ぴーぷる

芥川賞受賞後初の書き下ろし『You can keep it.』を上梓
 綿矢 りささん


綿矢 りささん
わたや・りさ
1984年京都府生まれ。京都市立紫野高校卒業。教育学部4年。17歳の時に執筆した『インストール』で第38回文藝賞受賞。次作『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞。今、好きな作家は、ダフネ・デュ・モーリア、スティーブン・キング。

 京都弁がおっとりと静かに響くのに、感情が透けてみえるような視線や話す内容で、実にハッキリとした主張をする。そんな姿から、ふと、綿矢さんの小説『インストール』や『蹴りたい背中』の主人公の女の子独特の醒めた感じを連想したり。芥川賞受賞当時の可憐で楚々とした姿より、少し大人びた印象を受けた。

  大学時代を振り返り、早慶戦や早稲田祭などの話題になると「楽しかった」と顔がほころぶ。受賞後に騒がれることもなく、平穏な学生生活を過ごした。コンサートのスタッフなどのアルバイトもした。「東京は人が多いし。こっちに来て大変だったんですよ、慣れるまで。やっと大学にも慣れてきた感じです」。大学で、心から友人と呼べる仲間ふたりと出会う。「高校時代に比べて、人と積極的に関われるようになったと思います」と、時間をかけて言葉を選び、話してくれた。

  高校生を主役にした2作とも、主人公が少女、その理解者である友人として中性的な少年が登場するところが共通している。「私は、あんまりああいう男友だちはいらないです(笑)。自分の性格も反映しているから、望んでいるというよりは登場人物がそういう風になってしまう」。あとには、産み落としたものが存在するだけ。飄々とした受け答え方だ。

  綺麗な言葉の重ね方が特徴と言える。気に入った本は何回も繰り返し読み、原稿は全体の構成を決めずに少しずつ推敲を重ねて進めていく。「勉強は、初めは身が入らなかったけど、大学後半から頑張りました」。文学の歴史を年代順に学ぶなか、執筆をするためには理論も必要だと感じた。卒論は、大好きな太宰治の『走れメロス』の物語の構造について。

  現在は次回作を執筆中。「両親は私の本を読んでくれたみたいだけど、友だちは最近になってチェックしてくれているという感じ。弟は読んでないって」。周囲のささやかな反応は早くに「作家」になってしまった綿矢さんへの優しさなのかもしれない。作家を志す数多の人たちが望む賞を十代でふたつも手にした。「これからは、勉強との両立を考えないでいいから、ラク」と、屈託なく笑う。類まれな文才に恵まれた彼女は、あくまでも自然体だった。

(2006年1月19日掲載)

Copyright (C) 2006 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2006 January 19.