーツセンター体育館で行われた第24回ユニバーシアード大会代表選手最終選考会において、フェンシング部の松木瞳さん(スポ科4年)が女子フルーレの部で準優勝した。

○4月5日〜8日に東京辰巳国際水泳場で行われた第83回日本選手権水泳競技大会において、水泳部が以下の通り活躍した。
優勝を決めた瞬間の北川さん
▲優勝を決めた瞬間の北川さん
 女子200メートル個人メドレー 優勝 北川麻美(スポ科2年)
 女子200メートル平泳ぎ 5位 北川麻美
 男子50メートル平泳ぎ 優勝 崎本浩成(スポ研1年)
 男子100メートル平泳ぎ 準優勝 崎本浩成
 男子50メートル背泳ぎ 優勝 古賀淳也(スポ科2年)
 男子200メートル個人メドレー 3位 藤井拓郎(スポ科4年)
 男子400メートル自由形 5位 栗田康弘(スポ科2年)

 この結果、北川さんが平泳ぎと個人メドレー、崎本さんが平泳ぎ、古賀さんが背泳ぎで第24回夏季ユニバーシアードの出場権を獲得した。

○4月23日〜29日に東京都有明テニスの森公園で行われた第43回東京オープンテニス選手権大会において、庭球部の川村美夏さん(スポ科2年)が一般シングル女子の部で準優勝、奥村麗奈さん(教育2年)・高原靖佳さん(人科2年)ペアが一般ダブルス女子の部で準優勝した。

○5月7日〜14日に東京都有明テニスの森で行われた関東学生テニストーナメント大会において、庭球部の宮村美紀さん(スポ科4年)が女子シングルスの部で優勝、成瀬廣亮さん(スポ科4年)が男子シングルスの部で準優勝した。また、女子ダブルスの部で青山修子さん・福井恵実さん(ともにスポ科2年)ペアが準優勝した。 [写真撮影:横山芳治]
宮村さん
▲宮村さん
成瀬さん
▲成瀬さん
青山さん(左)、福井さん(右)
▲青山さん(左)、福井さん(右)

○5月12日に東京都千代田区靖国神社境内相撲場で行われた第58回東日本学生相撲新人選手権大会において、相撲部の近藤翔太さん(社学1年)が相撲部としては23年ぶりにベスト8に輝き、敢闘賞を受賞した。
相撲部のみなさん
▲前列左から青山智昭さん(スポ科2年)、近藤翔太さん(社学1年)、植田力康さん(スポ科1年)。後列左から主務の小西沙季さん(一文3年)、主将の森下弘康さん(社学4年)、川端洋介さん(社学2年)直江俊司さん(スポ科3年)、副将の梁孟聖さん(スポ科4年)

(2007年5月31日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 May 31.



Weekly Flash 1124


NEWS FLASH

○4月5日に神奈川県横浜市磯子スポーツセンターで行われた第4回全日本学生選抜選手権大会において、ウエイトリフティング部が以下の通り活躍した。

 女子58kg級 優勝 松本萌波(スポ科4年)
 女子75kg級 優勝 菊田裕子(社学4年)
 男子77kg級 3位 菅野和利(スポ科3年)
大学新記録樹立の松本さん
▲大学新記録樹立の松本さん
菊田さん
▲菊田さん
菅野さん
▲菅野さん

○4月6日〜8日に神奈川県葉山町森戸海岸で行われた関東女子学生ヨット選手権大会において、ヨット部の浜本茉莉さん(スポ科2年)と多宇真裕美さん(国際教養2年)が団体戦の470級で3位に入賞した。

○4月7日〜29日に東京都ダイドードリンコアイスアリーナで行われた第56回 関東大学アイスホッケー選手権において、スケート部アイスホッケー部門が3年ぶりの優勝を果たした。なお、この大会で久保直也さん(社学4年)が最優秀選手賞を、中居隼都さん(教育1年)が最優秀新人賞を受賞した。また、ベスト6には、ベストDFに橋場亮さん(社学3年)、ベストFWに、金子亮介さん(社学2年)、久慈修平さん(社学2年)、主将の小川勝也さん(スポ科4年)が選ばれた。
試合中の小川さん(左)と金子さん(右)
▲試合中の小川さん(左)と金子さん(右)

○4月15日に静岡県草薙庭球場で行われた第43回全国ソフトテニスクラブ対抗選手権大会において、軟式庭球部が初優勝を果たした。
クラブ対抗王者に輝いた軟式庭球部
▲クラブ対抗王者に輝いた軟式庭球部

○4月12日〜15日にブラジルのベロオリゾンテにて行われた国際卓球連盟(ITTF)プロツアー・ブラジルオープンにおいて、卓球部の福原愛さん(スポ科1年)がプロツアーで自己最高の準優勝を果たした。

○4月28日〜5月4日に神奈川県葉山町森戸海岸で行われた春季関東学生ヨット選手権大会において、ヨット部が470級、スナイプ級共に優勝し、総合優勝を果たした。
勝利の喜びに沸くヨット部のメンバー
▲勝利の喜びに沸くヨット部のメンバー

○4月25日〜26日に東京都世田谷区駒沢体育館で行われた平成19年度関東学生卓球新人選手権大会において、卓球部が以下の通り活躍した。

 女子シングルス 優勝 照井萌美(教育1年)
 男子シングルス 準優勝 足立智哉(スポ科1年)
 男子ダブルス 準優勝 足立智哉、浅沼慎也(スポ科1年)
女子シングルスを制した照井さん
▲女子シングルスを制した照井さん

(2007年5月24日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 May 24.



Weekly Flash 1123


NEWS FLASH

このような線で区切られた狭いコースの中で、車をセンチ単位で操りながら最速タイムを目指す。
▲ このような線で区切られた狭いコースの中で、車をセンチ単位で操りながら最速タイムを目指す。

○3月18日に神奈川県慶應義塾大学日吉キャンパス内自動車部練習場で行われた平成19年度全関東学生自動車運転競技大会において、自動車部が下表の通り活躍した。

女子小型乗用個人の部 準優勝 安田彩香(法4年)
男子小型乗用個人の部 3位 坂井拓斗(理工4年)
男子小型貨物個人の部 準優勝 大野圭祐(理工4年)
男子新人戦小型乗用の部 準優勝 佐々木祐治(理工3年)
男子新人戦小型乗用の部 3位 今村佳祐(理工2年)

団体の部 優勝
 小型貨物:大野圭祐、中島希光(理工3年)
 小型乗用:坂井拓斗、佐々木祐治
大量の賞状と総合優勝という勲章を手に入れ満面の笑みを浮かべる部員
▲ 大量の賞状と総合優勝という勲章を手に入れ満面の笑みを浮かべる部員

○3月20日〜25日に東京体育館で行われたフィギュアスケート世界選手権2007において、スケート部の中野友加里さん(人科4年)が5位入賞を果たした。

▲世界の大舞台で堂々の5位入賞を果たした中野さん

○4月2日〜8日に栃木県日光市で行われた2007IIHF世界女子選手権ディビジョンI大会足立友里恵さん(スポ科4年)がアイスホッケー日本代表選手として出場した。なお、この試合で日本チームは全勝優勝を果たした。
自らもゴールを決めて優勝に貢献した足立さん(右から2番目)
▲自らもゴールを決めて優勝に貢献した足立さん(右から2番目)

▲金メダルを首からさげ笑顔を見せる日本チーム

○4月13日〜15日に神奈川県藤沢市神奈川県立体育センターで行われた第23回東日本学生体操競技グループ選手権大会において、体操部が以下の通り活躍した。

 女子総合 3位 野口佳奈(社学2年)
 女子跳馬 準優勝 野口佳奈
 女子平均台 5位 野口佳奈
 女子跳馬 4位 上松侑生(スポ科1年)
 女子ゆか 準優勝 上松侑生

加藤創大さん
▲ 加藤創大さん
○3月11日に東京都立川市国営昭和記念公園で行われた第10回日本学生ハーフマラソン選手権大会において、競走部の加藤創大さん(スポ科2年)が準優勝し、8月10日〜16日にタイのバンコクで開催される第24回夏季ユニバーシアードの日本代表に選ばれた。また、3月30〜31日に国立科学スポーツセンターで行われたユニバーシアード競技大会男女卓球日本代表候補選手選考会において、卓球部の照井萌美さん(教育1年)が女子の部で優勝、時吉佑一さん(スポ科4年)が男子の部で準優勝し、既に内定が出ている下山隆敬さん(社学4年)、福原愛さん(スポ科1年)と共に日本代表に選ばれた。


▲日本代表に2人選ばれるという、カヌークラブ始まって以来の快挙を遂げた谷口さん(左)と竹下さん(右)
○4月22日〜23日に富山県井田川カヌー競技場で行われたジャパンカップ第一戦および2007年度日本代表選考会において、カヌークラブが以下の通り見事な成績を修めた。

(ジャパンカップ第一戦)
 カヌースラローム競技女子K-1 優勝 竹下百合子(スポ科1年)
 カヌースラローム競技男子C-1 準優勝 竹下百合子

(2007年度日本代表選考会)
 カヌースラローム競技女子K-1 優勝 竹下百合子
 カヌースラローム競技男子C-1 優勝 谷口和也(スポ科3年)

これにより、竹下百合子さん、谷口和也さんは9月にブラジルで開かれる世界選手権(兼北京オリンピック国別代表選考会)の日本代表に選ばれた。

(2007年5月17日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 May 17.



Weekly Flash 1122


NEWS FLASH

○3月3日〜4日に東京の辰巳国際水泳場で行われた日本短水路選手権・ジャパンオープンにおいて、水泳部が以下の通り活躍した。※学年は大会当時

 100m個人メドレー 優勝 北川麻美(スポ科1年)
 200m個人メドレー 優勝 北川麻美
 50m平泳ぎ 3位 三輪芳美(スポ科4年)
 200m平泳ぎ 4位 三輪芳美
 50m背泳ぎ 準優勝 古賀淳也(スポ科1年)
 100m背泳ぎ 5位 古賀淳也
 100m個人メドレー 準優勝 藤井拓郎(スポ科3年)
 400m自由形 4位 小森谷勇輝(スポ科2年)
メドレー2冠を達成した北川さん(中央)
▲メドレー2冠を達成した北川さん(中央)

○3月6日〜11日に東京・立川ルーデンステニスクラブで行われた関東学生新進テニス選手権大会において、庭球部の井手菜月さん(教育2年)と矢竹里美さん(スポ科2年)ペアがダブルスで準優勝した。
試合中の井手さん
▲試合中の井手さん

○3月10日〜11日にさいたま市記念総合体育館で行われた平成18年度第27回全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会において、ウエイトリフティング部が以下の通り活躍した。

 男子62kg級 3位 黒江雄治(スポ科2年)
 男子69kg級 4位 高木悠介(社学3年)
 男子69kg級 7位 大塚裕也(教育2年)
 男子85kg 3位 平原孝人(スポ科1年)
 男子85kg 4位 米山圭一(スポ科3年)
 男子105kg級 準優勝 山内薫(スポ科2年)
 女子48kg級 4位 前田咲野子(商2年)
 女子63kg級 8位 奥山友紀(社学2年)
 女子+75kg級 4位 大西はるか(スポ科1年)
山内薫さん
▲山内薫さん
黒江雄治さん
▲黒江雄治さん

CAMPUS NEWS

○本学では「エコフューチャー」として環境保全活動に取り組んでいる。その一環として「エコフューチャー学生教職員懇談会」が3月29日に開催された。14人の学生、教職員が参加し、大学のごみ問題、自然エネルギーの導入、地球環境問題などについて熱心な議論が行われた。大学の環境保全活動については環境安全管理課のWebサイトを参照してほしい。
【URL】http://www.waseda.jp/ecocampus/eco/index.html


(2007年5月10日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 May 10.



Weekly Flash 1121


NEWS FLASH

○2月19日〜25日に青森県大鰐町大鰐スキー場・クロスカントリーあじゃらコースで行われた第80回秩父宮杯・秩父宮妃杯・寛仁親王杯 全日本学生スキー選手権大会において、スキー部男子が40年ぶり17回目の総合優勝、女子もリレーで優勝、総合準優勝した。これにより、男子は総合優勝校に贈られる秩父宮杯を、女子はリレー優勝校に贈られる寛仁親王杯を授与された。(各成績は以下の通り)

▲総合優勝が確定した瞬間、部員に胴上げされる倉田監督。
男子クロスカントリー10kmクラシカル優勝成瀬野生(スポ科4年)
 〃 3位木村正哉(スポ科2年)
男子クロスカントリー30kmフリー準優勝
男子クロスカントリースプリント優勝
 〃 準優勝藤田善也(スポ科4年)
男子クロスカントリー10kmクラシカル8位
 〃 9位太田一平(スポ科1年)
男子アルペン 大回転優勝水口雄太(スポ科4年)
男子アルペン スーパー大回転4位
男子アルペン 回転5位岩船雄介(スポ科3年)
男子ノルディック複合 グンダーセン準優勝畠山長太(スポ科1年)
男子ノルディック複合 スプリント準優勝
男子ジャンプ ノーマルヒル5位
男子ノルディック複合 グンダーセン8位松野尾佳吾(スポ科1年)
男子ノルディック複合 スプリント4位
男子ジャンプ ノーマルヒル3位
男子ノルディック複合 グンダーセン10位宮本康希(スポ科2年)
男子ジャンプ ノーマルヒル5位
男子クロスカントリーリレー3位太田一平、藤田善也、木村正哉、嶋田翼(スポ科3年)
男子ジャンプ 団体3位宮本康希、畠山長太、松野尾佳吾
女子クロスカントリースプリント優勝大類美咲(スポ科4年)
女子クロスカントリー5kmクラシカル準優勝
女子クロスカントリー10kmフリー3位
女子クロスカントリー10kmフリー準優勝小林由貴(スポ科1年)
女子クロスカントリースプリント3位
女子クロスカントリー5kmクラシカル5位丸山未紀(スポ科1年)
女子クロスカントリー10kmフリー4位
女子クロスカントリースプリント9位
女子アルペン スーパー大回転7位竹林奈々子(人科2年)
女子アルペン 大回転7位
女子クロスカントリー5kmクラシカル9位畔上尚子(スポ科4年)
女子クロスカントリースプリント10位
女子クロスカントリーリレー優勝小林由貴、丸山未紀、大類美咲

女子クロスカントリー・スプリントで3連覇を達成した大類さん
▲女子クロスカントリー・スプリントで3連覇を達成した大類さん
スキー部主将・高尾康平さん気合のジャンプ
▲優勝を引き寄せたノルディック複合陣。スキー部主将・高尾康平さん気合のジャンプ
男子クロスカントリー・10kmクラシカルで圧勝した成瀬さん。
▲男子クロスカントリー・10kmクラシカルで圧勝した成瀬さん。優勝という置き土産を残し、この後世界選手権に向かった。

○3月12日〜18日にイタリア・タルビジオで行われたクロスカントリーU-23世界選手権において、スキー部の成瀬野生さんが3位に入賞した。

○3月14日〜15日に富山県富山市で行われた第27回全日本スキー選手権大会において、スキー部の尾崎快さん(教育1年)がモーグルで3位に入賞した。

○3月21日〜22日に北海道富良野市で行われたFIS公認 第8回富良野市長杯スーパーG競技会において、スキー部の竹林奈々子さんがアルペン女子スーパー大回転で優勝した。

(2007年4月26日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 April 26.



Weekly Flash 1120


NEWS FLASH

○12月25日〜1月14日に西が丘サッカー場ほかで行われた第15回全日本大学女子サッカー選手権大会においてア式蹴球部女子が3位に入賞した。
ア式蹴球部女子。総合公園ユニバー記念競技場で行われた開会式の模様
▲ ア式蹴球部女子。総合公園ユニバー記念競技場で行われた開会式の模様

○1月26日〜2月4日に中国の長春で行われた第6回アジア冬季競技大会において、フィギュアスケート女子の部でスケート部の中野友加里さん(人科3年)が金メダルを獲得し、スキー部の成瀬野生さん(スポ科4年)がスキーの部クロスカントリーリレーで銀メダル、クロスカントリースプリントで6位に入賞した。また、本学の足立友里恵さん(スポ科3年)がアイスホッケーの代表選手として大会に出場し、銀メダルを獲得した。
フィギュアスケートの中野さん
▲フィギュアスケートの中野さん
フィギュアスケートの中野さん
足立さん
▲足立さん
アイスホッケー日本代表チーム
▲ アイスホッケー日本代表チーム

○2月9日〜13日に秋田県鹿角市花輪スキー場・田沢湖スキー場で行われた第62回国民体育大会冬季競技大会において、スキー部が以下の通り活躍した。

 アルペン成年男子A大回転 優勝 水口雄太(スポ科4年)
 リレー競技成年男子(10km×4) 優勝 成瀬野生(スポ科4年)
 クロスカントリー成年女子A5kmクラシカル 準優勝 小林由貴(スポ科1年)
 リレー競技成年男子(10km×4) 4位 木村正哉(スポ科2年)、嶋田翼(スポ科3年)
 リレー競技成年女子(5km×4) 5位 大類美咲(スポ科4年)
 ノルディック複合成年男子A 5位 畠山長太(スポ科1年)
 アルペン成年女子A大回転 5位 竹林奈々子(人科2年)
 クロスカントリー成年男子A10kmクラシカル 5位 木村正哉(スポ科2年)

アルペン男子成年A大回転。水口さんの攻撃的な滑り
▲ アルペン男子成年A大回転。水口さんの攻撃的な滑り
クロスカントリーで準優勝した小林さん
▲ クロスカントリーで準優勝した小林さん

○2月10日〜12日に北海道紋別郡遠軽町で行われた第2回「えんがるカップ」アルペン競技大会において、スキー部の佐藤祐亮さんがアルペン男子大回転で準優勝した。

○2月11日〜12日に慶応義塾大学で行われた関東学生選抜テニストーナメント大会において、庭球部の吉川弘野さん(人科1年)が3位に入賞した。

○2月24日〜25日に京都府京都アクアアリーナで行われた第30回全日本スケート選手権大会において、スケート部の酒井裕唯さん(スポ科1年)が女子総合5位に入賞した。

○3月3日ノルウェーのボスで行われたフリースタイルスキーのワールドカップにおいて、スキー部の尾崎快さん(教育1年)がモーグルの部で5位に入賞した。

(2007年4月19日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 April 19.



Weekly Flash 1119


CAMPUS NEWS

 3月24日、校友と新卒業生との交流を目的に、校友会主催による卒業式前夜祭が行われた。リーガロイヤルホテル東京にてウェルカムパーティーが2回に分けて行われ、約1,600人が参加し、校友会会長からさまざまな分野で成果をあげた21名の卒業生と5団体に第2回校友会稲魂賞が、また倉田秀道氏(スキー部監督)に特別賞が贈られた。また、ゴスペラーズによる創立125周年記念学生歌『早稲田の詩』、応援部制作による新応援歌『早稲田の翼』が披露された。
2006年度小野梓記念賞受賞者

2006年度小野梓記念賞受賞者

< 学 術 賞 >

近郷匠さん(経研修士課程2年)
 「Cooperative Games with Multi-Networks」
 (邦題:「多段階ネットワーク付きの協力ゲーム」)

水谷陽子さん(教育4年)
 「『源氏物語』絵画素材におけるイメージの変遷
 ―蜘蛛と六条御息所にまつわる視覚表現を中心に―」

< 芸 術 賞 >

神谷修平さん、上田真路さん(理工研修士課程2年)
 『アジアヴィジョンリゾートホテル』

< スポーツ賞 >

藤元江里さん(法4年)
 第82・83回全日本選手権競漕大会
 女子舵手つきクォドルプル 優勝(2年連続)
 第84回全日本選手権競漕大会
 女子ダブルスカル 優勝
 第30〜33回全日本大学選手権競漕大会
 女子舵手つきクォドルプル 優勝(4年連続)

山名枝里さん(教育4年)
 第82〜84回全日本選手権競漕大会
 女子舵手つきクォドルプル 優勝(3年連続)
 第30〜33回全日本大学選手権競漕大会
 女子舵手つきクォドルプル 優勝(4年連続)

阿部絵美さん(商4年)
 第81・82・84回全日本選手権競漕大会
 女子舵手つきクォドルプル 優勝
 第30・31回全日本大学選手権競漕大会
 女子ダブルスカル 優勝(2年連続)

星合郊さん(人科6年)
 第14回 アジア競技大会 水球 2位

木村潤平さん(教育4年)
 2003年 ジャパンパラリンピック
 100m平泳ぎ(SB6)優勝 大会新・50m自由形(S7)2位・100m自由形(S7)2位
 2003年 フェスピックユース
 100m平泳ぎ(SB6)優勝・50m自由形(S7)2位・100m自由形(S7)優勝
 2004年 ジャパンパラリンピック 
 100m平泳ぎ(SB6)優勝 大会新・100m自由形(S7)優勝
 2004年 アテネパラリンピック 100m平泳ぎ(SB6) 6位
 2005年 ジャパンパラリンピック 100m平泳ぎ(SB6)優勝・400m自由形(S7)優勝
 2005年 アメリカパラリンピック 100m平泳ぎ(SB6)2位
 2006年 ジャパンパラリンピック
 100m平泳ぎ(SB6)優勝・100m自由形(S7)優勝
 50mバタフライ(S7)2位・200m個人メドレー(SM7)優勝
 2006年 IPC世界選手権
 100m平泳ぎ(SB6)6位・400m自由形(S7)6位・100m自由形(S7)8位

崎本浩成さん(スポ科4年)
 第82回日本選手権水泳競技大会
 男子50m平泳ぎ 優勝

三輪芳美さん(スポ科4年)
 第82回日本選手権水泳競技大会
 女子50m平泳ぎ 優勝、100m平泳ぎ 優勝
 第80・81回日本学生選手権水泳競技大会
 女子100m平泳ぎ 優勝(2年連続)
 第80・82回日本学生選手権水泳競技大会
 女子400mメドレーリレー 優勝

北川麻美さん(スポ科1年)
 第15回アジア競技大会
 女子100m平泳ぎ 優勝

古賀淳也さん(スポ科1年)
 第15回アジア競技大会
 男子50m背泳ぎ 優勝

森田行雄さん(人科5年)
 第89・90回日本陸上競技選手権リレー競技大会
 男子4×100mリレー 優勝(2年連続)

相川誠也さん(スポ科4年)
 第23回ユニバーシアード競技大会
 4×100mリレー 2位
 第87〜90回日本陸上競技選手権リレー競技大会
 男子4×100mリレー 優勝(4年連続)

野田浩之さん(スポ科4年)
 第89・90回日本陸上競技選手権リレー競技大会 男子4×100mリレー 優勝(2年連続)

大類美咲さん(スポ科4年)
 第78〜80回全日本学生スキー選手権大会 クロスカントリー女子スプリント 優勝(3年連続)

成瀬野生さん(スポ科4年)
 第6回アジア冬季競技大会
 クロスカントリー男子4×10kmリレー 2位
 第79回全日本学生スキー選手権大会
 クロスカントリー男子スプリント 優勝・クロスカントリー男子30kmフリー 優勝
 クロスカントリー男子4×10kmリレー(フリー) 優勝

中野友加里さん (人科3年)
 第6回アジア冬季競技大会 フィギュア女子シングル 優勝

渡邉夏奈さん(スポ科4年)
 第22回ユニバーシアード競技大会 女子サッカー 2位
 第23回ユニバーシアード競技大会 女子サッカー 3位

佐藤吏さん(スポ科4年)
 平成17年度天皇杯全日本レスリング選手権 フリースタイル66kg級 優勝
 第29〜32回内閣総理大臣杯全日本大学レスリング選手権
 フリースタイル66kg級 優勝(4年連続)
 平成16〜18年度文部科学大臣杯全日本学生レスリング選手権大会
 フリースタイル66kg級 優勝(3年連続)

城内史子さん(社学4年)
 第18回全日本女子ウエイトリフティング選手権大会
 ウエイトリフティング+75kg級 優勝(日本新)
 第6・7回全日本大学対抗女子ウエイトリフティング選手権大会
 ウエイトリフティング+75kg級 優勝(2年連続)

中村公彦さん(法4年)
 2005年ライフセービング室内選手権アジア大会 日本代表4×50障害物リレー 優勝
 2006年全日本ライフセービング室内選手権 4×50mメドレーリレー 優勝(日本新)

庭球部
 平成17・18年度全日本大学対抗テニス王座決定試合
 男子団体 優勝(2年連続)
 平成18年度全日本大学対抗テニス王座決定試合 女子団体 優勝

スキー部 
 第80回全日本学生スキー選手権大会 男子総合 優勝

ウエイトリフティング部(女子)
 第6・7回全日本大学対抗女子ウエイトリフティング選手権大会
 ウエイトリフティング 優勝(2年連続)

合気道部
 第35〜37回全日本学生合気道大会 女子団体 優勝(3年連続)
 第37回全日本学生合気道大会 男子団体 優勝

ソフトボール部(女子)
 第41回全日本大学ソフトボール選手権大会 女子ソフトボール 優勝


ヴァーツラフ・クラウス氏
○2月13日、小野梓記念講堂にてヴァーツラフ・クラウス氏(チェコ共和国大統領)に名誉博士学位が授与された。

チェコスロバキアの首相としてチェコとスロバキアの平和的分離・独立を実現し、以後はチェコ共和国首相として経済成長率のプラス転換を達成、安定した平和な国作りに貢献した。2003年に大統領選挙の末、チェコ共和国第2代大統領に選出され、現在に至っている。また、プラハ経済大学教授として教壇にも立っている。

ナムバリーン・エンフバヤル氏
○2月28日、小野梓記念講堂にてナムバリーン・エンフバヤル氏(モンゴル国大統領)に名誉博士学位が授与された。

モンゴル国首相として安定した経済成長に努めた結果、高い経済成長を達成する成果を挙げ、2005年に大統領に選ばれた。モンゴル国の国際的な地位を向上させるために多角的な外交政策を展開した。モンゴル建国800周年にあたる2006年と日本・モンゴル外交関係樹立35周年の2007年は日本モンゴル友好年と位置付けられており、友好関係の更なる発展が期待される。

○卒業式(3月25日)、入学式(4月1日)において、以下の方々に名誉博士学位が授与された。
SHIH Choon Fong氏
SHIH Choon Fong(シー・チョンフォン)氏
 (シンガポール国立大学学長)
シンガポール国立大学の学長として強力なリーダーシップの下、同大学の国際化を積極的に推進した。また、シンガポール政府の各委員会の委員も務めるなど、行政面でもその手腕を遺憾なく発揮した。高等教育分野での国際化が進展する中、アジアを代表するシンガポール国立大学と教育研究両面において緊密な連携をはかることは、本学にとって重要な意義を有す。
Lawrence J. Lau氏
Lawrence J. Lau(ローレンス J ラオ)氏
 (香港中文大学学長)
東アジア経済の研究者として世界的に著名であり、研究業績は国際学界で高く評価されている。現在、アジア太平洋地域では屈指の研究教育拠点である香港中文大学学長として強力なリーダーシップを発揮している。本学と同大学とは、重要なパートナーとして研究者、学生の相互交流が行われており、氏は両大学間の友好協力関係の多大な貢献をした。
氏
豊田 章 一郎
 (トヨタ自動車株式会社取締役名誉会長)
卓越した指導力と先見性を持った世界戦略の展開によってトヨタ自動車株式会社を牽引し、「世界のトヨタ」の名声を不動のものとした。氏の「研究と創造」を追求する姿勢は大学が掲げる「進取の精神」そのものであり、氏の科学技術への造詣の深さは本学とトヨタ自動車株式会社との産学連携による共同研究の実現という形で結実している。
氏
Henry A. Kissinger(ヘンリー A キッシンジャー)氏
  (元米国国務長官 国際政治学者)
米中の国交回復、パリ平和協定の調印によるノーベル平和賞受賞など世界平和の実現に貢献し、その功績はアメリカ国内のみならず世界的にも高く評価されている。また日米の友好的な外交関係の発展に貢献し、特に沖縄返還をめぐる日米交渉では重要な役割を果たした。本学の大濱信泉第7代総長は沖縄返還に尽力したことで知られ、この点においてはキッシンジャー氏と本学の関係は深いといえる。

氏
○卒業式(3月25日)において秋山 駿 氏(文藝評論家)が芸術功労者として表彰された。

日本を代表する文芸評論家として優れた評論の数々を世に送り出した。また『早稲田文学』への尽力の他、本学第一文学部の文芸専修草創期にて「批評」の授業を担当するなど、本学の文芸の分野へも多大な貢献をした。

氏
○入学式(4月1日)において、長船騏郎氏(財団法人 日本学生野球協会常務理事)がスポーツ功労者として表彰された。

日本のアマチュア野球界指導者として54年間の永年にわたり活動を続けている。第1回全日本大学野球選手権大会の開催や、プロ野球界との交流を広げるために全日本野球会議を開催し、オリンピック出場への道を拓くなど、大学野球を始め野球界全体へ多大な貢献をした。

NEWS FLASH

男子スプリントで優勝のゴールをする藤田さん
▲男子スプリントで優勝のゴールをする藤田さん
女子10kmフリーで力走する丸山さん
▲女子10kmフリーで力走する丸山さん

〇12月20日〜23日に北海道の音威子府村で行われた第21回全日本学生チャンピオン大会クロスカントリー競技において、スキー部が以下の通り活躍した。

男子スプリント 優勝 藤田紘基(スポ科2年)
男子スプリント 5位 木村正哉(スポ科2年)
男子10kmクラシカル 優勝 木村正哉(スポ科2年)
男子15kmフリー 優勝 木村正哉(スポ科2年)
女子10kmフリー 準優勝 丸山未紀(スポ科1年)
女子スプリント 準優勝 大類美咲(スポ科4年)


○1月4日に長野県ビッグハットで行われた2007ジャパンスーパーチャレンジにおいて、スケート部の中野友加里さん(人科3年)がフィギュアスケート女子の部で準優勝した。

○1月4日に北海道旭川市で行われた第34回全日本クロスカントリー旭川大会(兼2007ノルディック世界選手権派遣選考大会)において、スキー部の成瀬野生さん(スポ科4年)が男子10kmフリーで優勝した。

○1月4日〜7日にテニスランド国立で行われた東京国立オープンIII2007において、庭球部の川村美夏さん(スポ科1年)がシングルスで優勝した。

○1月4日〜7日に長野県志賀高原で行われた第22回全日本学生アルペンチャンピオンスキー大会において、スキー部の岩船雄介さん(スポ科3年)がアルペン男子スラロームで準優勝、竹林奈々子さん(人科2年)がアルペン女子スラロームで3位に入賞した。

○1月9日〜10日に東京都駒沢総合体育館で行われた第14回JOCジュニア・オリンピック・カップ・フェンシング大会のジュニアの部において、フェンシング部の坂野友里さん(スポ科1年)が女子エペ個人で優勝した。

○1月6日〜9日に宇都宮市スケートセンター、栃木県霧降スケートセンター他で行われた第79回日本学生氷上競技選手権大会において、スケート部が以下の通り活躍した。

(スピードスケート部門)
男子1000m 優勝 若林勇太(スポ科3年)
男子1500m 4位 若林勇太(スポ科3年)
男子1000m 準優勝 若林大季(スポ科1年)
男子5000m 3位 若林大季(スポ科1年)

(フィギュア部門)
女子Aクラス 優勝 中野友加里(人科3年)
男子Bクラス 優勝 中村真志(スポ科1年)

○1月19日〜21日に愛知県レインボーホールで行われた全日本インドア社会人VS学生大会において、軟式庭球部の鬼頭貴之さん(スポ科3年)と塩嵜弘騎さん(スポ科2年)のペアが個人の部で優勝した。
優勝した鬼頭さん(左)と塩嵜さん(右)
▲優勝した鬼頭さん(左)と塩嵜さん(右)

○1月19日〜27日にイタリアのトリノで行われた第23回ユニバーシアード冬季競技大会において、体育各部が以下の通り活躍した。

スケート部
ショートトラック3000mリレー 銀メダル 酒井裕唯(スポ科1年)

スキー部
ノルディック複合団体 銅メダル 高尾康平(スポ科3年)
クロスカントリー男子リレー 4位
 成瀬野生(スポ科4年・3走)、木村正哉(スポ科2年・4走)

▲クロスカントリー男子リレーで3走成瀬さんから4走木村さんにタッチする日本チーム。この力走で日本チームを4位入賞に導いた。

○1月27日〜31日に群馬県スポーツセンター伊香保リンクで行われた第62回国民体育大会冬季スピードスケート競技会において、スケート部の酒井裕唯さん(スポ科1年)がショートトラック500m成年女子の部で優勝した。

○1月31日〜2月8日に京王テニスクラブで行われた京王オープンVI 2007において、庭球部の奥村麗奈さん(教育2年)・高原靖佳さん(人科2年)ペアが女子ダブルスの部で優勝、田代美智さん(スポ科2年)・吉川弘野さん(人科1年)ペアが準優勝した。

○2月4日に埼玉県戸田市戸田オリンピックボートコースで行われた第7回戸田ロングレースにおいて、漕艇部が以下の通り活躍した。

シニア男子 優勝 高木慎也(教育2年)
シニア女子 優勝 玉川由紀(スポ科2年)
シニア女子ダブルスカル 優勝 内田祥子(教育3年)、伊藤海(人科1年)
シニア女子舵手つきクオドルプル 優勝
 藤 悠(教育2年)、内田祥子、田邉佳奈子(スポ科2年)、伊藤海、谷井美恵(スポ科1年)

シニア男子エイト 優勝
 高橋賢太郎(理工1年)、高木慎也、井手雅敏(スポ科2年)、松橋拓郎(教育2年)、三瀬英弘(スポ科2年)、高橋忠亮(スポ科3年)、川本聖(政経1年)、神田祐三(スポ科1年)、小林真(政経2年)
左から伊藤さん、谷井さん、藤さん、田邉さん、内田さん、マネージャーの伊佐治美希さん(スポ科4年)
▲左から伊藤さん、谷井さん、藤さん、田邉さん、内田さん、マネージャーの伊佐治美希さん(スポ科4年)
男子エイト優勝クルー。手前から、高橋賢太郎さん、高木さん、井手さん、三瀬さん、高橋忠亮さん、川本さん、松橋さん、神田さん、小林さん。
▲男子エイト優勝クルー。手前から、高橋賢太郎さん、高木さん、井手さん、三瀬さん、高橋忠亮さん、川本さん、松橋さん、神田さん、小林さん。

○2月6日〜11日にコロラド州コロラドスプリングスで行われたデーブシュルツ国際大会においてレスリング部の安田伊織さん(スポ科3年)がグレコローマンスタイル120kg級で5位入賞した。


5位入賞の安田さん(写真は国内試合のもの)

○2月23日〜25日に岩手県県営スケート場で行われた第41回全日本選抜スピードスケート競技会において、スケート部の若林大季さん(スポ科1年)が男子10000mで優勝、男子5000mで4位入賞し、若林勇太さん(スポ科3年)が男子1000mで準優勝、男子1500mで4位入賞した。

(2007年4月12日掲載  
2007年4月20日修正)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 April 12.