News & Topics

学生注目!
エイズや児童買春は、遠い世界の他人事か?!


 現在の日本では、街でも、ネット上でも、いつでも誰にでも目につくところにポルノや「風俗」系の情報があふれている。扇情的な性情報はアクセスしやすく、買春率も高くなるというのが現状だ。「先輩に誘われて何となく」という軽いノリで買春を行う若者も多く、しかも、正確な性情報を持つ者は極めて少ない。

 価値観の多彩さが早稲田大学の売りだから、注意を呼びかけても、「私には関係のない話ね」、「オヤジたちはみんなやってるじゃん」と反発されるのがオチだろう。だが、オヤジ未満の諸君だからこそ、周囲に流されては困るのだ。何が犯罪で何が人権を損なうのかぐらいは、しっかりと知識として身につけ、自分の言葉で語ってみよう。獲得した知識は行動に表し、世界から一目おかれるカッコいいオヤジ・魅力的なオトナを目指そうではないか。

増え続けるHIV感染者と発症者

東京都のHIV感染者・AIDS患者報告数の推移

東京都のHIV感染者・AIDS患者報告数の推移
【出典】東京都福祉保健局健康安全室感染症対策課作成の報告資料

 東京都へのHIV感染者・エイズ患者の報告数が過去最高を更新し続けている。潜伏期間が10年と長いため、検査をしない限り分からず、40代になって発症して初めて感染に気づく例が日本では多いのだという。また、10代の報告例も初めて2けたとなった。HIV感染は決して他人事でないのだ。

 現在では、早期に発見し適切な医療を受ければ、発症を遅らせることが可能になっている。まさかとは思っても、不安な人はまずは【関連情報】の電話相談へ。無料・匿名で検査を受けられる。HIVは本人だけの問題ではない。真面目に交際していた元彼や元彼女でも感染はあり得るし、現在や将来のパートナーへと、放っておけば確実に広がっていく。

 エイズを「遠い国のお話」だと思っているあなた、恋人が発症して初めて驚いても遅いのだ。

関連情報

■東京都南新宿検査・相談室(匿名・無料) 電話予約制 03-3377-0811
■東京都エイズ電話相談 03-3292-9090
■エイズ予防情報ネット 【URL】http://api-net.jfap.or.jp/

何が法律に触れ人権を損なうのか  〜『児童買春・児童ポルノ禁止法』〜

「日本は、児童買春加害者の国」と国際的な非難を浴びているが、「海外へ行かないし、そんな趣味はない」と言ってはいられない。禁止法で対象とされる「児童」は18歳までとなっている。日本独特のいわゆる「援助交際」に類するものや、暴力団がらみだけではない。

 あなた自身は合意の上の遊びや真剣な恋愛のつもりでも、相手が18歳以下ならば、「淫行」として親や本人から訴えられる可能性があるということなのだ。犯罪という意識は微塵もないまま逮捕され拘留されることもある。

 当然ながら、日本国民が国外で犯した場合も処罰される「国外犯処罰規定」も付いている。アジアだけで年間100万人もの子どもたちが監禁・脅迫され「買春」の被害にあっている。「子ども買春・子どもポルノ」は子どもへの重大な人権侵害で、ILO(国際労働機関)では「最悪な形態の児童労働」と定義づけている。

 児童買春・児童ポルノ禁止法第四条…児童買春をした者は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する。

★世界の状況がどうなっているのか、ペドファイル(小児性愛者)と現地の子どもの悲惨な状況、売買春と法律の課題、男らしさや女らしさとセクシュアリティーなど、性の問題は、人権と深く関わり問題の根は深く広い。関連サイトや書籍も多いので、ぜひ自分でも調べてみよう。

関連情報

「児童買春・児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」が正式名称(1995年5月26日公布、同年11月1日より施行)2004年6月改正

【参考資料】

  • 『スウェーデンの性と性教育 1990〜2000』 ビヤネール多美子著 十月社発行 2000年8月
  • 『買春と売春と性の教育』 鈴木水南子・村瀬幸浩、角田由紀子・草野いづみ著  十月社発行 2001年1月
  • 『若者の性』白書〈第5回青少年の性行動全国調査報告〉 (財)日本性教育協会 編 小学館発行 2001年5月  
  • 他にも、今回の記事には掲載できなかったが、昨年話題となった
    『恋人とつくる明日』 村瀬幸浩著 十月社発行 2006年6月 などもぜひ読んでもらいたい。

本学の『総合健康教育センター』でも、通常の「精神保健相談」「からだの相談」「心理相談」だけでなく、多様な相談窓口を設けている。
一人で悩まず、まず相談を!

■女性相談(性感染症、妊娠、生理など)…女性医師が相談に応じる。
 →5階保健管理室へ電話予約 03-5286-9800
■法律相談(何が犯罪なのか、どこが法律に触れるのか、弁護士が相談に応じる)
 →6階学生相談室へ電話予約 03-3203-4449

(2007年6月21日掲載)

Copyright (C) 2007 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2007 June 21.